テイクアクションキャンプ2016春を開催しました!


こんにちは!
フリー・ザ・チルドレン・ジャパン、ファシリテーターです^^

5月3日〜5日、東京都世田谷区の野毛青少年交流センターにて、テイクアクションキャンプを行いました!
テイクアクションキャンプは、子どもや若者を対象にした合宿型リーダーシップトレーニング・プログラムです。
子ども達自身が、「子どもには世界を変える力が無い」という考えからFree(解放)され、子どもや若者が社会問題や国際協力活動に取組むためのやる気とスキルを習得できるようなプログラムです。

今回は、19名の小学生〜高校生が参加してくれました!

キャンプには、毎日テーマがあります。

1日目 「自分を知ろう!」
自分自身がどんな殻にこもってしまっているのか、自分がどうしている時が心地よいのか・逆に心地悪いのか、など自分を見つめなおすワークショップを中心に行いました。





2日目 「世界を知って、自分のアクションを考えよう!」
朝は熊本地震を受け、熊本の方々へのメッセージを書きました。

みんな真剣に話合って、ひとりひとり想いを綴ってくれました。
責任を持って、熊本にお届けします!

そのあとはワークショップ尽くめです!
国の格差など広い問題から、水問題・医療格差・いじめなど特定の問題まで、学び・ディスカッションを行いました。


(貿易ゲーム)


(医療の格差問題を考える)


(水問題を考える)

 

(食糧問題を考える)

また、スタッフからのレクチャータイムでは、
代表の中島からは、実際にであった子ども達の話を含め、日本にいる私たちとの関係について、
また、1歳の頃全盲となった石田からは、障害と共に生きる生活の方法、視覚障碍者のサポートの仕方などを話しました。




その後は、実際に目が見えない状態で夕食を食べることに挑戦しました。
レクチャーで教わった「お皿の探し方」など、参加者は早速実施していました。



3日目 「パッション・想いを伝えよう!」
自分の才能・特技・好きな事を使って、関心のある問題に起こすアクションを考えます。
1人ではなかなか見つけるのが難しくても、一緒に過ごした仲間たちがアイディアをくれたりと、
全員がアクションを見つける事が出来ました^^
具体的にプランを立て、スピーチの練習をして、全員の前でひとりひとり発表をしました!
皆とても堂々としたスピーチ!
そして、どれも本当に素晴らしいアクションでした!


(参加者とファシリテーター達)


(5月5日にスタートした、ストップ!児童労働キャンペーンに早速参加しました!)

キャンプは、参加者にとってスタートです!
19人のアクションが、周りの人達を動かし、さらに大きなアクションへと繋がります。

Be the Change!


そして!テイクアクションキャンプは、夏にも開催します!
カナダ開催! → 7月23日〜8月8日 or 7月30日〜8月8日 詳細はこちら
千葉県開催! → 8月16日〜19日 ※詳細は後日公開!

次にアクションの一歩を踏むのは皆さんです!
もちろん、以前に参加された方も大歓迎!

皆さんの参加をお待ちしております!

Together we can change the world!






 

テイクアクションキャンプはじまりました!

今日からテイクアクションキャンプinジャパンがはじまりました!



ゴールデンウィークにキャンプを開催するのは今年がはじめてで、参加者が集まってくれるかドキドキしていましたが、小学生から高校生まで19名の参加者が、大阪、岡山、群馬、栃木、神奈川、千葉、埼玉、東京と各地から集まってくれました!



今日からの2泊3日の間で、様々なワークショップを通じて世界の問題を知り、そして自分に何ができるかを考えていきます。最終日に参加者のみんながどんな発見をし、そしてどんなアクションを考えるのかが、楽しみです♪素敵なキャンプになりますように!



【スタディーツアー:フィリピン】ツアー5・6日目!

こんにちわ!フリーザチルドレンジャパン事務局です。

先日実施したフィリピンスタディツアー報告の第3弾!

第1・2弾をまだ読んでない場合は、先に下の2つから♪
★第1弾 1・2日目について こちら
★第2弾 3・4日目について こちら

第3弾の今回は5・6日目についてです!

◆5日目
朝ごはんは、Adovo Caféという、フェアトレードカフェで頂きました。
ここは、少数民族の農業支援を行っている団体が運営しており、
食事だけでなく、フェアトレードのコーヒーやココナッツシュガーなどの食品や工芸品も購入する事が出来ます。




 
(bungas=サバヒー セット)

午前中は、ここまでの振り返りを行いました。
それぞれがお世話になったホームステイ先のお家はどんなだったか、
施設の女の子・男の子達との交流を通じて何を思ったか、
等を共有し合いました。
 
 
お昼後、ナボタスのスラム地域に訪問です。
着くと、奨学金支援をしている子ども達が、横断幕を作って待っていてくれました!
大歓迎をされながら、教会の中に入り、歓迎会を開いてくれました。
 

 
(ダンスを踊ってくれました)


(交流ゲーム)
 
その後、スラム内のツアーをして、ぐるっと全体を歩いて回りました。


教会での歓迎会の最中、突然の豪雨がありましたが、ツアーの際には運よく雨は上がっていました。
しかし、地面が池のように水浸しになっていたため、通れない道などが沢山あり、
また、汚水が混ざりゴミが流れ、とても不衛生な状態でした。
この場所の雨季の生活はさらに大変なことが想像できました。


 
家庭訪問も行いました。
スタッフが訪問した家庭は、子ども4人にお母さんで、お父さんは仕事が忙しく週に1回帰って来られるか、とのことです。


お母さんがとても誇らしげに子ども達が学校でもらった賞状やメダルを見せてくれました。


お母さんも英語を話すことは出来ましたが、子ども達は本当に流暢に英語を話しています。
学校では国語の授業以外は、英語で行っているとのことでした。

家の中には、シャワーやトイレはありませんでした。
豪雨の中、男の子達は、石鹸を持ってきて雨のシャワーを浴びていました。



子ども達と沢山交流をして、スラム地域を後にしました。


 
その夜は、スラム地域でのそれぞれの家庭訪問の共有をして、
最後のアクティビティーを行いました。
5日間をともに過ごした仲間に、直接お礼やその人の素敵な部分を伝えます。
みんな照れながらも、それまで伝えられなかったことを話してくれました。

 
 
◆6日目
最終日の午前中は自由時間です。
それぞれショッピングモールで買い物をしたりと、思い思いの時間を過ごし、
関西空港組と成田空港組に分かれて、帰路に着きました。

 

初めて海外に行く参加者も居ましたが、みんなとても積極的にフィリピンの方々とコミュニケーションを取っていました!
フィリピンの言葉(タガログ語)しか通じない人もいましたが、それでも身振り手振り、カメラやゲームなど、使えるものは全部使って頑張っていました。

想像していたフィリピンと、実際に見て感じたフィリピン。
それぞれの今後のアクションを後押しする経験になれば幸いです!

また番外編もあるかもしれませんが、ひとまず3回に分けてお送りしたスタディーツアー報告を終了いたします。
ありがとうございました!
次回は皆様のご参加お待ちしております!


=============================================================
Free the Children Japan
フィリピン スタディーツアー 2016 〜子どもと触れ合う ボランティアの旅〜
http://www.ftcj.com/get-involved/study-tour/philippine2016.html
期間:2016328日(月)〜201642日(土)
参加者:15人(中学生8人、高校生5人、社会人2人)+引率スタッフ2
訪問地域:マニラ、ザンバレス州
=============================================================
↓ ↓ ↓ ↓

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 Take Action Camp 』 参加者募集中!

地域で、世界で起きている社会問題を知り、自分に出来るアクションまでを考える。
そのために必要なリーダーシップ・チームワーク・アクションプランニングなどのスキルも学ぶキャンプ!




【春】 東京開催!
期間:53日(火)〜55日(木)
詳細:http://www.ftcj.com/get-involved/workshop/tacj2016spring.html


【夏】 カナダ開催! 
2週間コース:2016723日(土)〜88日(月)
1週間コース:2016730日(土)〜88日(月)

カナダキャンプは説明会も開催中♪ 

今月は2回!
49日(土)15時〜
423日(土)15時〜
詳しくはこちら!
http://www.ftcj.com/get-involved/workshop/tac2016.html
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 

<<back|<12345678>|next>>