スワパン氏が運営する「マクタニール子どもの家」とは?

今日は、フリー・ザ・チルドレンのインドのパートナー団体であるCenter for Communication and Development(CCD)の代表であるスワパンさんが、
「マクタニール」という子どもの養護施設をどのような思いで設立したのかをご紹介します。


勉強をするマクタニールの子どもたち


以下はスワパンさんの言葉ーーー

「マクタニール」とはヒンドゥー語でオープンスカイ(直訳で「開いた空」)という意味です。
その名の通り、この施設は貧困下で暮らすインドの子ども達のために作られた、
安心して生活できる平和をコンセプトにした施設です。

現在マクタニールにいるのは、親が亡くなってしまったり、出ていってしまったりした極貧の家庭の子どもたちや、
路上生活をしたり、児童労働をさせられていたりといった過酷な環境から救出された子どもたちです。


子どもたちの中には貧困が原因で両親と一緒に暮らすことができない、
働くために学校に行くことができないなど、過酷な状況にいる子どもたちがたくさんいます。

私は、そういった子どもたちを目の当たりにし、
「罪もない彼らがどうしてこのような幼少時代を送らなくてはいけなくなったのか?」
という疑問を持つようになりました。

貧困が原因で親と引き離されてしまったからといって、貧しい生活を強いられる理由などありません。
なぜ世間から嫌な目でみられ、さらには遠ざけられなくてはいけないのでしょうか。
人生において、どんな境遇に生まれた子どもたちでもチャンスを与えられるべきだと思うのです。
そういった子どもたちが、安心して生活し成長できるようにマクタニールという施設を作りました。


(子どもたちと話すスワパンさん)

今まで約35年マクタニールという施設を運営してきましたが、その中で学んだことがあります。
子どもたちは幼少期の段階でちゃんとした教育を受け、自分のことを気にかけてくれる人がいるというだけで、
その後の彼らの人生に大きくポジティブな影響を与えることが出来るということです。

遊ぶマクタニールの子どもたち
ここでは、住むところも整っていて、食べ物もあり、勉強や宿題を見てもらうこともでき、
善悪についての道徳上の基準もしっかりと学ぶことができます。
ここに居なかったら起こっていたかもしれない出来事も、ここに居ることで社会保障として守られています。
楽しく、幸せに幼少時代・子ども時代を送ることが出来ます。
安心して眠ることも、勉強して自分探しに時間を費やし、世界を変えるのも自分次第です。

WBstudents圧縮
彼らはこれで、夢を見ることが出来ます。
夢をみて、自分の想像力を最大限に活かして、自分で未来を描くことが出来ます。
毎日を、笑顔で過ごすことが出来るようになりました。

私はこれからも、夢を追いかけ、自分の未来を創造していく彼らを全力でサポートしていきます。

CCD代表 スワパン・マッカージ
ーーー

フリー・ザ・チルドレンはそんなスワパンさんの思いを応援して、
一緒にマクタニールの運営を行っています。

マクタニールの子どもたちの支援のために、
Readyforへの寄付のご協力お願いします。
https://readyfor.jp/projects/ftcj-india


 


インドの子どもへの教育健康支援にご協力お願いします!


皆様にお願いがあります!


フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、READYFORというサイトで「インドの貧困家庭の子どもへの健康支援と学用品の提供」プロジェクトを実施するために、資金調達に挑戦しています。https://readyfor.jp/projects/ftcj-india

目標金額は、52万円で、今、24人の方からご支援を頂き、31万3千円集まりましたが、あと12日間で残り20万7千円が必要です。

このプロジェクトは、西ベンガル州の貧困家庭の子どもや、貧困のために家族と暮せないために養護施設で暮らしている子どもたち50人を対象に実施します。インドでは、小学校は義務教育となりましたが、実際に学校への就学率は全国平均で57%というデータもあり、文字の読み書きができるのは全国平均で74%となっています。しかし、女の子は65%です。

つまり、文字の読み書きができない人々は4人に1人いて、女性なら地域によっては半数が読み書きができない、自分の名前さえ書けないという状況です。文字が読み書きできないなど基礎教育を受けていないと、貧困からいつまでたっても抜け出せません。

フリー・ザ・チルドレンは、このインドの西ベンガル州での「子どもへの教育健康支援プロジェクト」を実施して、子どもを貧困から解放する手助けをしたいと考えています。

そこで、皆さんにお願いです。
ぜひ、このプロジェクトに挑戦していることをFacebookやツイッターなどで情報をシェアして頂けないでしょうか。
サイト:https://readyfor.jp/projects/ftcj-india

また、少しでもご寄付のご協力を頂けたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします!!
 

スワパン氏が語る、インドの現状・課題

インドと聞いて何を思い浮かべますか?
像、カレー、ダンスなど、色々な文化のある国、インドはなんと日本の9倍!
様々な言語もあり、多種多様な国であると同時に。。。世界で最も貧富差がある経済大国でもあるんです。

先日行われた講演会でのスワパン氏の講演会でのお話を、
抜粋して紹介させていただきます。

↓スワパン氏


社会開発の仕事はとても重要で政治的意思がしっかりしていないと社会開発は成り立ちません。インドは広くて多様な国です。色んな言語や宗教があり、それ故のトラブルなどもあります。国内だけでなく中国との間でも問題があります。そういった様々な不安を抱えている状態です。


今言ったように、隣国との問題もありますが、そこから考えるべきことは、相手を敵対視するのではなく、受け入れることが必要です。

国との関係は経済とも関係していて、経済のことだけ考えていると、他国との軋轢が生じます。

インドは人口が多く、国内の資源だけでは補えない状況下にあります。そのため、中国やパキスタンと問題が生じやすくなり、原発を作ってしまったりしています。1000人中69人の方が亡くなっているにもかかわらず、インド政府は武力で解決しようなどとばかげてはいないでしょうか。

インドはとても経済成長しているせいか、注目されていてビジネスチャンスもあるけれど、軍事費に力を注いだり、原発の売買などをしていて経済成長をしても意味がありません。

経済の発展の陰で犠牲になったりする人はいつもいる。この発展により、児童労働は増えてるんじゃないかと思うくらい状況は深刻です。そのため、こういった様にミーティングを開いたり政府に動きかけることにより、社会の意識が変わって政府の動きにつながるのではないか。

インド政府の問題として挙がるのが税金の使い道です。
社会開発や福祉が深刻なのに軍事費に一番お金を割いている。一方では2009年に無償義務教育法が制定され状況は良くなるとも思えたが、学校が無いため変化は見られなかった。政府が教育にお金を割かないがために、この様なチャンスがあったとしてもそれを有意義に使うための施設や教育者がおらず、機能をさせることが出来なかった。

政府は教育のためにとは言っているけれども、専門知識や高等教育にのみ使われいて、国連からの援助もエリートにしか回らないようになっている。基礎教育がなっておらず、実際高等教育を受けているインドの子供は8%しかいないと言われている。「教科書が足りない」「お腹が空いている」こんな状況で誰が良質の教育を受けるでしょうか。

 子どもたちが教育を受けられるようにする手段は色々とあるが、プランを建てないといけない。教育義務法が思考されてから70〜80%が学校に行っているとインド政府は発表したが、続いてるのかを見るべきでしょう。

みなさんに是非紹介したい団体、CCD(Center for Communication and Development)は児童労働の廃絶にむけて活動してる団体です。初めはサウジアラビア人身売買してるのを防ぐためでした。また、児童労働から子どもを開放するため生産業から助けたり守る活動もしてます。CCDは実際に貧しい地域での65の小学校運営もしています。学校の運営だけじゃなく、村の経済活動も助けています。


みなさんにお願いです。一人一人がアクションを起こして声を上げましょう、すると政府や社会に届きます。


↑「児童労働にレッドカード」キャンペーンのカードと共に総会出席者と集合写真を撮るスワパン氏(真ん中の最前列)

<<back|<12345678>|next>>