明治学院高校FTCJグループでの活動報告!

明治学院高校で同好会として活動するフリー・ザ・チルドレンのグループの活動をご紹介します。

設立のきっかけ:1999年にフリー・ザ・チルドレン・ジャパンが、当時15歳だったフィリピン人の子ども活動家の「ピアさん」を招へいし、明治学院高校でピアさんがスピーチをしたことがきっかけとなりました。ピアさんは、貧困のために性産業で8歳から働かされ性的虐待や搾取などを受けた体験や、児童労働について、また、どうやって救出され過去の辛い体験から立ち直ったかについてを明治学院高校の社会科の授業の中で話をしました。ピアさんの話を聞き、自分たち高校生でも児童労働について何かしたい、同じ子どもとしてフィリピンの子どもたちを励ましたい、という気持ちから、フリー・ザ・チルドレンの活動に関わるようになりました。

どんな活動をしてきたのか:まず、児童労働について学ぶために本を読んだり、フリー・ザ・チルドレンから資料を貰うなどしました。そして、日本にいる高校生としてどういった協力ができるのかをフリー・ザ・チルドレン・ジャパンを通じてピアさんを救出した現地のNGOに聞いたところ、性産業や貧困から救出された子どもたちが学校に通うための大型の乗り合いバス「ジプニー」が必要であることがわかりました。そこで、そのジプニーを購入するための募金活動をスタートすることにしました。しかし、その車を購入するには100万円必要でした。なので、100万円を集めるために何度も街頭募金をしたり、フリーマーケットを開いたり、色々な人に声をかけて集めました。沢山の方にご協力頂きました。

明学募金活動
品川駅前での募金活動

1年をかけてとうとう、目標の100万円が集まり、NGOに救出されたフィリピンの子どもたちが学校に行くための車を送ることができました。その車には、明治学院高校のFTCグループで考えたメッセージ「Live with a smile」をペイントしてもらいました。

そして、実際にその車をみにいきたい、性産業や貧困から救出された子どもたちに会いに行きたい、という声が大きくなり、先生方と一緒に現地のフィリピンのNGOを訪問し、子どもたちと交流しました。

ジプニーと明学生
募金で購入された大型車「ジプニー」とフィリピンを訪問した明治学院の高校生たち

明学製とプレダ基金
現地の子どもたちと交流しました。


この他に、フリー・ザ・チルドレンを12歳で立ち上げたカナダ人のクレイグのことを伝えるために、紙芝居をつくって発表したり、紙新聞をつくって児童労働について伝えるなどしました。フリー・ザ・チルドレンを立ち上げたクレイグは、今まで3回ほど、明治学院高校を訪問してスピーチをしたり、フリー・ザ・チルドレンのメンバーやその他の生徒たちと一緒に貧困問題について議論を交わすなどしました。


現在(2015年)の活動について:毎週、学校のお昼休みなどにあつまって、どういった活動をするか話し合ったりしています。
最近は、ノーベル平和賞に私たちフリー・ザ・チルドレンと同じ児童労働問題の解決のために頑張っていたカイラシュ・サティヤルティさんと、教育の大切さを訴えているマララさんが選ばれたことを受け、私たちも受賞した2人について調べ、壁新聞を作りました。

また、2014年12月の品川街頭募金ではパンフレットを配布しながら、フィリピンの大型台風で被害を受けた子どもたちの教育支援に、2015年3月には、ミンダナオ島の先住民族の教育支援活動に対する街頭募金活動を実施しました。

品川駅前募金活動

その他、FTCJのチョコプロ(寄付付チョコのパッキングボランティアや、販売など)活動を行ったり、校内でチョコレートを販売したり、フェアトレードについて伝えたり、15周年事業で来日したクレイグの話を聞いたり交流したりしました。

活動を通じて感じたことは、募金する事の大変さと共に、人の温かさを知りました。また、フェアトレードチョコについて学ぶ事で、過酷な労働条件で働く子どもの存在について考え、このような活動をより広げていきたいと思いました。

愛知教育大学岡崎中学校がオフィスを訪問してくれました!

愛知教育大学付属岡崎中学校の2年生が私たちのオフィスを訪問しました。
そして、私たちFTCJの活動を学び、まわりに伝えるための取材をしてくれました。

オフィスに来る前から、先生や生徒さんたちとメールでやりとりをしたり、自筆の手紙をもらいましたが、びっくりしました!



また、未来を予想した新聞記事を生徒全員が書くということをやっているみたいなのですが、オフィスを訪問した生徒たちの記事も「ついに貧困者0の世界に」というタイトルで、とても希望にあふれるものでした。


オフィスに来る前にメールで送られてきた質問は以下でした:
・貧困者0という世界は実現できるのか?またその実現のために私たちができること
・子どもたちは児童労働でどんなことをやらされているのか
・今もっとも貧困で苦しんでいる国とその現状
・児童労働の撤廃と予防のため、どのような活動をしているのか
・フェアトレードの活動にも関心があるので調べています
・貧困者0というよりよい社会の実現に貢献するためにまず現状を知るべきと考え、世界の貧困の現状を中心に調べています。

未来新聞の記事の感想も伝えながら、取材を受けました。

この世界には残念なことに、「自分だけが得すればいいんだ!」という思いを持っている人もいるので、貧困者0という世界は実現は無理かもしれません。しかし、「殺人者は絶対にいなくならないから警察なんていらない」ということはないので、「貧困者が0」というのは無理なことだとしても、だからといって何もしなくても良いということではないと思います。

また、「ペンケースや、ランドセル、昔来ていた服を送るということについてどう思いますか?」と聞かれましたが、みなさんは誰かの「もういらない」というものをもらったとしたらどう思いますか?嬉しいですか?しかも、物を送る時には「送料」がかかってしまいます。ランドセルや服など、重くなればなるほど送料は高くなるのですが、それは誰が負担するのでしょうか?それよりも、それらをリサイクルショップやフリーマーケット等で販売して、売上を送って、現地の人たちが本当に必要としていること、特に初等教育等、に使うことが効果的な支援ではないのでしょうか?

たくさん、お互いに意見を交換したので、1時間はすぐ終わってしまいました。
フェアトレード商品を紹介しながら「こういうのを身に着けていると、どこで買ったの?とか聞かれたりするから、そこから児童労働の話とかも出来るし、お勧めだよ!」と伝えたところ、取材が終わった後、オフィスで販売していた「ストップ!児童労働」のペア缶バッジを「かわいい!」と買っていきました。

後日、以下の手紙が来ました。


これが中学生から来た手紙かと思うと、本当に感無量でした!

この学校では、生徒全員が色々な団体を取材するそうです。
このような取り組みをする学校が増えたらどんなにいいかと思いました。

また、このような取り組みがあると、生徒さんの話し方、文章力、コミュニケーション・スキルもどんどん向上するので、是非自分の学校などに紹介してみてください。

変化を起こした関目東小学校の子どもたち

こんにちは、大阪の浅田紀子です。
3月13日に大阪市城東区にある関目東小学校へ行ってきました。

関目東小学校の6年生が、関目商店街で無農薬バナナ、フェアトレードビーズストラップ、バナナリーフの手作りしおりの販売をしてその売り上げをフリー・ザ・チルドレン・ジャパンのインドでの学校建設へ寄付して下さるということで贈呈式に出席してきました。

関目東小学校へは最初、1月の終わりに中島と2人で授業をさせて頂きました。
児童労働カードゲームとGift+Issue=Change(自分の好きな事でどうやって変化を起こすか、というワークショップ)をさせて頂きました。

関目東小学校では一年を通して、5年生はコットン、6年生はバナナに関する勉強をされていて、5年生は綿がどうやってできるか、そこから収穫して糸にするまでを勉強し、それでできた製品がどうやって流通されるか、またそこで行われている児童労働についても勉強されてきています。6年生は、農薬を使っているバナナと無農薬バナナの生産者の思いや生活の違いを学ぶとともに、『世界人権宣言』も学んでおられます。

そこで、私たちが手にする商品には児童労働や農薬被害・低賃金などの問題があることを知り、最終的に「じゃぁ、私たちに何ができるのか?」というのを考えるお手伝いをさせて頂くためにGift+Issue=Changeをやりました。

その後、関目東小学校の6年生は「自分に何ができるのか?」を考えて以下のことを実行されたそうです。

「ESD伝えようプロジェクト」として
1.区役所にバナナ農家の農薬被害や人権侵害について伝えに行き、
      ポスターを貼ってもらった。
2.フェアトレード商品やオーガニックを沢山扱っているスーパー「イオン」に
      学んだことを伝えに行き、無農薬バナナの取り扱いを進めてもらいたいと
      気持ちを伝えた。
3.商店街で無農薬バナナ、フェアトレードビーズストラップ、
      バナナリーフの手作りしおりの販売をした。
※ESDとは「持続可能な開発のための教育」(Education for Sustainable Development)の略称。

というわけで、商店街での販売の売り上げを寄付として頂きました。1.の区役所へ行った話ですが、区役所には最初、小学生が作ったポスターなどを貼る、というようなスペースはなかったそうなのです。しかし、6年生の働きかけで区役所が規約を変えて、貼るスペースを作って下さったそうです。
子どもが大人を動かしたのは本当にすごい事ですよね!
それだけでなく、イオンへ行って学んだことを発表し、無農薬バナナの取扱いを進めて欲しいという気持ちを大人の人10人ほど相手に一生懸命説明し、訴えたそうです。

そういう話を聞いていたのと、とても素敵な雰囲気の贈呈式だったので、私は本当に感動して泣いてしまいました。最近、心が痛むニュースが多い中、とても温かいものを感じることができた時間でした。

最初、私たちが授業をしたとき、「皆さんはクレイグみたいになれると思いますか?」と聞いたらほとんどの子が手を挙げなかったのですが、今ではみんなが変化そのものになっていたのです。

今月の19日、この6年生は卒業されます。ご卒業おめでとうございます(^-^)
皆さんの今後がとても楽しみです。

皆さんから頂いた寄付(15,460円)はインドの子どもたちが皆さんのように素敵な学校生活が送れるように学校建設で使わせて頂きます。

筒井校長先生、阪口先生、辰巳先生、東口先生、上野先生、渡辺先生、村岸先生もありがとうございました。5年生・6年生の皆さんも本当にありがとうございました。私は皆さんにお会いできたことをとても光栄に思っています!(^-^)


区役所でバナナ農家における問題点を伝えているところ

イオンで無農薬バナナの取扱いを進めてもらうためにわかりやすく説明しているところ

商店街で販売の様子

販売したフェアトレードビーズストラップとバナナリーフの手作りしおり。

筒井校長先生と6年生の皆さん


<<back|<12345>|next>>