「分断するのではなく、共に一つになろう!」:マンチェスターから世界へのメッセージ

五月にイギリスのマンチェスターのコンサート会場で発生し

た、爆発物事件。悲劇に襲われたマンチェスターの人たち

が、その時に世界に発信したメッセージは、「共に一つにな

ろう」でした。(清田)

 

https://www.we.org/stories/young-people-respond-to-manchester-arena-attack/

 

マンチェスター中部で起こった、アリアナ・グランデのコンサ

ートでの爆発物事件。多くの人が大変な思いをし、悲しみに

包まれました。しかし、事件発生の直後から、マンチェスター

の人々は、自分よりも他者を思う深い思いやりの心で、勇敢

で献身的なアクションを起こすことで、まさにマンチェスター人

らしさを見せました。その後数日のうちに、イギリス中と世界中

の人がマンチェスターとの連携を表明しました。

 

寝る場所を提供したり、誰かを安全に乗せていってあげた

り、SNSで支援を表明することなど、あまりにも多くを失った

マンチェスターに対して、少しでも助けになりたいと思った人

たちが、何かできることをしようとしていました。

 

22人が亡くなり、たくさんの人が重傷を負いました。多くの

若者が犠牲となりました。この悲劇に対して、イギリスでも

、世界中でも、老若男女問わず多くの人が立ち上がり、メ

ッセージを送ろうとしてiました。それは社会を分断しようと

いうのではなく、共にひとつになろう、というものでした。

 

マンチェスターに捧げられた行動のうち、とても感動するも

のをいくつかご紹介します。

 

世界中の若者がSNS上で連携を表明。

 


 

〈写真〉Twitterユーザーたちの声

 

MollyKate Cline
コンサートやイベントに行くことをやめてはいけないと思う。

事件の実行犯の目的は、私たちを恐怖に陥れることだから。

 

Julian C. Green
事件は悲惨だった。だけど、マンチェスターの人たちの反応

はとても心暖まるものだった。控えめに言ったとしてもね。


若者がSNSにはけ口を求めるなかで、その感情はさまざま

に変わっていきました。絶望感、混乱に対する恐れ、無力感

、悲嘆など。しかし、そんな中でも立ち直りの早さと強さを見

せました。今回の暴力は若者に対する攻撃でした。人生を謳

歌するために集まってきていた、十代の青少年、LGBTの若者

やその友人たちが楽しめる安全な場所に対する攻撃でした。そ

れに対して若者は強さで反応しました。どの投稿にも「いいね

!」をして、シェアをすることで、あきらめないという意志を示し

ました。

 

訳注
 

(LGBT:レズビアン(L)・ゲイ(G)・バイセクシュアル(B)・トラン

スジェンダー(T) の頭文字をとったもので、多様な性のあり

方の総称のこと)

 

 

 

 

〈写真〉Twitterユーザーたちの声
Fiona Art

 

もしマンチェスター(#Manchester)での事件がトラウマを思い

出させるんだったら、ニュースやTwitterを見なくても良い。

#selfcare #PTSD

Kate
この悲惨な事件で気持ちをかき乱されている人がいたら、

誰にでもいいからその気持ちを話してください。

#Manchester #ManchesterBombing #StandTogether

#MentalHealth

誰かに話しましょうー友達や家族に。
サマリタンズに電話しましょう)
訳注

(サマリタンズ:1953年に創設された、困難を抱えて自

殺を考えている人の相談を受ける慈善団体)
 

あるいはウェブサイトにある危機管理についてのページをみ

てください


***もし、危機に面しているなら***
 

1.  家庭医に緊急のアポイントメントを取りましょう。それ

か診療時間外サービス担当に相談しましょう。
 

2.  こころ健康の担当者に電話しましょう。
 

3.  111に電話をしましょう。それか地域病院の緊急事故

対応課へ行きましょう。

 

SNS上では今回のような悲劇に直面する際の、自分のここ

ろのケアーの大切さを伝える人もいます。トラウマやPTSD

抱えている人に対して、助けを求めるようにと促しています。

助けを求める、こころの健康に関する窓口を伝えるだけでは

なく自分の個人的な経験も伝えています。相談窓口などの情

報を伝えるだけでなく、自分の話もすることで、こころの健康問

題に立ち向かう人たちに、「あなたたちは一人じゃない」という

メッセージを送っています。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

 

音楽学校の学生が即興の演奏会を実施。マンチェスター

出身のロックバンド、オアシスの"Don’t Look Back in An

ger”を演奏。

 

 


〈写真〉Twitterユーザーたちの声

 

Girl's House

今日はみんなが立ち止まったわ。こんなにも自分の学校を

誇らしく思ったことはないわ。

 

Carole
@Chethams 悲しみに沈むマンチェスターに一筋の光が!

 

Ryan McHugh
@Chethams 素晴らしい。涙をそそられたよ。みんな素晴

らしかった。

 

Christopher N Hobson
@Chethams #yes #ProudtobeaMANC

15年前の卒業生です。泣けました。

 

マンチェスター・アリーナから徒歩2分の距離にあるチャタ

ム音楽学校は、警察の警戒線の内側から心動かされるメ

ッセージを発信しました。ピアノとバイオリンの伴奏で、「学

校として、マンチェスターにエールを送り、未来への希望を

示すために」演奏をしました。

 

その希望は、演奏の動画から垣間見えるでしょう。。

 
あるマンチェスター人の気迫のこもったインタビューが街中

の人の心をとらえた。彼は献血後にこのインタビューを受け

た。インタビューの動画は13万回以上も再生されている。

<ビデオ>

「マンチェスターは、人が支えあって活きている街です。誰を

信じているかとか、どこの出身か僕には関係ありません。マ

ンチェスターはみんなのものなんです。今必要なのはみんな

が再び結束すること、お互い支え合うことなのです。攻撃をし

た人たちは、わたしたちが互いを信じなくなるようにしたいの

です。だけどそれはありえません。マンチェスターではそんな

ことは起こりません」
 

このインタビューの反響で、献血所には多数の列ができま

した。何かをしたい、必要としている人を助けたいというマ

ンチェスターの人々が並んだのです。

 

マンチェスターの人々へ、愛をこめて。ミツバチの大群。
 


 

1842年からミツバチはマンチェスターのシンボルでした。地

球儀のまわりを回っているハチが新しい紋章の一部になっ

たのです。ミツバチの勤勉さや常に一緒にいる姿などが、産

業革命の中核地としてにぎわっているマンチェスターの人々

に訴えかけるものがあったようです。現在では連携を表すも

のとして、タトゥーや芸術品やSNSでの写真などで、ミツバチ

が街中にあふれているのをみることができます。

 

タトゥーアーティストのサム・バーバーはミツバチのタトゥーを

彫った収益すべてを犠牲者の家族に寄付しはじめました。こ

のアイデアはすぐにイギリス中に広まり、この事件で15歳だっ

た娘のオリビアを亡くしたシャーロット・キャンベルは、ミツバチ

のタトゥーを胸の上に入れました。マンチェスター選出のである

ジョナサン・レイノルズ庶民院議員は、腕にミツバチのタトゥーを入れました。

参考リンク

チャタム音楽学校による演奏会の映像

https://www.facebook.com/amber.jordan.121/videos/vb.750373569/10155621263673570/?type=2&theater


献血を行った男性へのインタビューの動画
https://www.youtube.com/watch?v=YWEr-nmhT9g

 

(原文記事執筆: ジェシー・ミンツ  翻訳:翻訳チーム  北澤麻紀 文責:清田健介)

 

 

 

 

 


あまり語られることのない、「もう一つの難民問題」

クレイグとマークのコラムの紹介です。

 

https://www.we.org/we-schools/columns/global-voices/rising-tides-worlds-next-refugee-crisis/

 

夜の暗闇に包まれたニューヨークのブルックリンストリートは、

ハリケーン・サンディの直撃を受け、洪水の被害を受けました。

このような状況の中で、リズべス・ルセロは、自宅のアパートで、

必死に祈りを捧げていた、母親の姿を見ていました。

 

その後の数週間、リズベルの家庭では電気を使えない状

態が続きました。その期間は、76万件もの世帯が、自宅を

離れた生活を余儀なくされました。

 

街の教会は、冷え込む夜でも眠れるようにと、毛布を提供

していました。リズベルの家族たちは、屋台トラックから寄

付されたホットドッグや、エルサルバドル料理のププサを食

べ、空腹をしのいでいました。自宅の電気が復旧しない状

態のまま学校が再開されました。担任の先生の計らいで、

学校でシャワーを浴びさせてもらっていました。

 

リズベルは、助けを必要としている自分の現状に落ち込み、

恥ずかしさを感じていました。

 

リズベルのような経験をした人たちの話を聞くと、リズベル

のように、一時的に苦難を強いられた人たちはもちろんの

こと、同じような異常気象が原因で国を追われている「気候

変動難民」の人たちに対しても、思いを寄せずにはいられません。

 

今年のアースデイには、大勢の科学者や環境活動家たち

が、世界600カ所以上の街角を埋め尽くしました。デモ行進

は全大陸(あの南極大陸も含め!) で行われました。テレビ

番組の司会者でもある科学者のビル・ナイは、雨が降るワ

シントンで行われた、デモの参加者たちに対して、「私たち

は、今日、世界中の人々に対して、気候変動解決のため

に科学の果たす役割の重要性を訴えるために、ここに集

っています」と語りかけました。

 

「地球のために行動を!」というのが、デモのテーマの中核

だった訳ですが、気候変動は、人々の生活にも大きな影響

を与えます。専門家は、気候変動は、人々の安全保障を脅

かす最も重大な脅威で、気候変動によって家を追われると

いう事態は、世界でやがて常態化していくだろうと指摘して

います。

 

人類によって引き起こされた気候変動で、この惑星は暖ま

り続けています。海面は上昇し、竜巻はより強力になり、洪

水はより強い暴力性を伴うモノとなり、甚大な被害をもたら

します。このように気候が変化していく中で、最も危険な脅

威にさらされているのは、この世界で最も弱い立場にいる

人たちなのです。そのような人たちこそが、地球温暖化の

「人類としての被害者」です。

 

アースデイには、二酸化炭素削減や、森林伐採禁止や、サ

ンゴ礁の保護などが話題の中心となっていた中、別の側面

から、行動の重要性を指摘する声もありました。ポリネシア

の島国のツバルが、このままだと海中に沈んでしまうという

訴えのほか、河食によって、毎年20万軒の家が失われてい

るというバングラデシュの現状などを踏まえ、行動を起こす

ことの重要性を訴える声が挙がりました。

 

気候変動の問題は複雑であるが故に、簡単な解決策とい

うのは存在しません。しかし、ほとんどの気候変動の問題

における最善策は、問題を引き起こさないようにするため

に予防策を講じることです。森林再生などを進め、荒れ果

てた土地の再生を進めたり、低地の沿岸地域で淡水化を

進めていけば、変化にも対応できる状況を整えていくこと

ができます。

 

その他に必要なことは、気候変動が原因で国や土地を追

われた人たちを、法的に保護できるようにするための対策

の整備です。

国連の難民条約は、迫害を受けた人たちにしか適用されま

せん。海面の上昇や、砂漠化によって故郷を奪われた人た

ちは、法的な保護が受けられる対象者にはなっていません。

つまり、気候変動が原因で難民となった人たちを、多くの国が

難民として受け入れておらず、亡命することもできない状態な

のです。専門家の中には、2020年に気候変動難民の数は5千

万人になり、2050年には、1億5千万人になると指摘している人

もいます。

 

ハリケーン・サンディの後、リズベルは気候変動の分野の

市民運動に関わるようになります。2014年にマンハッタン

で行われ、30万人が参加した気候変動デモ「ピープルズ

・クライメイト・マーチ」への参加を、地元の人たちに呼びか

けました。そして、リズベルは、環境に優しく、災害に強い街

づくりを目指す団体「Red Hook Initiative 」のリーダーとなっ

たのです。

ハリケーン・サンディでの壮絶な経験をバネにして、リズベ

ルは、自らのメキシコ系移民の家庭の中で、初めての高卒

者となりました。

 

現在、コーネル大学で開発社会学を学ぶリズベルは、「ど

んなに弱い立場にいる人も取り残されることのない世界を

つくりたい」という熱い想いを持って、希望ある未来へと歩

んでいます。

 

参考リンク

 

世界各地で行われた、アースデイのデモ

 

https://www.cnn.co.jp/world/35100195.html

 

南極のデモの様子(英語)

 

https://twitter.com/AWI_de/status/855726383158480897/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwgntv.com%2F2017%2F04%2F22%2Fthe-march-for-science-spreads-to-antarctica-and-the-arctic-circle%2F

 

気候変動難民

 

http://www.nikkei-science.com/page/magazine/1104/201104_090.html

 

進む地球の温暖化

 

http://www.bbc.com/japanese/38673337

 

ツバルの現状

 

http://www.foejapan.org/climate/justice/voice_tv.html
 

バングラデシュの現状

http://www.jiid.or.jp/files/04public/02ardec/ardec42/key_note6.htm

 

難民条約について
 

http://www.unhcr.org/jp/refugee-treaty

 

2050年には、気候変動難民の数が1億5千万人になると

指摘する専門家(英語)

 

https://www.theguardian.com/environment/2009/nov/03/global-warming-climate-refugees

 

気候変動デモ「ピープルズ・クライメイト・マーチ」について

 

http://www.huffingtonpost.jp/2014/09/21/hundreds-of-thousands-turn-out-for-peoples-climate-march_n_5859202.html

 

 

河食によって、毎年20万軒の家が失われてい
るバングラデシュ

 

 


科学者や研究者たちに伝えたい、「ブランド力」改善のススメ

クレイグとマークのコラムの紹介です。

https://www.we.org/we-schools/columns/global-voices/science-needs-rebrand-closing-gap/

 

学問としての科学に必要なモノには、データーに数値、

究結果や考察などがあります。では、他に必要なモノはな

んでしょうか?私たちは、今の科学は、一般の人々に強く

PRするために、「ブランド力」の再構築が必要ではないか

と考えています。

 

ピュー研究所が最近行った世論調査によると、大多数の人

たち(79パーセント)が、科学は重要だと考えている一方で、
ワクチンから原発の問題に至るまで、科学者たちのあらゆ

る見解に対して、懐疑的に見ている人達が一定数いること

も明らかになりました。

 

科学者たちの見解と、一般の人達との理解に、溝ができて

しまっているということは、厄介な問題です。科学的知見が

正しく広まっていないことで深刻となっている問題の代表例

が、気候変動です。気候変動に関する問題意識が共有され

ていないために、国際社会が気候変動の問題に、一致団結

して取り組むということが、未だにできていないのです。この

ことから分かることは、科学者たちが問題に対して解明を進

めていっても、一般の人たちの理解は、勝手に科学者たちに

追い付いていくという訳ではないということです。科学者たち

の理解が深まっても、一般の人たちにとっては関係の無いこ

とになっているというのが、実情なのです。

 

私たちの世界観は、「客観性のある証拠(エヴィデンス)より

も、私たち自身の文化や過去の経験によって形成されてい

きます。これは「文化的認知」と呼ばれているモノです。この

認知論によって、98パーセントの科学者が進化論に同意し

ているにも関わらず、北米で三割もの人々が「人間は一気

に創生された存在」だと信じているという事態も、決して不

可解なモノではないということが分かります。

 

今言ったことを分かりやすくまとめると、「友達の意見は、学

者の小難しい見解に勝る」といったところでしょうか。しかし、

この状況は、科学者たちが、一般の人たちへの発信方法を

変えることで改善する可能性があります。つまり、科学者の

話でも、やり方次第で、友達の話と同じように、身近に感じら

れるものになるかもしれないのです。

新たな事実を解明していくとの同じぐらい、情報発信をして

いくのも重要なことです。そういった意味でも、科学者や研

究者たちの世界で、多様性を促進していくことはとても重要

だと考えます。「白髪のおじさんが、難しい専門用語を使っ

て話している」という、科学者に対して一般の人たちが持っ

ている固定観念を、壊していくことが、とても重要だと私たち

は考えているのです。大学の講義室、テレビや映画で見る

学者の姿が、「一般の社会の人たちとも変わらない姿で、同

じように社会生活を送っているのだな」という風に思われるよ

うな努力をするべきだと思います。

 

科学の情報を社会に向けて発信する際は、大衆文化を活

用する必要もあると思います。ヒップホップアーティストのG

ZAが、ニューヨーク中の公立学校を訪れ、生徒たちに、理

科に関するラップを作ろうと促した時、生徒たちは、実験室

で実験をする時よりも、真剣に理科に取り組んでいました。
 

ちなみに、私たちの今回の主張には、科学的な裏付けもあ

ります。

 

イェール大学が行った文化的認知の最新の研究によると、

科学的な好奇心に基づいた探求と、自分と意見を異にする

理論を論破することを目指した探求には、大きな違いが見ら

れるそうです。知識を持った科学者や研究者は、自分の理論

を証明するために、エヴィデンスを選定しようとするのに対し

て、科学的な好奇心で探求をしている人は、相違する見解や

理論に対して、寛容な態度を示すことが研究で明らかとなっ

ています。

 

このような現状を改善することが、科学界と、一般社会の

間にある溝を埋める第一歩です。

 

「科学界は、探求の場から、理論を論破する場へと変容し

てきたように思います。]サイエンスコミュニケーション会社

[Beakerhead]のCEO、Mary Anne Moserは語ります。「科学

界は、論破することを重視しすぎずに、より包括的になって

いくためにも、必ずしも『正しくない考え』に対して、寛容にな

っていく必要があると思います。科学界も、一般社会と同じ

で、いつでも正しくあることはできませんからね。」

 

今年のアースデイには、トランプ政権の科学予算削減に対

して、科学者たちが抗議活動を行いました。声を挙げること

自体は必要なことではありますが、普段は研究所に閉じこ

もっている人たちが、政治的な問題の時には、一致団結し

て、街角に繰り出しているという光景を見ると、余計に科学

者を敬遠してしまう人も出てくるのではないかと、私たちは

懸念しています。

 

政治的な運動も重要ですが、科学者や研究者のみなさん

には、やはり、私たちの好奇心を刺激して下さるような存

在であって欲しいと思っています。

 

巨大広告代理店「レオ・ブルネット」のスウィナンドCEOは、

科学者は、社会運動や広告業界から、多くのことを学ぶこ

とができると言います。

 

「科学者たちの知能指数が、心の知能指数と合わさったら、

ぜったいに魔法を起こせます。データーや知見に、科学者た

ちによって人の心が宿れば、多くの人にそれを伝えることが

できるでしょう。」(スウィナンドCEO)

 

少しの好奇心と、芸術性、そして感情を持ち合わすことがで

きれば、科学の「ブランド力」も向上し、一般社会にも自然と

溶け込んでいくようになるはずです。
 

参考リンク

ピュー研究所が行った世論調査:科学者と一般市民の認

識の溝
 

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20150204/434335/

 

アメリカ社会などで根強く残る、「気候変動否定論」の実態
 

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/8730/

 

理科に関するラップの創作に取り組む生徒たち(英語)
 

https://www.youtube.com/watch?v=A625NoL9Pps

 

イェール大学の文化的認知論の研究(英語)
 

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/pops.12396/abstract

 

科学者たちが行った、トランプ政権への抗議活動
 

http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/23/march-for-science_n_16187010.html

 

科学への好奇心は、科学者だけのモノではありません

 


<<back|<12345678>|next>>