沈黙の誓い募金をおこないました!!☆FTCJメルマガ2011年12月号☆

 ┌フリー・ザ・チルドレン・ジャパン──────────────────────
├─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐FTCJ国際協力メールマガジン【Kids Can!】
│キ│ッ│ズ│☆│キ│ャ│ン│!│
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─────────────────2011.12月号

街のイルミネーションが目立つようになり、気づけばもう12月です!
今年はたくさんの方のご協力により、たくさんの活動を行うことができました。
本当にありがとうございました!来年もどうぞよろしくお願いいたします☆
FTCJメルマガ最新号をお送りいたします!

★ もくじ
1) 今月のピックアップ:沈黙の誓い募金を行いました!
2) 世界の子どもたち:東アフリカ
3) 12月の活動日:ボランティアデー&FTCJ説明会・活動講座、クリスマス募金
4) FTCJ事務局より:チームメンバー募集!!
5)メンバー募集:チョコレートプロジェクトメンバー募集!
6)スタツア情報:春休みインドスタディーツアー2012開催!説明会、募集要項など
7) 活動アイディア:「ミーティングをしよう!」

┌─┬────────────────────────────────────
│1│ 今月のピックアップ:沈黙の誓い募金をおこないました!!
└─┴────────────────────────────────────

11月23日(水・祝)新宿東南口に子どもメンバーが集まり、東アフリカ干ばつ支援の
「Silence of vow-沈黙の誓い-募金」をおこないました!

"沈黙の誓い"キャンペーンとは?
Free the Childrenが毎年世界中で行っている、子どもの権利が守られていないことに対
して立ち上がる啓発活動と募金活動です。参加者が、一日言葉を発せずに生活をするこ
とによって、貧困や搾取などによって権利が主張出来ない子どもたちのことを考え、伝
え、そして資金調達をします。去年は10万人以上の若者が、世界57か国で沈黙の誓いを
守りました。

活動前日の22日、子どもたちはオフィスに集まり、垂れ幕や募金箱を作りました。
当日23日、祝日ということもあり新宿駅は人がたくさんいました。
沈黙を守り通すことでで募金を集めるといったこの活動は、日本で初の試みであり
とてもたくさんの人が目を向けてくださいました。

今回の活動は、募金を集めるだけでなく、子どもたちのおかれている現状やこういった
募金活動もあるということを伝えるものだったので、注目して下さった人がたくさんい
たことは、大きな成果だと思います。

そして、多くの方々がこの募金に協力してくださいました。
募金をしてくださった皆様本当にありがとうございます!!
集めた募金は東アフリカの干ばつのために、大切に使わせていただきます。

集まった募金額の報告や、活動の写真はこちらをご覧ください↓
http://ftcj.jugem.jp/?eid=328

東アフリカ支援についてはこちら↓
http://www.ftcj.com/activity/projectpage/emargency_pjt_easttafrica.html

次回は★クリスマス募金・クリスマスパーティ★を行います!

12月25日(日)13:00−16:00
場所:未定(東京都内)
場所は決まり次第ブログやメルマガでお知らせします。
※17:00〜FTCJオフィスでお疲れ様&クリスマス会を行います。(参加費300円)

募金準備日:12月23日(金)14:00−16:00
場所:FTCJ事務局
※垂れ幕や募金箱など、の準備を行います!絵や文字を書くのが好きな方大募集!

当日は、サンタの格好やクリスマスソングを歌いながら
みんなで楽しく募金活動を行いましょう!!
準備のみ、クリスマス会のみの参加もOKです!

※申込み方法
参加希望の方はinfo@ftcj.comまで(1)-(6)を記載の上、ご連絡ください。
(1)タイトル(件名)にクリスマス募金と記載
(2)お名前
(3)学校名&所属(小学生、中学生、高校生、大学生、社会人、その他)
(4)ご連絡先
(5)23日の準備の参加の有無
(6)クリスマス会の参加の有無

┌─┬────────────────────────────────────
│2│世界の子どもたち:東アフリカ干ばつ
└─┴────────────────────────────────────
◆東アフリカの状況
東アフリカは、過去60年間のなかでも、もっともひどい干ばつの状況にあり、約1000
万人が何らかの影響を受けていると6月下旬に国連が発表を出しました。

今回の干ばつの影響で、わかっているだけで、29,000人以上もの子どもが亡くなりまし
た。また、1200万人もの人々が緊急食料援助がないと亡くなってしまう状況にいると言
われています。

この子どもの死亡者数は今回の東日本大震災の犠牲者の数よりも多い人数です。
このような状況が東アフリカにおこった原因は、急に何か大きな要因があったわけでは
なく、昨年から続く雨不足水不足が積み重なり、しずかな津波のようになって押し寄せ、
10カ月ほどかけて徐々に状況が悪化したのです。


◆干ばつってなに?
長期に渡って平均よりも雨がふらない状況が続き、それによって水不足がおこり、作物
が育たない環境を引き起こすこと。


◆東アフリカってどこ?
東アフリカという国があるわけではありません。
アフリカ大陸の東部という意味です。
今回、干ばつがとくにひどく、死んでしまう人もでている危機的状況であると、国連が
報告している国は、ソマリア、ケニア、エチオピア、ジブチです。(ウガンダも一部干
ばつの影響を受けています)

今回の干ばつで食料や水不足の影響を受けている人々の数は(6月末時点で)、ソマリア
(260万人)、ケニア(320万人)、エチオピア(320万人)、ジブチ(11万7千人)と言
われています。


◆東アフリカの背景
・東アフリカには、2回の雨季があります。ひとつは短期ですが、11月頃で、もうひとつ
は長期で3月下旬~ 6月上旬です。この時期に、多くの作物は育ちます。

・昨年の11月の雨季の時期には、まったくといっていいほど雨が降りませんでした。そし
て、春ごろの雨季もほとんど雨が降りませんでした。気象予報士によると、これから迎
える11月にもほとんど雨が期待できないのではないか、ということです。

・ソマリアは、いまだに内戦状態で「破たん国家」と言われており、1991年から中央政府
が機能していないために、治安が非常に悪いことが問題となっています。そういった状
況から脱するために何千人という人々が難民となって、国から逃げてケニアの難民キャ
ンプに来ていますが、今回の干ばつの影響で、国から脱しようとする人々の動きにさら
に拍車がかかっています。


◆現在の状況
・雨不足で水不足のため、作物の収穫が絶望的となっています。
そのため、食料不足を引き起こしており、それだけではなく、食料の値段が非常に高騰
しています。ですので、食料があっても高すぎて人々は買えないような状況をも生み出
しています。こういった状況は、さらに、人々を困難な生活においやり、被害を受ける
地域の拡大をつくっています。

・食料価格は現在も上昇を続けていて、ケニアの一部地域では穀物の価格が過去5年間
の平均を最大80%も上回り、エチオピアでは消費者物価指数が約41%も跳ね上がったと
報告されています。

また、干ばつの被害を受けているのは、人間だけでなく、家畜のウシやヒツジが死ぬ確
率も平年より高くなっています。一部地域では死亡率が60%に達しているため、栄養不
良の割合も増え続けています。このような家畜が死ぬことで、たくさんの人々は肉、ミ
ルクをとれなくなり、また、経済活動も停滞しています。
・干ばつがひどいものになっていくにしたがって、より多くのソマリアの人々が、国境
を超えて食料と水を求めてケニアの難民キャンプに逃げてきています。今では、人口が
膨れ上がり、なんと40万人もが難民キャンプに集まってきています。この規模は、世界
最大の難民キャンプとなっています。

◆FTC東アフリカ干ばつ緊急支援をスタート!
この様な、状況から子どもを助けるため、FTCJでは、東アフリカ緊急支援事業を立ち上
げました。子どもへの食糧提供と予防注射や栄養強化サポートのために緊急支援を行っ
ていますので、ご協力をよろしくお願いします。

http://www.ftcj.com/activity/projectpage/emargency_pjt_easttafrica.html

┌─┬────────────────────────────────────
│3│12月の活動日:ボランティアデー&FTCJ説明会・活動講座&クリスマス募金
└─┴────────────────────────────────────

フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ)では、オフィスで毎月ボランティア・デー
を設けていましたが、好評につき、毎週木曜日をボランティアデーを開催することとし
ました!また、FTCJ説明会&セミナーは月2回開催しています。お気軽にご参加く
ださい。

◆毎週木曜日はボランティアデー
日時: 毎週木曜日 14:00から20:00までの時間ならいつでも!
(出入り自由!空いているお時間にお越しください!)
作業内容:シール貼り、フェアトレード商品のパッキング、パンフレット作り など
※参加希望の方は事前にご連絡ください。申し込み方法は下をご覧ください。

◆FTCJ説明会&活動講座
FTCJでは毎月、FTCJの団体説明とFTCJの活動に活用できる講座を開催しています!
FTCJがどのような団体か、子どもたちがどのような活動をしているのかを伝え、
活動をするためのヒント講座を行います!

12月5日(月) 18:00-20:00
前半:FTCJ団体説明会
後半:活動のヒント講座!
「チョコレートで国際協力に挑戦!」
お菓子メーカーに提供していただいたチョコレートを使って、
みなで商品を企画し、デザイン、パッキング、販売をして国際協力に挑戦します!

12月19日(月) 18:00-20:00
前半:FTCJ団体説明会
後半:活動のヒント講座!
「アフリカを知ろう!」

場所はすべてFTCJオフィスで行います!(京王線千歳烏山徒歩1分)
http://www.ftcj.com/about/organ_map.html

※申込方法
参加希望の方はjimukyoku@ftcj.comまで(1)-(4)を記載の上、ご連絡ください。
(1)タイトル(件名)にご希望する日を記載
(2)お名前
(3)学校名&所属(小学生、中学生、高校生、大学生、社会人、その他)
(4)ご連絡先

★クリスマス募金★
12月25日(日)13:00−16:00(場所:東京都内)
※17:00〜FTCJオフィスでお疲れ様&クリスマス会を行います!!(参加費300円)
(募金準備日)12月23日(金)14:00−16:00@FTCJオフィス

※申込み方法
参加希望の方はinfo@ftcj.comまで(1)-(6)を記載の上、ご連絡ください。
(1)タイトル(件名)にクリスマス募金と記載
(2)お名前
(3)学校名&所属(小学生、中学生、高校生、大学生、社会人、その他)
(4)ご連絡先
(5)23日の準備の参加の有無
(6)クリスマス会の参加の有無

質問などある方は、お気軽に事務局までご連絡ください。
一緒に活動できることを楽しみにしています!

┌─┬────────────────────────────────────
│4│FTCJ事務局より:チームメンバー募集!!
└─┴────────────────────────────────────

事務局では、現在も多くのボランティアの方々にご協力いただき、たくさんのイベントや
発送作業を行うことが出来ました。いつもご協力本当にありがとうございます!

今回、下記のチームをつくり、一緒に活動してくれるメンバーを大募集します!
皆さんの特技や技術を生かして、一緒に活動してみませんか?

<<募集するチーム>>
●アクションキッズチーム:役者(高校生以下)演出・サポート・演劇活動セット作成等
●アートキッズチーム:展示会開催・ポストカード販売・絵を通じた活動の企画
●ファシリテーターチーム:スピーチ、学校や児童館でのワークショップの実践、開発等
●Englishチーム:英語でのワークショップ、英語でのイベント企画等
●フェアトレードチーム:フェアトレードPR活動、商品販売、在庫管理等
●Filmクリエーターチーム:プロモーションビデオ作成、動画の編集等
●ミシェルチーム:2012年に来日する元少年兵ミシェルに関連したイベントの企画運営等
●ファンドレイジングチーム:資金調達のためのイベント企画・街頭募金の申請等

皆さんの特技を生かせる活動・チームに是非ご参加ください!
全て、できたばかりのチームです。皆で一緒にチーム作り、盛り上げていきませんか??
活動日は土日または、平日の夕方〜夜を予定。
活動頻度などは、集まったメンバーで決めていきます!

<<リーダー募集!!>>
●イベントプロデューサー募集!!
 イベントの企画立案、チームメンバー募集から、運営までをお願いします。
 もちろん、スタッフもサポートします。
 
こんなイベント(チャリティーコンサート・チャリティスポーツ大会・ダンスイベントなど・・)がしてみたい!
こんなのいいんじゃないか?チームを引っ張っていきたい!そんな方、ぜひご検討ください!

※申込方法
参加希望の方はjimukyoku@ftcj.comまで(1)-(4)を記載の上、ご連絡ください。担当者よ
り、活動日をご連絡します。(1)タイトル(件名)にご希望するチームを記載(2)お名前(3)
学校名&所属(小学生、中学生、高校生、大学生、社会人、その他)(4)ご連絡先

みなさまのご参加を心より楽しみにしています♪
 
┌─┬────────────────────────────────────
│5│子どもメンバー募集:チョコレートプロジェクトメンバー
└─┴────────────────────────────────────
「kids can!チョコレートプロジェクト」

■このプロジェクトは・・
 「千鳥屋」に提供していただいたクランチチョコレートをバレンタインデー・ホワイト
デーに向け販売し、販売の利益をFTCJの海外支援自立事業に役立てよう! という
ものです。今年で、3年目の活動になります!

 興味のある子どもメンバーでチームを組んで これから具体的に作戦を立てていきます。

 ■これからやることは・・
 ・商品コンセプトや販売戦略を決める
 ・パッケージをデザインし、ラッピングをする
 ・マスコミへのプレスリリース
 ・販売
 などを行っていきます。

 ■この作戦の目的は3つ
 1FTCJの子どもメンバーがkids can!体験をする!
 2権利を奪われた子どもを開放する!
 3子ども参画のプロセスを大人と子どもが体験する!
 です。

 このプロジェクトに興味のあるメンバーはミーティングにお越しください↓
 ■第一回 ミーティング&ワークショップは・・
 12月5日(月)18:30〜FTCJオフィスで行います。

(申し込み方法)
 会議に参加したい、今回参加できないけど一緒にやってみたいという方は
ftcj@jimukyoku.comに「チョコレートプロジェクト参加希望」と件名に明記の上、
名前と連絡先、12月5日に参加できるかどうか、ご連絡ください。
 みなさんの参加をお待ちしています♪♪

上記のチーム以外にも↓のチームがあります。興味がある方は、jimukyoku@ftcj.comまで
ぜひお問い合わせください。
●アクションキッズチーム:演劇により児童労働の現状を伝えるチーム
●アートキッズチーム:絵を通じて国際協力を行うチーム
●子ども記者:取材や記事の執筆によって情報発信をするチーム

┌─┬────────────────────────────────────
│6│スタツア情報:春休みインドスタディーツアー2012開催!説明会を開催します!
└─┴────────────────────────────────────
〜インドの村で子どもに出会い、ボランティアの旅〜
フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ)では、インドの子どもが貧困から解放され
学校に通えるよう、村の自立を支援しています。その村に学校が必要なことがわかり、
2009年から学校建設をしたり、村人の健康に役立つハーブガーデンを建設したり、井戸
の設置を行ったりしています。

そんな支援地域の村を春休みに訪れるツアーを実施します!!
ツアーでは、支援先の村の子どもと交流したり、村で求められているボランティアワー
クを行ったり、国際協力につながるアクションをとるにはどうしたらよいか、などをみ
んなでの学びがあります。その他、世界遺産のタージマハルを訪問したり夜行列車に乗っ
たり、とっても楽しい盛りだくさんのツアーです♪

ぜひ、一緒にインドを体験しませんか。
そして、一緒に世界を変えよう。

□■FTCJインド・スタディツアー2012春(3/24〜31)の説明会を開きます!■□
興味のある方は、お気軽にご参加ください。
遠方の方はSkypeをつなげてご説明します。

説明会1回目:2011年12月27日(火)18時〜19時半
説明会2回目:2012年1月7日(土)14時〜15時半

(申込方法) 説明会への参加ご希望の方は、必ず事前にjimukyoku@ftcj.comまでお名前、
電話番号、職業(学生か社会人か)、どの説明会に参加希望かを書いてお申し込みくだ
さい。

◆春休みインドスタディーツアー2012募集要項◆
【訪問地域】インド(デリー、アグラー、およびウダイプール周辺の村)
【旅行日程】2012年3月24日(土)〜3月31日(土) 6泊8日 成田発着
【参加代金】学生200,000円 / 社会人210,000円
*学生料金は、30歳未満の日本国籍の学生の方のみ有効です。
*代金にはインド・ビザ代、燃油サーチャージ・空港保険料代は含まれていません。
*ホテル1人部屋をご希望の方は追加料金がかかります、ご相談下さい。
*関空からの発着もできますが追加料金がかかります、ご相談下さい。
【対  象】中学生以上で、FTCJのメンバーとしても活動できる方。
*参加者のFTCJメンバーへのご登録をお願いします。
*保護者の方が一緒にご参加される場合は、中学生以下でもOKです。
【募集人数】14名(最少催行人数5名)
【募集締切】2012年2月20日(月) *定員になり次第締め切ります。
【旅券取扱】株式会社ワールドビュウ
【主  催】(特活)フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
【申し込み】件名に「インド・スタディツアー希望」として、お名前、ご連絡先
 を書いてinfo@ftcj.com までメールか、電話やFAXにてお問合せ下さい。

ご質問などありましたら、お気軽に事務局jimukyoku@ftcj.comまでご連絡ください。

┌─┬────────────────────────────────────
│7│活動アイディア:「とことん話し合おう!」
└─┴────────────────────────────────────
団体が紹介している活動のための7ステップ、今回は4番目のステップ「とことん話し合
おう!」を紹介します。

一緒に活動をする仲間が出来たら、自分の考えをみんなに聞いてもらい、皆の考えを聞
きましょう。そうすることで、自分たちが何をしたいのか、何をするべきなのか、皆で
見つけることができ、今後の活動がより具体的になっていきます。

<ミーティングをするまでの流れ>

.漾璽謄ングをする日程・場所を決めよう!
学校や誰かの家、集会所などみんなが来やすい場所を選ぼう!

何について話し合うのか、事前に決めておこう!

事前に問題についてみんなの考えを集め、話し合おう!
問題についての知識や、やりたいこと、やらなければいけないこと、どう思うのかなど
をみんなで共有し、今後どうしていくかをとことん話し合おう!

☆ヒント☆
■話し合いでは、ファシリテーター(進行役)がいるとスムーズです!
ファシリテーターは、話し合いを進めるのが役目です。みんなの意見を引き出して、
たくさんの見方から話し合いを進めましょう。
 
■みんなから出た意見やアイディアは記録しよう!確認や次のミーティングにつなげる
ために記録をしておくと便利です!

■ミーティングの終わりの時間を決めてから始めよう。終わる時間を決めないと、長く
なってしまいがち!

□■□こんな時は??□■□
ミーティングをする際に、いくつか問題が起こる場合があります。
その問題に対して実際に活動しているFTCJのメンバーが提案するヒントを紹介します。
 
「人数が多くて時間が合わない。全員でミーティングをするためには?」
・学校の行事の日程とぶつからない日を選ぶ。
・日程の候補をだし、その中から選んでもらう。
・打ち合わせの時に次回の日程を決める。  
・スカイプや掲示板、mixiなどのインターネットツールを活用する。
・便利なツール→調整さん http://chouseisan.com/
・出席できない人のために議事録をかならずメールする。
など・・

その他にもグループ運営のヒントがFTCJホームページで見ることが出来ます。
グループ運営のヒント:http://www.ftcj.com/hints/group.html

<<大事なポイント>>
・自分と意見が違っても、同じ目的を持つ仲間で、どんな意見でも大事にしましょう。
 ほかの人の意見は最後までよく聞いて、最良の解決策を見つけよう。

・話し合いがうまく進まなくなってしまった時には、休憩を入れましょう。
 集中力を保つためにも、1〜2時間ごとに休憩を取りましょう。 

7ステップ
http://www.ftcj.com/hints/7steps.html

...........................................
☆メルマガ発行について
このメールマガジンは、メンバーの皆様や今までFTCJにご連絡くださった方を
対象に月に1度発行しています。配信停止ご希望のご連絡は、大変お手数ですが
jimukyoku@ftcj.comまでご連絡お願い致します。
...........................................

発行:(特活)フリー・ザ・チルドレン・ジャパン/Free the Children Japan
◇東京事務所(移転しました)〒157-0062東京都世田谷区南烏山6−6−5 3F
 TEL&FAX03-6321−8948 email info@ftcj.com
◇関西連絡所 TEL&FAX06−6907-7495 email kansai@ftcj.com
□ FTCJ PCサイト  http://www.ftcj.com/
□ FTCJ モバイルサイト http://www.ftcj.com/m/index.html
□ FTCJ公式ブログ http://http://ftcj.jugem.jp


福島県相馬市子ども支援報告&寄付大募集!☆FTCJメルマガ2011年9月号☆

┌フリー・ザ・チルドレン・ジャパン──────────────────────
├─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐FTCJ国際協力メールマガジン【Kids Can!】
│キ│ッ│ズ│☆│キ│ャ│ン│!│
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─────────────────2011.9月号
 事務局様
 東京は心もち涼しくなり秋到来を感じますが、みなさんお元気でお過ごしですか?
モンゴルでは氷点下10度になり吹雪が吹き荒れ電線が凍りつき、注意報が出されたとい
う便りが現地スタッフから届きました。同じアジアでも世界は多種多様と改めて実感。

★ もくじ
1) 今月のピックアップ:福島県相馬市の子ども支援報告&寄付ご協力へのお願い
2) 世界の子どもたち:インドに10年ぶりに行ってきました。感動の報告!
3) 10月のボランティアデー:活動のヒントを学びながらボランティアをするの巻
4) FTCJ事務局より:貧困をなくすために立ち上がる′スタンドアップ'に参加しよう!
5) 活動アイディア:映像で知ろう学ぼう!
6)イベント紹介:ACEユースアカデミー・ガーナの子どもに会いに行こう!
7)書き損じハガキ(新品も大歓迎)などを集めています!

┌─┬────────────────────────────────────
│1│ 今月のピックアップ:福島県相馬市の子ども支援報告&寄付ご協力へのお願い
└─┴────────────────────────────────────
東日本大震災でフリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、東日本大震災で大きな被害を
受けた福島県相馬市の幼稚園、小学校、中学校、高校を応援しています。
今日は、支援活動第一弾のご報告をします。

相馬市は、地震や津波の被害を受けただけではなく、福島第一原発の爆発により、放射
能汚染の心配もしながらの生活で、相馬市の学校では、放射線の値を調べながら、生徒
のみなさんが安全に勉強できるよう気を配って授業が行われています。

暑い日やじめじめとする日でも、なるべく窓を開けずに授業を行いたい、快適に子ども
たちが授業を受けられるようにするため、扇風機がほしい、という声を学校の先生方か
ら伺ったので、集まった支援金で、相馬東高校と南相馬市からのサテライト校として
相馬東高校で授業を行っている小高商業高校に扇風機を送りました。

先日、相馬東高校の生徒会長さんから、お手紙や写真が届きましたのでFTCJブログで紹
介しています、ご覧ください。
http://ftcj.jugem.jp/?eid=294

FTCJの東日本大震災支援のために、募金にご協力頂いた皆様、
本当にありがとうございました。

そして、引き続きみなさんにご協力のお願いです!!
FTCJでは、引き続き相馬市の学校への支援のために募金を集めています!!!

第2弾として、幼稚園、小学校、中学校に扇風機250台以上を送ったのですが、まだこち
らの資金が全部集まっていません!!
扇風機1台3000円なので、10月中に100台分の30万円を目標に集めたいと思っています。

相馬市の子どもたちが快適で安心したなか、学校で過ごせるよう、どうか、みなさんの
力を貸してください。募金にご協力いただける方は、下記の団体口座までお振込みお願
いします。

◆郵便振替口座
口座番号:00120−5−161532
口座名称:フリー・ザ・チルドレン・ジャパン

◆三菱東京UFJ銀行
上野支店 普通 5360502
口座名:トクヒ)フリー・ザ・チルドレン・ジャパン

ご協力どうぞ、よろしくお願いいたします!!

┌─┬────────────────────────────────────
│2│世界の子どもたち:インドに10年ぶりに行ってきました。感動の報告!
└─┴────────────────────────────────────
こんにちは、FTCJスタッフの町井望です。私は高校生の時から子どもメンバーとして活
動し、今年の4月からスタッフとなりました。10年前高校生だった頃、FTCJスタディツアー
に参加して、学校建設ボランティアや、児童労働から救出されたFTCJが支援する子ども
たちが暮らす施設「マクタニール子どもの家」を訪問したのですが、先月10年ぶりにイ
ンドを訪問し、同じ場所を訪れました。

久々に訪れたインドのデリーでは、空港が拡張され、街の美化にも力を入れていて
インド経済の発展の影響を見ましたが、FTCJが支援しているウェストベンガル州のコル
カタ周辺は、10年前とほとんど変わらない風景で、のんびりとした時間が流れていまし
た。でも、高校生の時に建てる協力をした学校が完成して多くの子どもたちがその学校
で学んでいるのを見て、じんわり感動しました。

貧困状態から救出されたFTCJが支援する子どもたちが生活している「マクタニール子ど
もの家」には、現在2〜16歳までの男の子が住んでおり、彼らの教育支援や医療支援、健
康向上支援などを実施しています。施設の男の子たちは、ホシノドリームズプロジェク
トからご寄付頂いたサッカーボールやルールブックで、元気にサッカーをしたり、絵を
描いたり、楽しそうに生活していました。

子どもたちに「もし何でも願い事が1つだけ叶うなら、何がしたい?」と質問すると、
ほとんどの子が「ずっと勉強を続けたい。」と答えました。学校で勉強をすること、ずっ
と勉強を続けられるということがこの国ではまだまだ普通のことではないんだと改めて
感じる瞬間でした。

◆「マクタニール子どもの家」のお父さん的存在であり、NGOの代表スワパンさんに、今
のインドについて、インタビューしました。

Q: インドの経済成長は著しいものがありますが、徐々に貧困は無くなっていると思いま
すか?
A: 経済は成長しステータスは上がっていますが、その結果、排気ガスが増え、人々は病
気に苦しんでいます。経済が成長しているのは確かだけど、そのお金は政府が持ってい
て、そのお金を手放すことを恐れているんです。インドは一見すると経済が発展してい
る国のように見えるけれど、実際のところは内部にはいろいろと問題があるんです。た
とえば、「開発ジャーナル」という雑誌には、いかにもインドの教育が発展しているか
のように世界に発表しているのですが、実際にはたった2パーセントの裕福な人だけが
高等教育を受けられているにすぎません。しかも、政府はそのような裕福な2パーセント
の人だけを支援し、インドの教育が発展しているかのように見せかけているだけでなく、
こんな雑誌を作るためにも大量のお金を使っているのです。一方で、一般の人々への初
等教育の普及は、まったく進んでいません。

◆「マクタニール子どもの家」へのご支援をお願いします!!
マクタニールの家では、今年から新しいプログラムがスタートしました。それは、読み
書きができない子どもたちへの教育支援です。家族の中で誰も字を読み書きできる人が
いない子どもに対し、日帰りで文字を教えるプログラムを実施しています。そのため現
在、施設で暮らす男の子のほかにもたくさんの子どもたちが毎日集まって、みんなで熱
心に勉強しています。

インドには、教育を受けられない子ども、字が読めない子ども、家族と一緒に暮らせな
い子どもなど、まだたくさんの子どもたちが貧困によって苦しめられています。少しで
も早く、すべての子どもたちが子どもらしい生活を送れるように募金を集めています。
また、文通しながらしえんができるプログラムへの参加も募っていますので、ぜひ、 
ご協力お願いします。↓↓↓
http://www.ftcj.com/youcan/connect_penpals.html

┌─┬────────────────────────────────────
│3│10月のボランティアデー:活動のヒントを学びながらボランティアをするの巻
└─┴────────────────────────────────────
フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ)では、オフィスで毎月ボランティア・デー
を設けています!初めての方も、久しぶりの方も大歓迎!

今月のボランティア・デー(2回開きます)は、ボランティア作業だけでなく、活動のヒ
ントにつながるワークショップやセミナーを企画!今回はなんと!現役の新聞記者さん
をゲストに迎えて「文章で伝えるコツ」セミナーや、貧困をなくすためのアクションを
とりながらボランティアをみんなでしますー!

<日程1>
◆貧困をなくすために立ち上がろう!
10月1〜17日は、貧困をなくすための世界同時イベント開催期間です。貧困について考え、
世界を動かす力になるアクションを一緒にとろう!

日時:10月13日(木)17:00-20:00
前半:FTCJ説明会&貧困についてのアクション・ワークショップ
後半:ボランティア作業


<日程2>
◆新聞記者さんから学ぶ・文章で伝えるコツ!
国際問題を訴えたり、活動の仲間を見つけたり、と様々なシーンで文章で伝えたい時が
ありますよね?現役記者さんから、記事を書くコツが聞けるスペシャルセミナーです!

日時:10月28日(金) 17:00-20:00
スペシャルゲスト:読売新聞 室靖治記者
前半:FTCJ説明会&文章を書くコツセミナー
  (参加費:高校生以下300円、その他500円)
後半:ボランティア作業


<申込方法>
参加希望の方はinfo@ftcj.comまでつぎの(1)〜(4)を記載の上、連絡ください。
(1)お名前
(2)学校名&所属(小学生、中学生、高校生、大学生、社会人、その他)
(3)参加希望される日
(4)電話番号

質問などある方は、お気軽に事務局までご連絡ください。
一緒に活動できることを楽しみにしています!

┌─┬────────────────────────────────────
│4│FTCJ事務局より:貧困をなくすために立ち上がる′スタンドアップ'に参加しよう!
└─┴────────────────────────────────────
Stand Up Take Actionとは、「立ち上がる」ことで貧困解決のための世界的な目標「ミ
レニアム開発目標(MDGs)」達成を目指す2006年に始まったグローバルアクションです。

MDGs達成期限は2015年。たくさんの成果が出ている一方で、このままでは達成が難しい
と言われています。でも、私たちが各国のリーダーに働きかけ続ければ、この状況を変
えることができます。

この期間中は、各地で様々なイベントが開かれますから、そこに参加するもよし!友達
や、家族や、同僚や、地域で、アクションをとって、その様子を写真にとって報告する
もよし!

詳しくは下記ウェブサイトへ↓↓↓
www.standup2015.jp

┌─┬────────────────────────────────────
│5│活動アイディア:映像で知ろう学ぼう!
└─┴────────────────────────────────────
団体が紹介している活動のための7ステップの、セカンドステップは「問題について調
べてみよう!― 知は力なり ―」。活動をすることを決めたら、世界の子どもの現状
を学びましょう。

7ステップ
http://www.ftcj.com/hints/7steps.html

FTCJには世界の子どもの現状を理解し、一歩行動を起こすためのDVDが沢山あります。

オススメは、クレイグが12歳の時にで児童労働に従事する子どもたちに直接会い、生の
声を聞くために、南アジア5カ国をまわる7週間の旅をしたドキュメンタリー映像
「It Takes A Child -- A Journey into Child Labor?児童労働の実態を探るクレイグ
少年の旅?」(55分)です。

児童労働の実態を知ることができると同時に、「自分にもできることがある」という勇気
をもらえます!

DVDは購入だけでなく、レンタルも行っています。
他にも、様々な映像資料があります!ぜひ一度、ご覧くださいね。

詳細はこちら↓
http://ftcj.ocnk.net/product-list/7

┌─┬────────────────────────────────────
│6│イベント紹介:ACEユースアカデミー・ガーナの子どもに会いに行こう!
└─┴────────────────────────────────────
◆「ACEユースアカデミー2011」高校生・大学生 参加者募集!(11/12-13)
高校生と大学生を対象に、カカオ生産地で起きている児童労働の現状を学び、
児童労働を解決するために自分たちに何ができるかを考え、参加者同士で
ガーナへ派遣する代表者を選考する「ACEユースアカデミー」を開催します。

「児童労働についてもっと詳しく知りたい!」
「働く子どもたちの生の声を聞きたい!」
「自分に何ができるか考えたい!」という方、ぜひご参加ください!

−【ACEユースアカデミー概要】−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日 時:2011年11月12日(土)〜11月13日(日)1泊2日
会 場:BumB東京スポーツ文化館
    東京メトロ有楽町線、JR京葉線、りんかい線 新木場駅から徒歩10分
    http://www.ys-tokyobay.co.jp/koutsu.html
定 員:20名(先着順)
参加費:8,000円(宿泊費、食費など。会場までの交通費は含みません。)
集 合:現地集合、現地解散(遠方からの参加者には交通費補助あり。)
対 象:高校生、大学生
    ・児童労働や国際的な問題に関心がある人
    ・児童労働の問題に対しアクションを起こしたいと思っている人

※代表者に選ばれた場合、2012年1月から3月の間、約10日間のガーナ視察に
 参加していただきます。(国際航空運賃、現地滞在費などはACEが負担)

 ▼ 詳細・申込(下記フォームからお申し込みください)締切:10/31(月)
 └ http://acejapan.org/modules/bulletin/article.php?storyid=284?mm188

 主催・お問い合わせ
  特定非営利活動法人ACE(エース) 担当:白木、召田
  〒110-0015 東京都台東区東上野1-6-4 あつきビル3F
  TEL:03-3835-7555(受付時間:午前10時〜午後6時)
  FAX:03-3835-7601 info@acejapan.org  http://acejapan.org/
 協賛:コモンズ投信株式会社  協力:ACE学生チームPeACE(ピース)  

※本事業は「ユースがつなぐ、日本とガーナプロジェクト」として
 公益財団法人 三菱UFJ国際財団 から助成をいただき実施しています。

┌─┬────────────────────────────────────
│7│物資を集め、子どもを応援しようキャンペーンをしませんか?
└─┴────────────────────────────────────
★FTCJでは下記の物資を集めて、換金し、FTCJの子ども支援事業に役立てています!
 ご家庭や、学校や会社で、物資を集めるキャンペーンをしませんか??
 おうちに眠っている品々を是非探してみて下さい!
◎書き損じハガキ 、切手。新品のハガキも歓迎!
◎商品券、各種優待券など
◎図書券、未使用のテレフォンカード、ハイウェイカードなど
◎ノートパソコン(こちらは換金ではなく子ども達の活動に使います!)
 ↓↓↓
FTCJオフィス まで、お送り下さい!

物資以外にも、募集しています!
☆事務所で作業をして下さるボランティアさん募集中!
☆月1,000円からの子どもの今と未来を育てる『キッズパワー募金』サポーター募集!

............................................
☆メルマガ発行について
このメールマガジンは、メンバーの皆様や今までFTCJにご連絡くださった方を
対象に月に1度発行しています。配信停止ご希望のご連絡は、大変お手数ですが
jimukyoku@ftcj.comまでご連絡お願い致します。
............................................

発行:(特活)フリー・ザ・チルドレン・ジャパン/Free the Children Japan
◇東京事務所(移転しました)〒157-0062東京都世田谷区南烏山6−6−5 3F
 TEL&FAX03-6321−8948 email info@ftcj.com
◇関西連絡所 TEL&FAX06−6907-7495 email kansai@ftcj.com
□ FTCJ PCサイト   http://www.ftcj.com/
□ FTCJ モバイルサイト http://www.ftcj.com/m/index.html
□ FTCJ公式ブログ http://http://ftcj.jugem.j


【インドスタディーツアー報告会やります!】FTCJメルマガ2011年8月号

 ┌フリー・ザ・チルドレン・ジャパン──────────────────────
├─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐FTCJ国際協力メールマガジン【Kids Can!】
│キ│ッ│ズ│☆│キ│ャ│ン│!│
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─────────────────2011.8月号
FTCJのメールマガジンをお送りいたします。ぜひご覧下さい。

★ もくじ
1) 今月のピックアップ:インドスタディーツアー報告会やります。
2) 世界の子どもたち:東アフリカへの緊急支援のお願い
3) イベント紹介:9月のイベント案内!
4) FTCJ事務局より:フェアトレード商品販売キットが完成しました!
5)活動アイディア:アートで国際協力!「ポストカードを書こう」
6)書き損じハガキ(新品も大歓迎)などを集めています!

┌─┬────────────────────────────────────
│1│ 今月のピックアップ:インドスタディーツアー報告会やります。
└─┴────────────────────────────────────
FTCJでは、2009年6月から貧困家庭のこどもが教育を受けられる環境を整えることを目的
に、インド・ラジャスタン州 ウダイプールに、学校と手洗い場を建設するキャンペーン
行ってきました。

そして、日本の子どもたちからの募金や支援者からの寄付によって、2010年5月に目標と
していた250万円が集まり、学校の建設が始まりました。そして遂に2011年4月に学校が
完成しました!!

今年のインドスタディーツアー(8月6日〜14日)では、当時募金活動をしてた中・高・大学
生、社会人が参加し、実際に完成した学校を訪問し、そこで学ぶ子どもたちと交流をし
てきました。また、村への医療支援として、ハーブガーデンの建設ボランティアを行っ
てきました。そして旅の最後には、児童労働をする子どもとの出会いもありました。今
回のスタツアには小学生のころから活動してきた大阪の女子中学生のメンバーが参加し
ました。「インドの現状を、自分の目で見て、自分の言葉で伝えたい」という思いで参
加した中学生。彼女のこれからの活動が楽しみです!その他にも、アメリカ人の高校生
・大学生・OL・ミュージシャン・子どもメンバーのお母さん・アメリカ人の牧師さん
が参加し、バラエティ豊かな参加者が集まったスタディーツアーとなりました。早速、
今回のスタディーツアーの報告会を9月に開催します。インドの現状をお伝えします。
私達にできることを一緒に考えましょう。

Ustreamで生中継もします!地方のメンバーの皆さんもぜひご覧ください。
(ブログやHPで番組のURLを後日発表いたします!)

《インドスタディーツアー報告会概要》
日時: 9月18日(日曜) 15時30分〜17時30分
場所:JICA地球広場

プログラム:
(1)子どもによる子どものための国際協力とは?―フリー・ザ・チルドレンのはじまり
(2)児童労働とは?
(3)中高生が見たインドの現状
(4)わたしたちにできること(トークセッション)

定員:50名
参加費:無料

申込:メールにてお願いしております。
件名に「9月18日参加申し込み」
本文に「(1)名前(2)所属(学校名など)(3)連絡先(4)参加人数」上記を明記の上、info@ftcj.com
までお送りください。 

※9月11日(日曜)から9月21日(水曜)までの期間、1階セミナールーム101では、FTCJ
の団体紹介とスタディツアー先のインドの子どもたちが描いた絵の展示も行います。

┌─┬────────────────────────────────────
│2│世界の子どもたち:東アフリカへの緊急支援のお願い
└─┴────────────────────────────────────
今月は、クレイグと兄のマークが共同で書いている記事(グローバル・ボイス)で東
アフリカの干ばつについて書かれたものを紹介します。(一部抜粋)

---
「東アフリカが危機に陥るまでなぜ世界の人々は何もしなかったのか」
http://ftcj.jugem.jp/?cid=1

ここ半世紀あまりの東アフリカで最悪の干ばつが続いているケニアに、いまクレイグが
います。

ですが東アフリカにとって干ばつは初めてのことではありません。今回の世界の対応か
ら思い出されるのは、一時的救済をもたらしたものの、制度的改革に取り組む前に終わっ
てしまった、過去の緊急援助活動です。飢饉をなくすには、食べ物を届けるだけでは足
りません。採水孔の掘削、灌漑設備、農業の生産能力の強化、集水システム、常設の学
校、衛生設備、政策研究などが、まずは必要になります。

ですが実際はこうした長期的支援は実現せず、堂々めぐりに陥っています。大災害が起
れば注目が集まり、援助への関心が刺激されます。もちろん、援助は今すぐ必要であり、
どの援助機関も緊急支援には感謝しています。しかし、現地に来たマスメディアの一団
が立ち去ると、寄付金が来なくなり、非営利団体にとって持続的なインフラを作る手段
がなくなってしまうことがあまりに多いのです。

僕たちは津波後のスリランカと、地震後のハイチの現場から報告をしました。そして、
数え切れないほどの非営利団体がやってきては、報道や寄付金の減少とともに去って行
くのを目の当たりにしました。

いまはアフリカが注目され、救援物資が送られています。僕たちはこうした厚意に感謝
を表したいと思います。これらは政府や非営利団体、個人の支援者から提供された、た
いへん重要な物資です。多くの地域で、食糧援助は命を救うためにいまだに必要とされ
ています。

ですから、寄付できる方には、いますぐ寄付をお願いします。ですが、今から6か月後、
つまりクリスマスの賑わいが終わった後の2月にも、東アフリカに寄付していただければ
と思います。まずは緊急時に寄付し、それから持続的なインフラを支えるために再び寄
付していただきたいのです。

農業開発は、緊急支援と同じくらい重要です。農業開発によって、人々の苦しみを防ぐ
ことができます。多くの場合、その開発コストは被害コストの数分の一ですむのです。

※FTCJもカナダにあるFTC本部を通じて東アフリカへの緊急支援を開始します。
ご協力お願いいたします。

東アフリカへの緊急支援情報はこちら↓
http://ftcj.jugem.jp/?eid=276

┌─┬────────────────────────────────────
│3│イベント案内:9月のイベント☆ボランティアデー
└─┴────────────────────────────────────
フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ)では、オフィスで毎月ボランティア・デー
を設けています!初めての方も、久しぶりの方も大歓迎!

ボランティア・デーは、ボランティア作業だけでなく、FTCJメンバーによるワークショ
ップを企画しています!毎回内容を変えて開催しますので、ぜひ毎回ご参加くださいね。

9月のテーマは「フェアトレード」です。

<日程>
9月8日(木)17:00-20:00
前半:FTCJ説明会&フェアトレード販売講座
後半:ボランティア作業

9月29日(木) 17:00-20:00
前半:FTCJ説明会&フェアトレード販売講座
後半:ボランティア作業


<FTCJ説明会&フェアトレード販売講座>
お買いものでも国際協力が出来るってご存知ですか??
フェアトレード商品を買うことは、生産者の人々の収入向上の手助けになります。

今回のフェアトレード販売講座では、フェアトレードについての説明はもちろん、FTCJ
で行っている委託販売について説明するほか、実際に商品を手に取ってみていただきます!
フェアトレード商品に関心がある方、文化祭や学園祭などでフェアトレード商品を販売
してみたい!!という方にもおすすめです。

<内容>
 ・フリー・ザ・チルドレン・ジャパンについて
 ・フェアトレードとは
 ・フェアトレード委託販売について
 ・販売方法のヒント
 ・実際に商品を見てみよう!
 ・質疑応答

<申込方法>
参加希望の方はinfo@ftcj.comまで(1)〜(4)を記載の上、連絡ください。
(1)お名前
(2)学校名&所属(小学生、中学生、高校生、大学生、社会人、その他)
(3)参加希望される日
(4)電話番号

質問などある方は、お気軽に事務局までご連絡ください。
一緒に活動できることを楽しみにしています!

┌─┬────────────────────────────────────
│4│FTCJ事務局より:フェアトレード商品販売キットが完成!
└─┴────────────────────────────────────
FTCJでは、フェアトレード商品の委託販売を行っています。

そして今回、委託販売をスムーズに行ってもらえるよう、フェアトレード販売キットを
作りました!!

キットを使えば、商品販売もスムーズに行う事ができます!
フェアトレード販売とともに、あなたからフェアトレードについて発信してみませんか?
文化祭やイベントで、あなたの思いをフェアトレード商品販売とともに伝えましょう!

販売キットは、委託販売の申込をされた方にお送りします!

<フェアトレード販売キット内容>
・販売ガイドブック
販売するにあたって必要なこと、販売方法のヒントなどが記載されています!
・パネル
FTCJの支援先(フィリピン・インド・モンゴル)の子どもの写真、風景、フェアトレード
についての説明、ジュースバックの作り方、など
・フェアトレードのある暮らし
フェアトレードについて分かりやすく説明してある冊子

委託販売の詳細や、申込方法はこちらをご覧ください↓
http://ftcj.jugem.jp/?eid=272#sequel

┌─┬────────────────────────────────────
│5│活動アイディア:アートで国際協力!ポストカードの絵を募集!
└─┴────────────────────────────────────
「アートで国際協力」をテーマに活動しているアートキッズチームでは、インドと日本
の子どもたちの描いた絵のポストカードを作っています!!

10月1、2日のグローバルフェスタやFTCJショップで販売し、販売利益はインドのウダワ
ド村の教育支援のために寄付をします。

先日のインドのスタディーツアーでインドの子どもたちの絵を集めましたが、日本の子
どもの絵も募集中です!!

あなたの絵をポストカードにしませんか??
インドの子どもたちと夢のコラボしませんか??

<募集要項>
お花や鳥など、自然のものの絵を描いて、スキャンしてこちらまでデータを送ってくだ
さい。
送付先:
スキャンデータ→info@ftcj.com(スキャンのやり方がわからない場合は郵送でもOK)
郵送の場合→〒157-0062東京都世田谷区南烏山6-6-5 3階(特活)フリー・ザ・チルドレ
ン・ジャパン
締め切り:9月5日のお昼

届いた絵は、アートキッズチームで編集させてもらい、インドの子の絵と組み合わせます。
絵を描くことが好きな方、得意なことを生かして国際協力したい方、お気軽にご参加くだ
さいね

詳細はコチラ
http://ftcj.jugem.jp/?eid=274

┌─┬────────────────────────────────────
│6│物資を集めるキャンペーンをしませんか?
└─┴────────────────────────────────────
★FTCJでは下記の物資を集めて、換金し、FTCJの事業に役立てています!
 ご家庭や、学校や会社で、物資を集めるキャンペーンをしませんか??
 おうちに眠っている品々を是非探してみて下さい!
◎書き損じハガキ 、切手。新品のハガキも歓迎!
◎商品券、各種優待券など
◎図書券、未使用のテレフォンカード、ハイウェイカードなど
◎ノートパソコン(こちらは換金ではなく子ども達の活動に使います!)
 ↓↓↓
FTCJオフィス まで、お送り下さい!

物資以外にも、募集しています!
☆事務所で作業をして下さるボランティアさん募集中!
☆月1,000円からの子どもの今と未来を育てる『キッズパワー募金』サポーター募集!

.............................................
☆メルマガ発行について
このメールマガジンは、メンバーの皆様や今までFTCJにご連絡くださった方を
対象に月に1度発行しています。配信停止ご希望のご連絡は、大変お手数ですが
jimukyoku@ftcj.comまでご連絡お願い致します。
.............................................

発行:(特活)フリー・ザ・チルドレン・ジャパン/Free the Children Japan
◇東京事務所(移転しました)〒157-0062東京都世田谷区南烏山6−6−5 3F
 TEL&FAX03-6321−8948 email info@ftcj.com
◇関西連絡所 TEL&FAX06−6907-7495 email kansai@ftcj.com
□ FTCJ PCサイト   http://www.ftcj.com/
□ FTCJ モバイルサイト http://www.ftcj.com/m/index.html
□ FTCJ公式ブログ http://http://ftcj.jugem.jp


<<back|<21222324252627>|next>>