【フィリピン】先住民族の子どもへの教育支援レポート

 

こんにちは、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの河本千夏です。

文通プログラムの参加費の一部やその他ご寄付を使い実施した、

ミンダナオ島の台風被害に遭ったビナンシャン村に暮らす先住民族(ディババウォン族)のうち、

中等教育を受ける年齢の子どもたちを対象にした通学のための奨学金サポートの写真がとどきましたので内容と

ともに報告いたします!

 

奨学金サポートは当初32人のサポートから始まり、4年目の2017年は15名の生徒がサポートを受けました。

具体的には、文房具等支給、生徒や先生のフォローアップ、そして家庭を訪問し保護者との面談を行いました。

 

*現地パートナー団体のスタッフの生徒のフォローアップの様子

 

奨学金サポートを受けている子どものうち一部が文通プログラムに参加し、

日本の参加者とお手紙のやり取りをしています。

 

 

支援を受けている子どもの中には、農業コースで授業を受けている子どもたちがおり、

ピーナッツの収穫や野菜の苗の植え付けの実習を行いました。

 

 

*現地から届いたお手紙の例

 

文通プログラムに参加している子どもたちは、お手紙のやり取りを通じて、

英語を使う機会が増え、英語が苦手な子には得意な子が教えコミュニケーションが生まれているそうです。

そして、海外の国を身近に感じ興味を持つようになったとのこと。

 

フィリピンの彼らもインターネットで情報を得る機会が多く、日本で地震が起きたときには心配の声があったりとあたたかいやり取りがたくさん見られました。

 

 

この地域に住んでいる家庭のほとんどが農業で生計を立てており、天候が収入に影響を及ぼしていることも多く、

収入が少ない時期には、子どもたちも働きに出なければならないこともあり、ハイスクールまで継続して学校に通うことは困難な家庭が多くみられます。

 

しかし、この奨学金サポートや学校、生徒、保護者のフォローアップを実施することにより、

2016年にドロップアウトした生徒が復学するなどの変化を見ることができました。

そして、文通プログラムを通じて支援を行っていた子どもたちは無事卒業することになりました。

 

子どもたちが卒業するのと同じタイミングで、中等教育支援の事業は終了し、

文通プログラムではミンダナオ島での他の貧困地域やマニラのスラム地域での支援を開始予定です。

 

これまで文通プログラムやご寄付にて中等教育支援いただいた皆様にこころより感謝申し上げます。

 

新しい支援につきましては追ってご報告させていただきます。

 

 

 

 


【コラム】 フェア・トレードを通じて貧困と闘う、プレダ基金の取り組み

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのパートナー団体であり、フ

ィリピンで活動を行うプレダ基金の運営を行っている、シェイ

・カレン神父が執筆したコラムをご紹介します。

 

 

妻Conchitaと共に暮らすPepito Alvarez(57歳)は、フィリ

ピンのルソン島山間部に、自給自足で暮らす農家です。

この島の農民たちの日々の暮らしは、一般的に貧困線を

少し下回るレベルにありますが、サンバレス山脈に暮らす

村人は、Pepito一家を含めて貧困線を上回るレベルで

なんとか生計を立てています。マンゴーの収穫があれ

ば、村人たちは、マンゴーのフェア・トレードを通じての

売買のお陰で、かなり良い暮らしができます。これは、

プレダ・フェア・トレード・プロジェクトによるものです。し

かし、ここ2年間、マンゴーの不作が続いています。これ

は、自然の周期によるのかもしれないし、気候変動や

マンゴーの開花期に降った季節外れの雨のせいかもしれません。

「『Bahala na』(タガログ語で「仕方がない」という意味)。これは、

自然のやることで、受け入れざるを得ません」と、Pepitoは言い

ます。村人らは、厳しく、容赦のない現実をそのまま受け入れて

います。その上で、野菜や現地の救荒作物である、camoteと呼

ばれるサツマイモの植え付けに、いっそう励んでいます。しかし、

それでも貧困から彼らは、一生解放されず耐え忍んでいます。水

道や電気も無く、インターネットともほとんど縁の無い状態で、日

々の暮らしを営んでいます。彼らの知っている唯一のテクノロジ

ーは、村のみんなで共有する旧式の携帯電話器だけです。村人

たちは、電源スタンドまで歩いて山を下り、携帯の再充電に行っています。

この村の人たちは、アエタ族という先住民の一員です。彼ら

は、生き抜く知恵を持っており、おそらく3万年ほどを生き延

びてきた経験を持つ人たちです。彼らは、カヤやニッパヤシ

の葉で葺いた屋根付きの小さな竹組の家に住んでいます。

このような家は台風に耐えられる住居ではありません。彼ら

は、かつては狩猟・採集民でしたが、鉱山会社や木材会社の

乱伐によって熱帯雨林が失われたため、今では自給的農業を

営むようになっています。

 

現在、プレダ・フェア・トレード・プロジェクトは、集落内に何

カ所かの共用トイレを設置するため、セメント、軽量ブロッ

ク、鋼材など、トイレ設置に必要な資材すべてを、村人た

ちに提供しています。いくつかの村でのプロジェクトでは、

貧困で余裕が無く、農作業ができず収入確保が困難な場

合、村人にトイレの設置の事業に従事してもらい、その労

働賃金を払うといったようなこともしています。集落にトイ

レや井戸を提供するというプロジェクトは、8つの村で進

行中です。これまでに、8カ所のトイレ、5台の手押しポン

プ、井戸から汲み上げたきれいな飲み水を給・配水する

鋼管を備え付けました。これらの村では、汚染水に起因

するコレラ、その他の病気を避けられるでしょう。この一

連のプロジェクトは、ピコマンゴーを公正な価格で売買す

るフェア・トレード事業と並行して、村人の収入確保を確実

なものにするために行われている事業です。フェア・トレー

ド・プロジェクトで収穫されたマンゴーは、ドイツに輸出され

て、加工され、オーガニックマンゴーピュレ-になって、様々な食品製造に使われています。

近年は、農民組織を通じて、有機農業農産物という認定も

受けています。村のマンゴーはドイツの権威ある認証機関、

Naurelandにより、有機栽培農産物であると認証されています。

フィリピンで初めて認証を受けたオーガニックマンゴーです。そ

の販売収入は、農家の助けとなるだけでなく、性的虐待を受け

ている子ども達や外国人小児性愛者とそれに手を貸すマフィア

に搾取されている子どもたちを助けることにも役立っています。

アエタ族の農民たちは、苦難や貧困に直面しても、立ち直

る力を持っています。近年は、経済成長のおかげで、370

万人にも上るフィリピン人が、極貧状態から脱しています。

しかしながら、極貧状態にある人々は、まだ510万人もお

り、多くが、貧困線を大幅に下回っています。これは受け入

れがたいことです。豊かなこの国で、いかなる貧困も容認さ

れるべきではありません。しかし、なお、数百万の人々がこ

の豊かさの恩恵にあずかっていません。彼らは、農村部の

村や都市部に広がるスラムでひどい貧困状態にあります。

Pepitoとその妻Conchitaを含めて村人達は、マンゴーの

実を地面に落ちるままにして、豚や子ども達に食べられ

てしまう時がありました。Pepitoの話によると、「自分が町

に行って、収穫したマンゴーを地元の業者に売ると、彼ら

は、私にキロ当たり4ペソ(約8円)しか払ってくれませんで

した。私たちは、それでは暮らしていけません。それで、マ

ンゴーを収穫しなかったのです。しかし、プレダのフェア・ト

レードは、私たちに、より高い公正な価格とキロ当たり2ペ

ソのボーナスを提示してくれました。今では、マンゴーの実

を残らず収穫します。」

富める者と貧しき者との格差は、2017年時点でも依然とし

て存在し、さらに拡大しています。フォーブズの長者番付に

よると、この年には14人のフィリピン人億万長者がいました。

これは、世界の億万長者の間に認められる「富める者がます

ます富んでいる」という現在の世界的な傾向に合致しています。

国際支援団体オックスファムによる最近の報告書の見出しは、

「1%の富める者が、昨年1年間に生み出された富の82%を手に

する一方で、最貧の人たちの半数は何も得ていない。」というもの

でした。この報告書は、実に37億人もの人々が、自分たちの富を

なにも増やしていないということを示しました。いわゆる、「お金持

ち」が富を稼いだということです。この報告書で、オックスファム・イ

ンターナショナルの上席役員であるWinnie Byanyimaは、次のよう

に述べています。「億万長者ブームは好景気を示すものではない。

むしろいまの経済の仕組みに欠陥があり、上手く機能していないと

いうことを示している。私たちの衣服を作り、電話機を組み立て、食

料を生産する人々が、低価格品の安定供給のために搾取される一

方で、会社や億万長者の投資家たちの利益がどんどん膨らんでいる」

 

Pepitoとその妻Conchitaは、搾取される側にいます。彼ら

の作るマンゴーに、より高い代価を支払うというフェア・トレ

ード・プロジェクトは、大きな助けになりますが、充分では

ありません。気候条件が良く、収穫ができれば、それは彼

らの生活を改善する助けとなるものの、彼らはもっと多くの

収入を必要としています。それには、政府の介入が必要で

す。つまり、「国家規模で成長する経済から生み出された富

を少しでも良いから分配せよ」ということです。国家の経済成

長の恩恵を、一部の人だけではなく、国民全体で享受できる

ようにするべきです。

 

(翻訳:翻訳チーム 山下正隆 文責:清田健介)

 

カレン神父と、プレダ基金の子どもたち

 

 

◆◆プレダ基金から仕入れた

   無添加・無農薬ドライマンゴー販売中!◆◆

 商 品 名 :ドライマンゴー
 内 容 量 :100g
 原材料名 :マンゴ果実、砂糖(精製きび糖)< 食品添加物、防腐剤不使用>
 原 産 国 :フィリピン

 

 ご購入はこちらから:http://ftcj.ocnk.net/product/45


フィリピンミンダナオ島で復興支援を開始いたします。

     

■マラウイ市サグイアンの避難所


2017年5月より、フィリピン南部ミンダナオ島の西部にある南ラナオ州のマラウィ・イスラム市において、フィリピン軍と過激派組織「イスラム国」(IS)系武装勢力「マウテグループ」の戦闘が発生、激化したことにより、47万人以上の市民が国内避難民となりました。

 

(日比NGOネットワーク(JPN)を通じて行った緊急支援報告はこちら

 

同年10月にはフィリピン国防相より終結宣言が発表されました。

避難民となっていたとびとは、自分の家へ戻ることが予想されますが、市内では激戦が繰り広げられたことやIS 武装勢力が、住民や街の所有物を略奪したため、
すぐに生活をおくれるような状況ではありません。

 

■パンタオラヤの避難所の物資支給の様子。たくさんの家族が避難所で生活を続けていることが分かります。

10 月半ばにフィリピン教育省がステークホルダーフォーラムを開催し、そこで報告した情報によると、マラウィ市にあった69 の学校のうち、22 校が破壊され、学校が再開できない状況にあることがわかりました。

戦闘は終結しましたが、人々の生活再開についてや、地域の復興についてはまだこれから時間がかかることが予想されることから、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、2017年12 月より緊急支援から復興支援に切り替え、現地のローカルNGOや自治体と連携して、復興や、子どもたちが教育を受けられるような支援を実施していきます

 

現在は、子どもたちにスクールキット(ノートや鉛筆などの文房具のセット)を配布するため、ご寄付を募っています。約1,000円で3人分のキットを贈ることができます。

 

ご支援ご協力どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

ご寄付はこちらから

ご寄付はクレジットカード、郵便振替、銀行振込で受け付けております。

 

クレジットカードでのご寄付はこちらから↓

http://www.ftcj.com/donate/emergency/credit.html

※カートでは緊急支援と表記されますが、フィリピン復興支援として受付いたします。

 

郵便振替

郵便口座 00120−5−161532
口座名称 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
他金融機関からの振込用口座番号 〇一九(ゼロイチキュウ)店 当座 0161532

・ご寄付の使途として通信欄にフィリピン復興支援として明記ください。
・寄付のご指定がない場合は活動全体へのご寄付として受けさせていただきます。
・領収書希望の方は「領収書希望」と明記の上、お名前、ご住所、電話番号をご記入ください。

 

銀行振込

銀行名 三菱東京UFJ銀行
支店名 上野支店
口座番号 普通5360502
口座名義 特定非営利活動法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン トクヒ)フリーザチルドレン

・ご寄付の使途として通信欄にフィリピン復興支援として明記ください。
・寄付のご指定がない場合は活動全体へのご寄付として受けさせていただきます。
・領収書希望の方は「領収書希望」と明記の上、お名前、ご住所、電話番号をご記入ください。


<<back|<12345678>|next>>