[自分を大切にできれば、世界も優しく変えていけるはず!」:モントリオールのチェンジメーカーからのメッセージ

アイシャ・ロビンソンは、いじめや尋常性白斑の発症など、自身の体験を語ることで、

自分らしく生きることの大切さを訴えています。アイシャからの、自分を好きになるた

めのアドバイスをご紹介します!(清田)

 

https://www.we.org/stories/born-to-rise-founder-aiesha-robinson-helps-others-overcome-through-self-love/

 


アイシャ・ロビンソンは、いじめについてよく理解しています

自身もいじめられ、また身自がいじめをしてしまった経験もあ

り、その中で人のさまざまな冷たさを味わってきました。

 

ある日、彼女の身に障害が降りかかりました。彼女が18歳

のとき、親指に白い点が現れました。それは肌の色素が抜

けてしまう病、尋常性白斑の始まりだったのです。診断を聞

いたアイシャは、差別されるのではないかという不安感を抱

きました。そして、すでにいじめを受けていたアイシャは、変

わりゆく自分の外見が生活のすべてをもっと悪いものへと変

えていってしまうのではないかという恐怖感も抱いたのです。

 

不安が絶望感へとエスカレートした時、アイシャは兄である

ジェイミーにその胸の内を伝えました。彼の支えによって、

アイシャ自分を愛すること、前向きな気持ちで生きることの

メリットを感じるようになりました。その後、彼女はこの気づ

きを胸に生きていけると考えるようになったのです。彼女自

身の障害から学んだことを活かして、他の人が苦難を乗り

越える手助けさえもできるようになったのです。彼女の人生

における新たな1ページと向き合うため、彼女が最初に取り

組んだことは、彼女自の中にある長所を見つけることでした。

「まず自分を受け入れたら、広い世界に飛び出していくことも

できるようになります。あなた自身が自分の一番の友達でい

てあげてください。自分の幸せは心の内側から生まれてきま

す」とアイシャは明言しています。

 

「前向きであること」の重要性に気づいたアイシャは、

NPO[Born to Rise]を立ち上げました。自己肯定感や

思いやりのこころを育むことを通じて、自分たち自身

の力で、人生の困難を乗り越えていけるよう、若者た

ちをエンパワーメントしている団体です。

 

自分を受け入れるという意識の育成を行うため、Born

to Riseはいじめ撲滅を目指す活動や、若者の自己肯

感を育む活ことを目指した、ワークショップの開催など

を行っています。

 

自分の経験談を語ることによって、アイシャは、困難を乗り

切る方法を見つけられるようになりました。そして今では、B

orn to Riseでの活動を通して、他の人たちにも「壇上で自分

の経験を語り、そのことによって傷を癒すこともできる」と説

いて、活動に参加するように呼びかけています。活動の参

加者が話す内容は、子ども時代の死別体験や、闘病体験

までさまざまです。同様に、表現の仕方も人によってさまざ

まです。その表現の仕方が歌であっても、スピーチあるいは

詩などの朗読であっても、アイシャが最終的に目指すところ

は、「自分の中にある傷や核心と向き合うこと」、そして偏見

や差別と闘うことです。

 

同時にアイシャは、年齢を問わずさまざまな人たちが参加

できる、集い、助け合える居場所を作っています。「みんな

他の人たちを勇気づけたいので、自分の経験を話すように

なるんです。諦めちゃダメだということを伝えたいんです。

今からでも全く遅くありません。障害は乗り越えられます。」

 

アイシャは、「自分を受け入れることができれば、どんなこと

でも乗り越えられる」ということを、多くの人に知って欲しいと

思っています。

 

自分を好きになって、世界を変えていくためのステップ

 

1. まずは自分を大事に
 

アイシャの考えとしては、チェンジメーカーとしての第一歩

は、自分を見つめ直すことによって始まります。彼女が人

にインパクトをもたらす活動を始める前、彼女は「自分を大

事にしよう」と確認する見つめ直しを行いました。「地域や社

会を良くする活動をしたいのなら、まず自分が良い状態でい

ないとダメです。」

 

2. 良き助言者を見つけること 
 

モントリオールコミュニティケア財団(地域の若者を教育、

応援している団体)向けのイベントで講演を行なっていた、

ラシダ・ゲッデスというライフコーチにアイシャが会った時、

アイシャは、「ラシダは、私の目標達成を手助けをしてくれ

る人だ」と思いました。今では、「ラシダは自分のキャリアプ

ランを考える手助けをしてくれています。」と、アイシャは言

っています。彼女にとって初めての助言者である兄のジェ

イミーまで遡ると、信頼のおける助言というものは、アイシ

ャの人生において長い間影響を与えて来ている存在です。

「ジェイミーは、本当に私の考え方を変える手助けをしてくれ

ました。」とアイシャは言います。ジェイミーのおかげで、彼

女は尊敬できる人たちに囲まれることで湧いてくる力を知りました。

 

3.ありのままの自分でいること


 自分を大切にすることの大切さをアイシャは確信していま

す。場合によっては、十分な心構えができていなかったとし

ても成長することは可能ですが、まずは自分の感情に向き

合うことによって着実に成長していくことがきる、アイシャは

自身の経験からそう考えています。「Born to Riseをどのよ

うに大きくし、運営していこうか、まだ模索中ですが、この活

動を通じて、私はたくさんの愛をもらいました。」とアイシャは

言います。

 

4.SNSや、リアルの場を有効活用すること
 

アイシャは、私生活も仕事でもプラスになるということから、

FacebookやInstagramを活用しています。「私はSNSを通し

てたくさんの心に響く名言に触れました。」とアイシャは言い

ます。また、アイシャもSNSを通じてさまざまな心に響く話を

広げており、それと同時に、人びとに感動を与えられそうと

いう観点で、ネット上やリアルの世界で、彼女自身の経験を

発信する場所を常に探しています。

 

5.自分が発信したいメッセージを明確にすること
 

力強く、心に響く理念の設定は、Born to Rise設立時、アイ

シャの成功に不可欠なものでした。彼女は自分のメッセー

ジに忠実であり続け、そんな彼女のメッセージに人びとは

注目しました。「自分が取り組んでいることを理解してくれ

る人たちが、自分のもとに集まり始めます。そして、その人

たちが自分の取り組みをサポートしてくれるんです。」とアイ

シャは言います。
 
参考リンク

 

尋常性白斑について

 

https://www.dermatol.or.jp/qa/qa20/

 

(原文記事執筆:サラ・フォックス 翻訳:翻訳チーム  東暁

子 文責:清田健介)

 

 

 


11才のチェンジメーカーが、同世代のチェンジメーカーに贈るアドバイス

[若者は、未来のリーダーではなく、いまの世界のリーダー

だ!] そんなことを感じさせてくれる、11才のファンドレイザ

ーをご紹介します! (清田)

https://www.we.org/stories/11-year-old-fundraiser-noemie-pound-gives-tips-on-how-to-volunteer/


                                        
11才の女の子Noémieが手がけた最初の資金募集活動

の一つは、寸劇でした。1ドルの入場料で、近所の人たち

やその家族が、Noémieと友人によって披露された創作劇

を観覧したのです。上演終了時には、オンタリオ州東部子

ども病院(CHEO)への寄付金、20ドルを集めたのです。

 

そのささやかな寄付をきっかけに、彼女はボランティアの世

界に足を踏み入れました。

 

すべては、あごの怪我でCHEOの緊急処置室に運ばれた

ところから始まりました。そこに入っている間に、Noémieは、

病気が原因で入退院を繰り替えしていた、自分と同年齢の

子どもたちと友達になりました。

 

Noémieは、お母さんが医師兼臨床研究者として、そこに勤

めていたことから、一般の人よりもその病院になじみがあり

ました。入院当時は7才でしたが、院内の子どもたちと過ご

す内に、子どもたちにつながりを感じるようになりました。入

院中も子どもたちの手助けなどをしていく中で、Noémieは、

新しい友人たちの話しを聞くだけでなく、何かアクションを起

こして、彼らの助けになりたいと思いました。「若くても変化を

起こすことができるということを知って欲しいです。」と、彼女

は主張します。「私たちがおとなにすべてを任せてしまうと、

私たちが、自分たちの未来に残したい大きなインパクトを創

り出す機会を失ってしまいます」

 

少しずつではありましたが、Noémieは、誕生日のプレゼント

の代わりに寄付をお願いするといったささやかな活動に尽力

することで、資金集めの手腕を高めていきました。その活動を

始めた年に、Noémieは、目線を何かもっと大きなことに向け始

めました。CHEOにいる子ども達のためのチャリティイベントや、

子どもたちが、病院から外出して、何か楽しめるような活動を企

画するといったようなことを始めたのです。
 
8才の頃には、Noémieは、CHEOにいる子ども達を元気づ

けようという思いを持ち、ハッピー・ハーツという活動を始め、

入札式オークションや子どもファッションショーをオタワにある

航空宇宙博物館で催しました。
 
ハッピーハーツの活動開始にあたって、Noémieは、オタワ

の街頭に出て、商店主や医師、弁護士といった専門家をイ

ベントスポンサーとして募りました。また、イベントの組織的

な運営には、友人や家族の助けも借りました。

 

現在、ハッピーハーツ単独で、2014年以来行っているイ

ベントの開催などを通じて33,000ドルを超える資金を集め

ています。その間、入院生活を送る子どもたちに、ファッシ

ョンショーのモデルとして、スポットライトを浴びてもらうとい

った体験の機会の提供も行ってきました。
 
Noémieは、年齢に問われることなくしっかりとした意識を持

ち、ボランティア活動で忙しく過ごしています。他の若者たち

にも、同じように活動を始めるように強く勧めています。「変

化を起こしたいのに、おとなになるまでおとなしくしているな

んてもったいないです!」 活動をどのように始めるかにつ

いて、彼女の言うヒントに目を通してみてください。
 
「今日からボランティア」のための、Noémieの5つのヒント
 
1.小さなことから始めよう

 

最初、Noémieは、あるときわずか1ドルで活動をスタートし

ました。彼女は、友達と寸劇をやったり、工芸品を作って売

ったり、各自の誕生日に、プレゼントの代わりに寄付を頼み

ました。「小さなアクションがきっかけになって、大きな変化に

つながっていくことがあります。考えもしなかった大きなインパ

クトになることがあります」と、Noémieは言います。「私は、一人

で資金集めを始めて、それがだんだん大きな活動になりました。」

 

2.人助けは、気分を良くするだけでなく、自分には世の中

を変える力があると気づく機会にもなる
 
CHEO、WEチャリティ(旧フリー・ザ・チルドレン・カナダ)や

ユナイテッド・ウェイ(世界各地で活動を行っている慈善団

体)のための資金を集める活動を行っていく中で、Noémie

は、自分の活動が、他の人たちに刺激を与え、一種の波

及効果を生み出すことを知りました。その波及効果には、

彼女が関心を持っている問題を解決するために必要な資

金が、資金集めを重ねていく中で増えていくといったような

ことがありました。

 

3.手助けを頼むことをためらわないこと。携わる人が多い

ほど、効果は大きくなるから。
  
Noémieが、自宅の裏庭で始めたイベントから、ハッピーハ

ーツのような大きな資金集めの活動に至るまで、彼女は、

いつも一緒にやってくれる人たちを募っています。例えば、

友人、親の持つネットワークや、近所の人たちなどです。

大勢の人が、このような支援活動にとても好意的でいて

くれています。」と、彼女は言います。

 

 4.壁が立ち塞がっても、それを乗り越えよう
 

ハッピーハーツを立ち上げる際、Noémieは、日常生活の中

で、多くのやるべきことと活動のバランスを取るのに悩み苦

しむのを自覚しました。その経験から、彼女はこうアドバイス

します。「まず、モチベーションを持続することです。本当にハ

ードで、それをやることが無理かもしれないと思える時もあり

ます。」。自身の人生において、彼女は、活動の目的に目線

を置いています。「あなたが自分の目標を達成すると、あな

たの活動は、とても意義あるものになり、やって良かったと

思えるようになるでしょう。」
 
5.ヒーローと思えるお手本を持とう

 

Noémieは、自分を支えてくれた人たち、特に、自身のお母

さんを尊敬しています。お母さんは、いつもそばにいて、活

動を支援してくれます。「母は、いつもどんなことにも答えを

持っているように見えます。皆さんの身近にも、お手本にし

たいヒーローがいることは大事だと思います。人を助けるこ

とができる人は、誰でもヒーローだと思います。」
                                   
(原文記事執筆:サラ・フォックス 翻訳:翻訳チーム 山下正隆 文責:清田健介)

 

 


「サイエンス・キッズ」たちが、社会を変えるアクションを起こす「方程式」

理科や数学に情熱を持つ子どもたちが集まるサイエンスキ

ャンプ。トロントのライアソン大学のサマーキャンプでは、子

どもたちが、科学を応用して社会を変える方法を学びました。

(清田)

 

https://www.we.org/stories/ryerson-university-uses-applied-science-to-teach-teens-social-change/

 

 

科学者が日々直面する問題を理解するため、ライアソン大

学のサイエンス・リーダーシップ・キャンプに参加した生徒た

ちは、水の濾過装置を作るようにという課題を出されました。
 

「清潔な水を確保する」という、いまの世界が実際に抱え

ている問題に対応するというシミュレーションで、キャンプ

に参加する高校生たちは、それぞれ異なる「国」のグルー

プに割り振られました。あるグループは、そのグループが

属する国の、社会的水準・経済的水準に基づき、他の(国

に属するグループよりも、多くの資材供給を受けることに

なりました。
 

「カナダ」のグループに割り振られたToufic El Basaaは「僕

たちの『国』のグループには、多くの資源と、『国』からの明

確な方針の提示がありましたが、方針の提示も無く、開発

のため資源提供が不充分な『国』のチームもありました」と

話します。
 

この活動は、現場の科学者たち大いに努力しているにもか

かわらず、多くの障壁が行く手に立ちはだかっている事を生

徒たちに示しました。そのことが、彼らに「考えるきっかけ」を

与えました。
 

Touficはこうも言います。[普段当たり前と思っていることが、

実はとても恵まれているということなんだということが分かり

ました。同時に、リーダーシップスキルやイノベーションやテ

クノロジーを活かしながら、与えられた問題に対して、斬新で

クリエイティブな対応策を見出す方法を学びました]。
 

ライアソン大学とWE(フリー・ザ・チルドレン)、が連携したこ

のキャンプでは、高校生たちに科学、技術、工学、数学と

いった科目(STEM)への興味が、どんなふうに世界の問

題に応用できるかを教えました。その狙いは、「生徒たち

の、科学への興味や関心を活かしてもらえる場を作ろう」

というものでした。ライアソン大学の「SciXchange」のディ

レクターを務めるエミリー・アンガ−ド博士によれば、科学

というのは、クリエイティブに慣れる場面があるんだという

ことを伝えたい。そうすれば、生徒たちは、自分独自の工

夫したやりかたで、この分野で業績を残したいと強く感じ

るはず」、とのことです。
 

このキャンプは、『大の科学好き』で、友人たちと議論やディ

ベートをするのが好きなTouficにとって、非常に魅力的なモ

ノでした。
 

彼にとってよかったことは、このキャンプが、科学技術分野

(STEM)に対して、どのような固定観念を持っているかにつ

いて話し合った後、地球温暖化を含む諸問題に、科学がど

う向き合うか対峙しているのかを学べるセッションがあった

ということです。
 

WEのファシリテーター、Marijke Largeにいわせると、こういった

セッションが、このキャンプの目玉です。「生徒たちは、社会や

世界への貢献に役立つ、すばらしい考えと経験を持っていまし

た。また、彼らは、探究したいと思う科学関連分野で何か新しい

ことをやろうという情熱を持っていました。」
 

このプログラムは、科学に関心を持つ子どもたちに、探究す

べき新しい道を提示しました。特に、医療分野が唯一の選択

肢と考えていた子ども達にとって目から鱗でした。生徒たちは、

科学は医療分野のみに留まらない、とてもすばらしいものであ

るということを理解して帰りました。これは、大きな変化でした。」

と、Marijkeは話しています。
 

Touficは、キャンプでの熱気そのままに、学校での活動を

進めています。今は、他の生徒と共に基金の立ち上げを

計画して活動中です。彼らは、体育館の屋根が取り替え

られる際、新しくなった屋上に、屋上温室あるいは屋上地

域農園を設置することを目指しています。

 

Touficは、さらに、 WEとの変わりを深めたいと考えていて、

別のリーダーシップ・キャンプへの参加を希望すると話して

います。彼は、「ぜひたくさんの人に参加して欲しいです」と、

言っています。Touficにとって、キャンプは、多くの良き友人を

作るとともに、これまで会ったことがなかったような、好奇心旺

盛で様々な考えに興味を持つ多くの人たちと話をする一つの

チャンスになりました。
 

サイエンス・リーダーシップ・キャンプのようなサービスラーニ

ングは、生徒たちに、本を読むのをいったん止めさせて、スク

リーン画面から目をそらさせ、代わりに、窓の外にある世界を

見させます。彼らを窓の外に連れ出すことによって、彼らは、

教室で、学んだことが、どのように世界で応用されているのか

が分かるようになります。また、「学校で勉強することが、役に

立つことなんてあるのかな?」という、よくある質問への答えを

見いだすでしょう。
 

Touficは、 WEとライアソン大学が連携したこのキャンプが、

カナダのみならず世界全体が、いっそう明るい未来を切り開

いていくために、計画を立てて、それを実行するまでの羅針

盤示してくれたことに、心を動かされました。
 

キャンプで生徒たちが学んだことは、「科学がどう応用でき

るか」という問いへの答えを超えて、「日々の生活の中でも、

学んだことを活かせる」ということでした。生徒たち自らが、そ

れをキャンプの初日に証明しました。触発された思いで、Tou

ficと数人の新しい友人たちは、ライアソン大学で提供されて

いる昼食の食べ残しをもらい、トロントの路上で、食べ物を必

要としている人たちに配ったのです。「僕たちには、着るモノも、

住むところも、食べるモノもあります。しかし、そうではない人た

ちもいます。そういう人たちを、僕たちは助けるべきです」。Tou

ficは言います。
 

他者を助けようという考えは、ライアソン大学のサイエンス・

リーダーシップ・キャンプの核となっている考えでもあります。

「このキャンプは、僕たちに、そのために何をどうすればよい

のかを教えてくれました。」 と言うTouficは、自分たちの地域

や、世界の問題に取り組むことが重要だと考えています。

「いろんなことに、受け身になるのではなく、自分たちの問

題として受け止めて、アクションを起こしていくことが大事な

んです。」

 

 

 

(原文記事執筆:サラ・フォックス 翻訳:翻訳チーム 山下正隆 文責:清田健介)

 


<<back|<12345678>|next>>