小学6年生メンバーが東京都世田谷区の保坂区長を訪問

5年生になったタイミングから子どもメンバーとして様々な活動をしている現在6年生の坂口くり果さん。

昨年秋に、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンと昔オフィスもシェアしていた同じく児童労働廃絶と子どもの権利の重要性を訴える、「認定NPO法人 国際子ども権利センター」の20周年イベントに、スピーカとして子どもメンバーも2人登壇させていただきました。

その際に、「子どもの権利条約を母子手帳に掲載してほしい」と訴えた坂口さん。

 

その後、坂口さん自身、見識者の方へ相談したり、なぜ今の世田谷区の母子手帳には掲載されていないのかも調べたりしてきました。

その経過も経て、まずは自身が住む世田谷区の母子手帳に掲載をしてほしい!という思いが強まり、世田谷区議会議員の風間ゆたか氏への相談を経て、保坂区長の訪問が実現しました。

 

区長訪問

保坂区長と坂口くり果さん

 

ーーーー

 

「自身が予防接種するときに、ふと見ていた母子手帳。小さい頃は存在も知らなかったけれど、予防接種のタイミングで見ることができるし、興味も持てる。

児童虐待や児童労働などがなくなるように、(親が)捨てずにずっと使われる母子手帳にこそ、子どもの権利条約を載せるべきだと思う」

 

自身の考えてきたこと、どのように載せるといいのか、ということもノートにまとめて、保坂区長へ掲載の希望を伝えました。

 

母子手帳は自治体ごとに発行しているとのことで、

区議会議員の風間氏が世田谷区議会で取り上げてくださることになりました。

 

これをきっかけに、世田谷区だけでなく日本全国の母子手帳に、そして、世界に広がりつつある「母子手帳」に子どもの権利が掲載され、

まずは多くの人が子どもの権利の存在を知り、子ども自身も子どもの権利を主張できる世界になれば、と意気込む坂口さんでした。

 

集合写真

後列:世田谷区議会員の風間、スタッフ出野、くり果さんのお母さま

 

ーーーー

 

子ども達が日々暮らす地域で疑問に思うこと、こう変化したらより良い地域・世の中になる!という思いを実現するにはどうすればいいのか。

今回力添えをいただいた、世田谷区議会員の風間氏がわかりやすく教えてくれました!

 

自分たちの住む地域で関心のあること、取り組んでほしいこと、変化してほしいことに対しては、大きくのこの2つの方法があります。

・市長、区長に直接伝える

・市議会議員、区議会議員の方を通して議会で伝える

 

市議会議員、区議会議員の方々は、みなさんの税金が様々な事業に適切に使われているかをチェックする役割を担われています。

住んでいる人の立場に立って相談に乗ってくださり、変えていって下さることが仕事、どんどん意見を伝えてください。

とのことでした。

 

打ち合わせ

風間氏から区政の仕組みを教わっています。

 

ーーーー

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンは、 「世界は変えられる」子どもがそう信じられる社会に をキャッチコピーとして、

日々社会貢献活動を頑張る子ども達をサポートしています。
 

自分の熱い思いも、ぜひアクションにつなげていってください!

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのwebサイトの、活動のヒントのページ(http://www.ftcj.com/get-involved/hint.html)も参考にしてくださいね。

 

 

また、世界中の青少年が様々なアクションを起こすことができているのは、

常に周りに世界を変える決意をした彼らを支えてくれる 先生・親・仲間がいるからこそです。

 

フリー・ザ・チルドレンの活動は、子ども達と一緒になって、よりよい世界を築くことを応援してくださる保護者の方へも心から感謝申し上げます。


オフィス工事に伴う事務所閉所期間のお問合せ・オンラインストアの御注文・発送につきまして

 

いつもフリー・ザ・チルドレン・ジャパンをご支援いただきありがとうございます。

 

8/27〜31にかけましてフリー・ザ・チルドレン・ジャパンオフィスの工事に伴い事務所が閉所となります。

メールでのお問合せは引き続きご利用いただけます。

お急ぎの場合は080-3218-5693までお電話ください。

 

オンラインストアの受注に関しても引き続きご利用いただけますが、

8/25〜9/2までの御注文・入金確認分につきましては、

発送は9/3以降順次発送となります。

 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただければ幸いです。

 なにとぞよろしくお願いいたします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン

e-mail :info@ftcj.com

TEL:080-3218-5693(団体携帯)


*メールマガジンバックナンバーを更新しました*

 

フリー・ザ・チルドレンでは、月に2回メールマガジンを発行しています。
インド、フィリピン、ケニアなどの支援地域の情報やイベント・

キャンペーン・ボランティア募集情報など

国際協力・社会問題に興味がある方、何かアクションを起こしたい!

というかたにおススメのメールマガジンです!

 

 

=最新号(8月22日発行メルマガ) トピック====

 

●9/1 アクションプラン発表会(参加費無料)

●【世界のWEニュース】ブロックチェーンと児童労働

●8/26 ゼロ・ハンガー ユースフォーラム(横浜)参加者募集中

●【アンバサダーコラム#6】【拓朗@アンバサダー2018】Vol.2 

インドスタディーツアーで抱いた想い#2

●【レポート】グローバルチャレンジプログラム in Toronto【1】

 

 

\最新メルマガ&バックナンバーはこちらからご覧ください。/

https://y.bmd.jp/bm/p/bn/list.php?i=ftcj&no=all

 

 

↓メルマガ購読申込はこちらから↓
http://www.ftcj.com/get-educated/mail-magazine.html

 

 


【募集終了】9/1フィリピン高校生アクションプラン発表会@東京

※定員の為募集は締め切りました。

 

 

現在フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、フィリピンの視覚障害者の高校生5人を日本に招き、

障害者の権利、共生社会や障害、社会参加を考える上での分析手法や理論や自分にできるアクションを起こす方法を学び、日本点字図書館や視覚障害生活支援センター、日本盲人職能開発センター、筑波大学視覚特別支援学校などの視覚障害者関連施設を訪問、分析する共生社会促進ヤングリーダー育成研修を実施しています。

 

 

 

今回はその集大成、9月1日午後に実施しますアクションプラン発表会のご案内です。

 

フィリピン高校生は研修でさまざまなトピックを学び、フィリピンにてどう活かせるかを考えていきます。

その集大成として、帰国後、フィリピンにて、視覚障害者の社会参加の機会を拡大していくために、自身が出身地域において具体的にどのような行動をするか、アクションプランを作成し、発表会を実施いたします。

 

フィリピン障碍者支援事業を応援してくださっているみなさまに

ぜひご参加いただきたいイベントです。

 

会場の関係で10名までの募集となり、先着順でのご案内となります。

参加ご希望の方はお早めにお申込みくださいませ。

 

------------------------------------------------

 

2018年9月1日(土) 13:00-16:00

場所   JICA東京 セミナールーム201(東京都渋谷区西原2-49-5 201)

https://www.jica.go.jp/tokyo/office/access.html

定員   10名

 

参加申し込み  

以下の申込フォームにご記入いただくか、

http://www.ftcj.com/form/event_volunteer.html

 

info@ftcj.comに、参加イベント名、人数とお名前をお送りください。

※ 先着順のため、お受けできなことがあります。

 

 

※ 合理的配慮につきまして:

・JICA東京の最寄り駅は都営新宿線の幡ヶ谷や小田急線の代々木上原になりますが、どの駅からも徒歩10分ほど離れています。

視覚障害者で駅からのガイドが必要な方は事前にお知らせください。当日、スタッフに健常者が4人しかいないため限りがありますが、可能な限り対応いたします。

・発表者全員が全盲のため、当日はパワーポイント等の視覚的ツールを使用しない可能性があります。音声のみの発表に不都合のある方は、事前にご相談ください。

・会場内は車いす等でのアクセスが可能ですが、駐車場はございません。

・発表言語は英語で、基本的には通訳はいたしません。

 

みなさんにお会いできますこと、楽しみにしています。


ブロックチェーンと児童労働

クレイグとマークのコラムの紹介です。

 

https://www.we.org/stories/how-blockchain-can-end-modern-day-slavery/

 

いまあなたは買い出しの真っ最中です。競合ブランド2社の

ツナ缶が、あなたの目の前にあります。両ブランドとも同じに

見えますが、このツナはどこから来たものでしょうか? タイ

などの国の漁業は、現在の児童労働や奴隷労働が最も萬

栄している業界のひとつです。このような人権侵害を支持し

ていないツナ缶を買うようにするためにはどうしたらいいの

でしょうか?

 

いま話題の仮想通貨を生み出したテクノロジーが生み出し

た産物が、その答えかもしれません。ブロックチェーンと呼

ばれているものです。

 

現在、4000万人が奴隷となっています。人類史上、最も多

くの人が、あらゆる産業の「死角」で働かされているのが、

現在の奴隷労働の特徴です。ツナ缶からファストファッショ

ン、スマートフォンで使われているレアメタルに至るまで、あ

らゆる業界が、その製造・供給過程において、悪しき複雑な

構造を作り出しています。その構造は闇に覆われているが

故に見えにくく、かつ強大です。そこから生まれた死角が、

企業による人権を無視したお金儲けを可能にしているのです。

 

ワールド・ビジョン・カナダは、児童労働によって製造された

商品の市場規模は、年間3兆ドル程度規模になると報告し

ています。生産過程に関する報告を出している企業もあり

ますが、企業が出す報告はねつ造することだって可能です。

2015年、イギリスの最大手ツナ缶メーカーが、消費者がツ

ナ缶がどういう生産過程を経ての店頭に置かれているかを

解説するウェブサイトを開設しましたが、そのサイトでは、人

権侵害が行われているタイの漁業を通じて捕れた原料をつ

かっていることを隠していたのです。

 

ブロックチェーンは、このような状況に対して、完全な透明

性を確保することができます。

 

ざっくり言うと、ブッロクチェーンは、改ざんが不可能なデー

タベースです。売買された製品の電子版台帳として、全ての

人がアクセスすることができます。しかし、このデータベース

は企業が独占的に管理や統制しているものではありません。

Tシャツで使われている綿や、電子機器で使われているタング

ステンに至るまで、あらゆる製品の原料にコードが発行されま

す。感覚としては電子パスポートのようなモノです。製品が流通

する過程で、コードが自動的に発行され、[パスポート]にコード

が書かれたスタンプが押されます。そのスタンプを元に、製品

の製造・流通過程を調べることができるのです。

 

その結果、企業には、不正行為を隠ぺいする隙を与えない

ことができるのです。

 

今度買い出しに行った時には、スマートフォンを片手に、ロ

ンドンを拠点とするNGO[Provenance]が開発したブロックチ

ェーンアプリにアクセスしてみて下さい。このアプリでは、製

品の生産・流通過程が全て分かります。普通にバーコードを

スキャンすれば、ツナ缶の原料となったマグロを撮った漁師、

製造した工場、輸送したトラックに関する情報を見ることがで

きます。

 

世界的大企業が、自らの透明性を高めるために、この技術

を活用し始めています。ユニリーバでは、マラウィの茶農家

1万人が生産する茶のサステナビリティの透明性を確保する

ために、ブロックチェーンの導入に向けた準備を進めています。

 

私たちは、児童労働や奴隷労働を終わらせるための活動

を、20年以上前に始めました。インドやネパール、タイなど

の搾取が行われている現場や工場に出向き、子どもたちを

救出し教育支援を行ってきました。その過程で学んだのは、

児童労働が行われている工場を閉鎖しても、問題の抜本的

な解決にはならないということです。工場を1か所閉鎖に追い

込んだところで、またすぐにどここかで新しい工場が新設され

ます。生産や流通を含めた構造的な問題に取り組む必要が

あるのです。そのひとつが、商品に関する透明性を高めること。

それが実現できれば、強制労働をこの世界から無くす道筋が、

ようやく出てくるのではないかと思います。

 

ブロックチェーンは、強力な武器です。ぜひ、この武器を、

世界を良くしていくために使いこなしましょう!


参考リンク

タイの児童労働の現状


http://www.ilo.org/tokyo/information/pr/WCMS_417769/lang--ja/index.htm

 

タイの漁業における奴隷労働

https://www.dir.co.jp/report/asian_insight/20160707_011040.html


ブロックチェーンとは

https://ferret-plus.com/7706


世界に4000万人いる現代の奴隷


https://www.cnn.co.jp/world/35107507.html

 

スマートフォンの陰に潜む児童労働

https://www.amnesty.or.jp/get-involved/action/drc_201603.html

 

ファストファッションを支える奴隷労働者たち

http://tocana.jp/2016/12/post_11695_entry.html

 

ワールド・ビジョン・カナダの報告書(英語)

https://www.worldvision.ca/about-us/media-centre/canadas-child-labour-problem 

 

タイの漁業での人権侵害(英語)

https://www.hrw.org/ja/news/2017/01/23/314056

 

NGO[Provenance]が開発したブロックチェーンアプリ

https://www.provenance.org/

 

ユニリーバのブロックチェーンを活用した取り組み

http://www.cre-en.jp/mizukami-blog/?p=3223#.W3fDOuQnbIU

 

 


【今日は何の日?】8月19日:国際人道デー/International Humanitarian Day

 

--------------------------------------------------------------------------

 

8月19日:世界人道デー

 

2003年のこの日、イラクで人道支援等を行っていた国連事務所が攻撃されました。22名のス タッフが死亡、100名以上の負傷者がでた事件が発生しました。

それから5年後の2008年、世界中で頻発する紛争や災害などにより避難や困難な生活を強いられている人々と、危険と隣り合わせになりながらも、少しでもこうした人々の手助けができればと願い行動する「エイド・ワーカー」の双方に思いを寄せることを目的として、国連総会によって8月19日が世界人道デーとして定められました。

---------------------------------------------------------------------------

 

 

あなたも一緒に、国際デーについて考え、

世界で起きている問題に

思いをはせてみませんか?

 

左の画像をクリックすると

世界人道デーに関する無料教材がダウンロードできます。

 

 

人道支援に関する動画:OCHA Youtube channnel

https://www.youtube.com/playlist?list=PLTJIIRpIQjX3IL0OGR8jgmcfiIA1O_1nJ

 

 

 

■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■□□□■□■

 

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、国連で定められている「国際デー」など

を参考に、1枚10分以内で考えられる無料の教材を作成しました。

 

↓こちらのリンクからご覧いただけます。↓

http://www.ftcj.com/get-educated/material_internationalday.html

 

ディスカッションのテーマとして、子どもが国際に興味を持つきかっけに、

授業の冒頭での活用など、沢山の場面でご活用ください!

 

 

 

 

 


【報告】グローバルチャレンジプログラム in Toronto【2】

カナダのトロントで実施中のグローバルチャレンジプログラムをレポート!

今回は、2週目に入り参加中のカナダのTake Action Campの前半(8/5-8/7)についてです。

 

前半のレポートはこちらから

http://ftcj.jugem.jp/?eid=1964

 

 

日曜日、キャンプ地に着くと、60人以上のカナダ・アメリカ人の参加者・スタッフが待っていました。

社会問題を考えるキャンプですが、基本は楽しむことを大切にしていることもあり、みんなかなりテンションが高いです。

そのこともあり、着いてすぐにその雰囲気に驚き、ホームシックになったメンバーもいました。

 

しかし、お互いの名前を知るためのワークを行い、

ゲームをし、安心できる環境が徐々に整っていくと、

みんなの顔に笑顔が出てくるようになりました。

 

 

自分自身を振り返るワークショップを行ったり、

 

チームのみんなでダンスを作ったり、

選べるワークの時間でミサンガを作ったり、

 

年齢関係なく、色別に分かれてチームワークを競い合う活動では、

とにかく走って走って、頭も使って、大騒ぎしながらも、

みるみるうちに、さっきまでは”知らない人”だった人が大好きな友達になっていっていました。

 

3日目までにあつかった社会問題は、

偏見・先入観・レッテルについて、

そして、ネットいじめについてでした。

 

なかなか英語でディスカッションをするのは大変ですが、

それぞれ、試行錯誤しながら、自分の考えを伝えるべく努力しています。

キャンプの最後には、自分自身が興味のある社会問題に対してアクションを考え発表します。

 

今回のキャンプに参加するまで、あまり社会問題について考えたことがない、

というメンバーをいましたが、少しずつ、自身の興味が見つかっていくと嬉しいです。


*メールマガジンバックナンバーを更新しました*

フリー・ザ・チルドレンでは、月に2回メールマガジンを発行しています。
インド、フィリピン、ケニアなどの支援地域の情報やイベント・

キャンペーン・ボランティア募集情報など

国際協力・社会問題に興味がある方、何かアクションを起こしたい!

というかたにおススメのメールマガジンです!

 

 

=最新号(8月8日発行メルマガ) トピック====

 

●【代表 中島が登壇!】8/22 高校生ボランティア・アワード2018

●フィリピン高校生サポートボランティア募集! (8/27,8/31)

●8/26 ゼロ・ハンガー ユースフォーラム(横浜)参加者募集中

●【参加者募集】9/10 こども専門家アカデミー世田谷

●アンバサダーコラム#5【さしこ@アンバサダー2018】Vol.3言い訳としてのチャリティ

●ハイチの村に新しい学校が建つきっかけをつくった少年のストーリー

 

 

\最新メルマガ&バックナンバーはこちらからご覧ください。/

https://y.bmd.jp/bm/p/bn/list.php?i=ftcj&no=all

 

 

↓メルマガ購読申込はこちらから↓
http://www.ftcj.com/get-educated/mail-magazine.html

 


【報告】グローバルチャレンジプログラム in Toronto【1】

現在、カナダのトロントでグローバルチャレンジプログラムを実施中!

 

このプログラムは、前半1週間を、カナダのトロントにある語学学校(EF)で英語の勉強をし、

後半1週間は、フリー・ザ・チルドレン(WE)の社会問題×リーダーシップキャンプ(Take Action Camp Ontario)に参加するものとなっています。

 

グローバルチャレンジプログラム詳細ページ

http://www.ftcj.com/get-involved/study-tour/globalchallenge.html

 

<今年のプログラム参加者について>

・人数    :高校生9名

・出身地   :東京、愛知、埼玉、静岡、福岡

・海外経験 :“初めての海外“が約半数

 

数回に渡って、このプログラムの報告記事をお送りしますので、

ぜひ留学やカナダで開催するTake Action Campに興味のある方、お見逃しなく!!

 

今回は、前半の1週間の振り返りです。

 

EF1日目(7月30日):

滞在先の学生寮から地下鉄とストリートカーに乗り、みんなで学校に向かいました。

雰囲気の違う他国の乗り物に、みんな興味津々でありながら、今後引率なしで移動することへの不安な気持ちも少し混じっていたようです。

無事学校に到着し、この日はスピーキングのインタビュー(テスト)とオリエンテーション、そして学校の周りを2時間ほど歩いて回るツアーが行われました。授業はなく、まずはトロントになれる時間となりました。

実はこの日、その後数名が道に迷ってしまいました!

しかし、近くの人や駅員さんなどに聞きながら、全員無事に帰寮しました。

 

EF2-4日目(7月31日-8月2日):

授業はすべてそれぞれのレベルで分かれており、時間割(登校・下校時間)も異なります。

授業の内容は様々で、文法を勉強するものもあれば、スピーキング・リスニングを行うもの、映画を見て表現を学ぶものや、教科書ではなく実生活のものを写真に撮って題材にしながら会話をするものなど、様々な形の授業に参加していました。

授業後にはクラスメイトと買い物やご飯にでかけたりと、それぞれ思い思いの時間を過ごしました。

夜は、就寝前に全員で集合し、今日のハイライト・学び・難しかったこと・明日の目標をシェアする時間を設けていました。

前日の掲げた目標に対し、翌日に“出来た!”と声が聞けたり、新しくできた友達の話を嬉しそうにしている姿が印象的です。

 

EF5日目(8月3日):

EF最終日です。授業が全員午前中で授業を終了し、修了書を受け取りました。

クラスメイトから、カナダの国旗にメッセージをもらっている参加者が多くいました。

別れを惜しんでハグをしている様子も。

短い時間ではありましたが、素敵な出会いがあったようです。

授業の後、希望者がCNタワーや港の観光に出かけ、トロントの街並みを一望しました。

(クラスメイトと出かけた参加者もいて、全員写っていませんが、全員無事終了しました!)

 

ナイアガラ観光(8月4日):

朝から観光バスに乗って、ナイアガラ観光に出かけました。

EFのクラスメイトの人も偶然同じ観光バスに居たりと、早速の再会を喜ぶ参加者もいました。

ナイアガラの滝では、滝の近くまで行ける船に乗りました。

これまでに経験したどんなウォーターアトラクションよりも良かった!と、自然の凄さに圧倒!

同行者である私もナイアガラの滝を見るのは4回目ですが、何度見ても感動します。

 

キャンプ初日(8月5日):

キャンプの集合は午後の為、午前中は1時間ほど寮で日本語でディスカッションを行いました。

1週間の中で見つけたカナダと日本の違いや気づき、そこから感じた問題やそれに対するアクションについて考えました。

参加者の中から出てきたキーワードは、「ホームレス」「ごみ・衛生」「食品ロス」「多様性」でした。

目で見て、肌で感じた経験を、しっかりと言葉として吐き出し、感情だけで終わらず、アクションにつなげていく話し合いは、とても良いものになりました。

 

キャンプが始まってからの様子は、次の投稿でお伝えします!

 

Be the Change!

 


【代表 中島が登壇!】8/22 高校生ボランティア・アワード2018【入場無料】ぜひご参加ください♪

 

歌手のさだまさしさんが設立された

「公益財団法人 風に立つライオン基金」の主催で、

来たる8月21日(火)、22日(水)に、

「高校生ボランティア・アワード2018」

が東京国際フォーラム ホールEにて、開催されます!!

 

この高校生ボランティアアワードとは、

全国の高校生の皆さんが日頃から続けている

“ささやかで偉大な活動”を応援するプロジェクトです。

 

日頃から社会をよくするために活動する高校生たちが

全国から集まり、日頃の活動を発表したり、

シンポジウムが開催されます。

 

そのシンポジウムには、フリー・ザ・チルドレン・ジャパン

代表の中島早苗も登壇します。

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの全国の

メンバーの活動や団体としての経験をもとに、

他のパネリストの皆さんや高校生方と意見交換を行う予定です。

 

どなたでもご参加いただけますし、入場無料なので

ぜひいらしてください!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

高校生ボランティア・アワードについて

 

高校生ボランティア・アワードは、

全国の高校生の皆さんが日頃から続けている

“ささやかで偉大な活動”を応援するプロジェクトです。

 

私たち風に立つライオン基金は、平和や命を守るために、あるいは、

困っている人を助けたり、勇気づけたりするための活動のすべてを

素晴らしい行為であると考え、その全ては称賛に値すると、心から信じます。
そこで、日々地道な奉仕活動を実践する高校生の“発表・交流の場”として、

2016年に「高校生ボランティア・アワード」を創設しました。

次代を拓き担っていく生徒の皆さんが「社会に対してどんな行動をすべきか」を考え、

「人のために行動することが自分自身の成長につながる」ことに気付く、

そんな”強くてやさしい心”を育んでほしいと願っています。

 

(高校生ボランティア・アワード2018 ウェブサイトより引用)

http://xn--cckab3lsa3izd6b5a7fn.jp/about/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

8/21,8/22と実施される両日ともに、午後はブース発表大会が行われます。

 

全国の高校生が起こしたアクションをポスターにまとめて、

あるいはブースで発表します。

 

これからのアクションに役立つ情報や、学校でこんなことできるかも・・・

というヒントがたくさん得られるかもしれません!

お友達やご家族でぜひご参加ください♪

 

 

【タイトル】高校生ボランティア・アワード2018

【期  日】2018年8月21日(火) 11:30開場・13:00開会・17:00閉場

           22日(水) 9:45開場・10:00開会・15:00閉場

【会  場】東京国際フォーラム・ホールE

【入場無料!!】

イベントウェブサイト:http://xn--cckab3lsa3izd6b5a7fn.jp/

 


【主  催】公益財団法人 風に立つライオン基金
【後  援】内閣府/社会福祉法人 NHK厚生文化事業団/東京都/東京都教育委員会/社会福祉法人 東京都社会福祉協議会/社会福祉法人 埼玉県社会福祉協議会
【協  賛】大日本印刷株式会社/おやつタウン/スーパーホテル/日本航空株式会社/國學院大學/ほめる達人協会/マイナビ進学/日本移植学会
【特別応援】特定非営利活動法人 国境なき医師団日本
【協  力】上智大学/特定非営利活動法人 学校マルチメディアネットワーク支援センター


 


<<back|<12345678>|next>>