「水が出た!」ケニアの村に起こった、小さな「奇跡」

フリー・ザ・チルドレン/WEは、世界各地で、清潔な水と衛

生的な環境設備を提供しています。今回は、ケニアの村

に住む女性に、WEの事業が起こした変化をご紹介します。

(清田)

 

https://www.we.org/stories/human-interest-stories-celebrating-clean-water-on-world-water-day/

 


キプソンゴルの村に奇跡が起こったとき、マーシー・ロップは娘

を連れてその場所に急いで向かいました。
 

マーシーはドリルが地面に勢いよく入って行くのが見えるよ

う娘を抱え上げました。ドリルが引き上げた土の層はピンク

、白、黒などの色合いで、彼女たちの靴に付いているケニア

の赤土とは全く違う色をしていました。
 

エンジニアチームが地中に長いパイプを掘り下げていくにつ

れ、マーシーは近隣の村から作業を見ようと集まったたくさん

の人たちをかきわけて前に進みました。娘のトルフェナにその

瞬間を見てほしかったのです。

 

マーシーは農業を営み、3人の子どもの母親です。「作

業現場では何が行われていたのか誰も見当がつきま

せんでした。私たちにとって水と言えば川を流れている

水でした。だから、地面の中からどんなものが出てくる

のだろうと興味津々でした。」

 

これまでマーシーにとって水といえば川から汲んで来るもの

でした。子どものころから水汲みは彼女の仕事でした。水汲

みの際は川の土手を降りていき、ロバの群れや何人もの洗

濯中の女性たちの間を抜けて、家族のために20リットルの燃

料用容器を川の水でいっぱいにしました。1日5往復の水汲み

のうち最初の1回目は夜明けに出発したものでした。

 

マーシーは10代の頃、教師になるのが夢でした。村の子ど

もたちの教育水準を上げ、親の代では想像もされなかった

ような形で子どもたちの成長に貢献したいと思っていました。

しかし、延々と続けなければならない水汲みのため、勉強に

取り組むのも大変で、学校のある日には教室に着くころには

疲れ果ててしまっていました。
 

「本を読む時間なんてありませんでした。家族には水が必

要ですし。女の子にとっては、すべてが水汲み中心の生活

でした。」とマーシーは振り返ります。

 

最終試験に不合格になったとき、マーシーは自分の夢をあ

きらめました。彼女はその後すぐに結婚し、今度は自分の

家庭のために川に水を汲みに毎日通い続けました。汲ん

でくる水は相変わらず濁っており、育ち盛りの子どもたち

は腸チフスや下痢などでたびたび病院に行のかなけれ

ばなりませんでした。彼女は一人娘のトルフェナが水汲

みを任せられる年齢になるまでその仕事をがんばろうと

思っていました。
 

2015年の夏、マーシーは村の話し合いに参加しました。そ

こで、キプソンゴルの村でWEの支援によるウォータープロジェ

クトが行われることが発表されました。話を聞きに集まった

人たちは歓喜に沸きました。
 

「奇跡のようでした。家に近いところで清潔な水が手に入る

ことが子どものころからの夢でした。」

 

井戸掘りの作業が始まった日、マーシーは作業がよく見え

るよう、集まっている人たちをかきわけて前に進みました。

5日間毎日、娘のトルフェナを連れてだんだんと地中深く入

って行くパイプを見守りました。地面から水が勢いよく飛び

出してきたとき、二人は一緒に歓声をあげました。
 

「きれいな水でした!川の水みたいにしょっぱくなかったんで

す。しょっぱくない水を飲んだのはこれまでの人生で初めてでした。」
 

娘のトルフェナは外国の機械を見てびっくりしたかもしれま

せんが、マーシーはこのプロジェクトの重要性をひしと感じ

ていました。
 

「これでやっと私たちは水汲みの仕事から解放されたのです。」

 

マーシーは、これまでとは違う娘の将来を思い描きながら帰

路につきました。娘に高等教育を受けさせ、良い仕事を見つ

けて、村のために貢献していく―それはマーシー自身が叶え

たかったことです。

 

その日からマーシーは、これまで考えもしなかった可能性を

見出してきました。彼女の自宅から歩いてすぐの距離にある

清潔な水源のおかげで、時間を取り戻し、より生産性のある

活動に磨きをかけ、家族のためにより多くの収入を得るよう

になりました。彼女の畑は実りもよく、家畜の牛はたくましく

育ち、子どもたちは健康で身だしなみもよく、一番上の息子

は学校に通っています。

 

人生で初めて、マーシーはこれらすべてをまかなうことがで

きるようになりました。そして、彼女の夢は尽きることはあり

ません。いつか自分で小さなお店を開きたい、そうずっと心

に決めていました。この決心は実現されるその瞬間を静か

に待っています。

 

(原文記事執筆: Deepa Shankaran  翻訳:翻訳チーム 山本晶子  文責:清田健介)

 

 


亡き母と共に、門出の日を迎えた少女の物語

カナダのWEが行っている、ケニアでのキサルニ女子学校

への支援事業。今回は、キサルニ女子学校のグループ校

である、オレレシュワ女子中学高等学校に通った生徒のス

トーリーをご紹介します。(清田)

 

https://www.we.org/stories/we-charity-empowers-girls-through-education-in-kenya/

 

ペニナー・ムサンカが一枚の紙をにぎりしめて、家に駆け戻

ってきた日。その日から彼女の進む道は変わりました。

 

ペニナーはその手の中に、大きなチャンスをつかんでいまし

た。オレレシュワからの入学許可通知です。WE Charityで設

立されたキサルニ女子中学高等学校のうちの一つであるオ

レレシュワ。そこにはペニナーが長年密かに追い求めていた

未来がありました。

 

ペニナーの家族のようなマサイの牛飼いが、長く続く干ばつ

によって貧しく暮らすのケニア農村部のナイカラ。そこで生まれ

育つなら、家族が娘を早くお嫁にいかせるのは伝統というよりは

使命と言ってもいいかもしれません。「結婚すれば、持参金がも

らえるのです。それが村のみんなが考えていることなのです」と、

ペニナーは説明してくれました。

 

ペニナーの父親も同じように考えていたので、学校へ行き

たいというペニナーに対して、繰り返し、教育は時間の無

駄であり、お前もナイカラの他の女の子たちのように学校

を中退してしまうか、妊娠でもするだろうと言ったのです。

ペニナーがそんな道をたどらないためにも、結婚するべき

と考えていました。

 

しかし、ペニナーは結婚する以上の人生を望んでいました。

彼女の母親も同じ考えでした。

 

ペニナーの母親は、学校に通ったことはなく、最初は女性

が知識を得たとしてもできることは限られていると思ってい

ました。しかし、娘が小学校以降も学校に通い続けたいと

懇願するのに共感して、娘の側に立ち、父親の説得に力

を尽くしたのです。

 

オレレシュワへの入学にむけた戦いでした。父親が折れる

まで説得しつづけました。「行きたければ行けばいい」父親

は言いました。「だが、そのことに関して、俺は一切手を貸

す気はない。お前たちの力で勝手に行けばいいさ」

 

「お母さんだけが私のことを分かってくれていました。夢があ

って、成し遂げたいことがあると話したのです」と、ペニナー

は言いました。ジャーナリストになって、変化する世界を、ナ

イカラの人たちに伝えたいと強く思っていました。

 

 

 

学校の初日、ペニナーの母は娘を手伝い、荷物いっぱいの

トランクを引きずって、寄宿舎まで運んでくれました。翌月か

らは、一人でナイカラからペニナーを訪ねてきました。

 

「お母さんはいつも、与えられたチャンスを最大限に生かしな

さいと言ってくれました。私がすべての夢を実現できるように

と。」ペニナーは母親が毎月来てくれることを楽しみにしてい

ました。しかし、父親は一度も来ませんでしたし、何の言葉も

ありませんでした。

 

オレレシュワ女子中学高等学校の監督者であるCarolyn

Mogereは、ペニナーと同じような状況を何度も見てきてい

ました。「同じように、勉強に励みたい女の子たちはたくさ

んいますが、親御さんが伝統にこだわって考えを変えない

のです。考え方を変えられるかどうかは、私たち次第なの

です」と、Carolynは言います。

 

WE Charityで設立されたキサルニ女子学校校グループは、

ケニアのナロク郡地域において無償で平等な中等教育を提

供しています。2015年には、国立中学高等学校試験で全国

112校のうちでキサルニ女子学校の生徒は一番になりました。

Carolynは言います。今まで見てきたなかで、どの親も、子ども

たちが教育を受けることは、その子だけではなく家族、そして地

域にも恩恵をもたらすと気づくようになりました、と。

 

オレレシュワで最終学年のある日、ペニナーは訪問者がい

ると突然告げられました。先生について職員室へ向かって

いるとき、親戚か家族の知り合いが来ているのだろうと思っ

ていました。ところが、いつも母親が訪問時に座っていた椅

子でペニナーを待っていたのは、なんと父親でした。

 

ペニナーは笑って、父親を抱きしめました。それから腕を引っ

張って、学校を案内し始めました。日の当たる教室から、コン

ピューター室や食堂まで。食堂の壁には将来、医者や教師に

なった生徒たちの姿が壁に描かれていました。

 

「お父さんは、とても素晴らしい学校だと言ってくれました。

今まで見たどんなものよりも素晴らしいと。」ペニナーは言

いました。「お父さんは私が高校を卒業するだろうというこ

とを信じはじめていましたし、私を励ましてくれました。私が

学校に行くことで、お父さんも変わったのです。」

 

2016年12月31日、夜明け前に生徒たちは起きました。オ

レレシュワの26人の生徒と、姉妹校であるミリマニの26人

の生徒で寮内はざわざわしていました。全員が4年間、今

日という日を待ちこがれていたのです。

 

「みんなが『早く早く』と急かしていました。ガウンをください、

と先生にせがんでいました」ペニナーは笑って言いました。

 

生徒たちは両親、先生、地域の人たちの前で大好きな校

舎を進んでいきました。北米からも支援者たちがかけつけ

ていました。

 

「参加してくださっていたみなさんが、私たちの成功を願って

くださっていました。」ペニナーは言います。

 

卒業生にむけて、拍手と花束が送られました。一人ずつ、

前に出て卒業証書を受け取りました。

 

 

 

 

ついに、ペニナーの番が来ました。少しためらって、参列者

の中に父親の姿を探しました。父親を見つけたとき、2人は

お互いに幸せと誇りに満ちた顔を見合わせました。しかし、

そこには悲しみもありました。父親の隣が、空席だったからです。

 

ペニナーの母親は卒業式の数ヶ月前に亡くなっていまし

た。

 

「お母さんだけが、本当に私が夢を実現できると信じてくれ

ていました。それに、私が卒業した日、その日こそお母さん

の夢、長女を学校に行かせるという夢が叶った日でもあっ

たのです。」とペニナーは言います。

 

人ごみの中に父親を探し、キャップとガウンを身につけ、オ

レレシュワ女子中等高等学校の最初の卒業生として立って

いるペニナーは微笑んでいました。そして、自分が教育を受

けたことで、4人の妹たちもまた学校に通うことになるだろうと

自信をもっていました。

 

父親がペニナーの元にかけよって、抱きしめたとき、父親の言葉に

母親の存在を感じました。

 

「進み続けるんだ」ペニナーの夢に対して、父親がアドバイ

スをしました。「一生懸命やって、絶対に諦めるんじゃない。」

 

(原文記事執筆: Deepa Shankaran  翻訳:翻訳チーム  北澤麻紀 文責:清田健介)

 

 


二人の姉妹から学ぶ、若きチェンジメーカーをおとながサポートする方法とは?

今年、カナダのWEの支援事業によって、ケニアに新たに開
校した、「ネグロット男子学校」。学校開校のきっかけを作っ

た若きチェンジメーカー、ミッチ・クリウォヴィチについては、

先月ブログでご紹介しました。今回は、ミッチを支えるご家

族へのインタビューをお届けします!(清田)

https://www.we.org/stories/how-to-raise-kind-and-conscious-child/

 

子どもの頃のミッチミッチ・クリウォィヴチの、「なぜ」という問

いは、単純な言葉のあやのレベルを越えていました。まず、

母親は、息子の問いにどう答えればいいか困りました。それ

は、「地域や世界にいる人たちが、なぜ苦しんでいるの?困

っている人を助けるのは誰なの?」そして、これが一番難し

いと思いますが、「僕や、僕たち家族が、世界の問題を解決

できないのはどうしてなの?誰もやらないなら僕たちでやれ

ば良いんじゃないの?」、というものでした。
 

リンダ・クリウォイヴチは、息子の壮大な問いのどれにも答え

を持っていませんでした。しかし、彼女には、自分の目標に向

かって突き進む家族を、応援してきた経験がありました。つま

り、彼女は、答えを見つけ、目標を達成する方法を心得ていた

のです。
リンダの、人を支えてきた経験の記憶は、リンダがまだ幼かっ

た頃にまでさかのぼります。彼女とその姉、ミシェル・ダグラス

が、まだほんの子供だった時でした。二人は、ガールスカウト

プログラムに参加しました。二人の母親ロレッタは、ボランティ

アリーダーとして、隊員の子どもたちを支えていました「私にと

って、初めてのボランティア体験のようなものでした」と、リンダ

は回想しています。
 

リンダにとって、ガールスカウトでの活動は、バッジをもらえ

る以上の意味を持っていました。、リンダと姉ミシェルは、目

標達成を目指して活動に励みました。リンダは、幼いながら、

人と共に何かをやり遂げることの大切さを、ガールスカウトを

通じて学んだといいます。
 

ガールスカウトのように、家族みんなで事に当たるということ

は、お母さんから触発された伝統でしたと、リンダは言います。

大きくなるにつれて、リンダとミシェルは、それぞれ自分自身の

もつ情熱に向かう道を歩むことになりましたが、二人は、いつも

一緒でした。
 

二人の姉妹は、それぞれユニークなやり方で、人を助ける

活動を続けていくことになります。
 

姉ミシェルの場合、始めたのは高校卒業後です。カールトン

大学の学生として政治学・法学を学んでいる時期に、大事だ

と思ったことのために立ち上がり、世の中を変えてきた人たち

について学び、自分も世の中を変えていくために立ち上がりた

いという、自分の内なる声に気づいたことを覚えています。
 

いつものように、彼女を支えたのは、妹のリンダでした。リ

ンダは自分の家族を、お互いに受け入れ、硬い絆で結ばれている表現しています。
 

リンダの場合、世界を変えるためにアクションを起こすとい

うことに強い興味をいだいたのは、母親になってからでした。

聞きたがり屋の息子と息子の問いから生まれた課題というこ

とで、リンダは、息子の好奇心をうまく先導する機会を作り出

しつつ、自分ももっと学びたいという気にさせられました。


ミッチには、問題を目にした時、現状をそのままにしておく

という選択肢は全くありませんでした。「子どもはおとなより、

現状を受け入れるということに、抵抗感を持っているように思

います。それは、おとなから見ると、危なっかしさを感じる部分

もありますが、そんな子どもの純真さがおとなを熱くするのです

。」と、リンダは言います
 

リンダは、彼女の息子ミッチに芽生えている社会問題へ

の関心を更に深めさたいと考え、 WE Charity(旧フリー・

ザ・チルドレンカナダ)の理事を務めていた、姉のミシェル

を頼りました。ミッチが9歳の時、リンダは3人でケニアに

飛びました。地球に住む一員として生きていくとはどうい

うことなのかを体感するために、WEのスタディーツアーに

参加したのです。
 

 

 

これは、彼らにとって、次の10年の生き方を方向付けるこ

とになったと思います。未来に向けたアクションを起こすき

っかけを見つけるこの旅から、ミッチは、ケニアでの男子校

建設を目指すプロジェクト・ジェンガに打ち込むようになった

のです。リンダとミシェルも、ミッチを支えるために、未知なる

世界へ飛び込もうとしていました。三人は、ケニアでの男子校

建設という、航海に向かいだしたのです。
 

「本当にお母さんのお陰で、普段の自分が暮らす世界とは

違った場所に生きる人達がいる、違う世界を見ることができ

ました。そんな世界を見せてくれたことにとても感謝していま

す。そのことは、本当に、自分の生き方を変え、また、新しい

考え方を与えてくれました。」と、ミッチは、WEとのインタビュ

ーで私たちに話してくれました。
 

航海の船上では、ミッチが船長でしたが、母親リンダも同乗

し、多くの人にプロジェクトへの支援を呼びかけました。「私

は、多くの人達がこのプロジェクトに関わりたいと思うだろう

と確信していました。そういう人達は、私が声を上げて、『み

なさーん、ぜひ協力して下さい!!』と声高に叫ぶ姿が良く

見えていたことでしょう。私が、いつも何か頼みたがっている

ということを、その人達は知っていますからね」と、リンダは笑

いながら言います。
 リンダの努力は報われました。彼女はミッチのプロジェクト

を支える多くの家族や個人のネットワークを作り上げました。

プロジェクトの規模が大きくなると、リンダが築いたネットワー

クは、ミッチの家族が、ケニアでの学校開校のための資金集

めで、100万ドルという高額な資金を集める際にも、とても大

きな助けとなりました。
 

叔母のミシェルも、WEがミッチの目標達成に向けてどんなサポートができるか、目標達成のためにやるべき事は何

かについて、ミッチに説明し、アドバイスしてきました。「何年にもわたって、ミシェルは、いつも私たちのイベントに参

加し、そのたびにたくさんの人々を連れてきて、本当にチームの助けになってくれました」と、ミッチは感慨深げに語

ります。
 

プロジェクト・ジェンガは時に厳しい時期に直面したこともあ

り、プロジェクトのための資金集めは、ほとんど不可能かと

思えました。でも、ミッチ、リンダ、ミシェルは、その過程で、

一家として結束を保ち、ますます緊密になっていきました。

 「私たちの結束は、世界にとって良いことをしているのだ

という意識の共有と、共にこのプロジェクトに取り組んでき

たことを通じて、年々深まりましたと」ミッチは強調します。
 

男子校での授業は、1月12日に始まりました。子どもの時、

初めて思いついたミッチの夢は、ケニア農村部に暮らす青少

年たちが、新たな機会をつかむ一つの好機になりました。
 

「私がミッチから学んだことは、ただ様子を見ているだけ

でも、自分と同年代や年長の人達からだけでなく、もっと

若い人達からも、たくさんのことを学ぶことができるという

ことです」と、ミシェルは言います。
 

 カナダ人のチェンジメーカー、リンダとミシェルは、ミッチが

頼りにする2本柱です。2人に共通する、変化を起こしたいと

いう意欲、達成しようという決意や関わろうという熱意から学

ぶことで、ミッチは2人と自分の成功を共有し、リンダとミシェ

ルもミッチの成功を共に味わったのです。
 

皆さんの家族の中に芽生えたチェンジメーカーが、その目

標を達成するには、どう支援するべきかということをもっと

知るには、以下に目を通してみて下さい
 

 問題意識を持った子供を育てるための、リンダとミシェル

の5つのヒント。
 

1.問題意識を持つための教材は、日々の生活の中にある
 

 「ミッチが幼い頃は、何か不都合なことがあれば、私たち

は悪いところを正したり、日常生活の中での事例を引き合

いに、人々をどう助けるかをミッチに教えました。食品の買

い物をしている時でも、保存食品や加工食品の寄付を募る

運動のためのバッグがあれば、私たちは、いつもそのバッ

グを一杯にするようにし、事情を説明するようにしました。

結局、何もしないよりはましですから」と、リンダは言いま

す。
 

2.脇役に徹する。
 

リンダは、息子に自分自身のプロジェクトに関する指揮権

を持たせました。「私が自分の役割として望んだのは、息子

にはっぱをかける存在でいるということです。プロジェクトの

主役は息子であり、私は、脇役に過ぎないのです。私は、支

援することに喜びを感じています。」
 

3.地域を巻き込む
 

地元オタワでのネットワークの支援がなければ、ミッチの

プロジェクトは実現不可能だったでしょう。[彼らは、プロジ

ェクト成功の主因でした]と、リンダは述べます。彼らはみ

んな、地元内外の人たちに、プロジェクトへの支援を呼び

かけてくれました。プロジェクト・ジェンガはみんなの努力

の結集でした。リンダは、プロジェクトについて知らせるよ

う呼びかけたり、プロジェクトの資金集めのためのイベント

の開催を、地域の子どもたちの親御さんにお願いしたりし

ました。ミシェルは、WE Charityを通じて賛同者を募りました。
 

4.粘り強く継続する。
 

プロジェクト・ジェンガが、校舎一棟の改修から新しく何棟

かの校舎を建てるという方向に変わると、資金集めの目

標額は、25万ドルから100万ドルになりました。こうなっ

ても、みんなはあきらめませんでした。みんなは、さらに

熱心に活動しました。「私たちは、活動を始めた際には、

何をするのかという特段のアイデアは持ち合わせていま

せんでした。振り返ってみると、それは実に大仕事でした

が、それに注いだ時間を上回る価値があった」ということ

が分かります。」
 

5.できることを、できるところで、できる時にやる。
 

 ミシェルは、こう言っています。「皆さんは、アクションを起

こそうとして、世界中を回る必要はありませんし、若いうちに

始めなければ、ということもありません。活動している人達の

中には、遅咲きの人もいます。あなたの周りで何かを変える

運動に加わろうと決心するのに遅すぎることは、決してありま

せん」。これにリンダが、次のように付け加えます。「皆さんが

、異なる社会、つまり自分たちの外の社会に出ていくことで、

本当に多様な視点が得られます。」
  
参考リンク

 

ミッチ・クリウォヴィチを紹介した過去の記事
http://ftcj.jugem.jp/?eid=1672

 

http://ftcj.jugem.jp/?eid=1636

 
(原文記事執筆:サラ・フォックス  翻訳:翻訳チーム 山
下正隆  文責:清田健介)


<<back|<12345678>|next>>