【活動報告】少年兵をテーマとした授業を実施しました!

名古屋で実施された元少年兵ミシェルの講演会に参加してくださった先生が、フリー・ザ・チルドレンの教材を使って学校で授業をしてくださいました!その授業のご報告が届いたの報告いたします。
 
フリー・ザ・チルドレンの少年兵をテーマとしたオリジナル教材はこちら
■学校名・学年・所属先
愛知県立豊野高等学校 

■活動日を教えて下さい
2015年01月19日

■活動場所を教えて下さい。
体育館
 
■活動内容を教えて下さい。
ミシェル・チクワニネ氏の名古屋での講演(昨年12月)を私が拝聴し、その伝達講習という形で行った。携帯電話がコンゴと繋がっていること、少年兵とつながっていること、携帯電話を使って苦しむ高校生がいる一方で、携帯電話製作のために命をおとす子供がいることを教えました。
 
■活動した感想や、考えたことを教えて下さい。
以下は生徒の感想例です。
「福祉関係の仕事に就きたいと思っています。今回の話を聞いて深くいろいろな話を聞くことができ、貧困や紛争を強いられている外国に行き、支援やボランティアをしたい想いが一段と強くなりました。」
「私たちが当たり前だと思っていることは他の国では当たり前ではないことがわかった。今こうやって学校で勉強できていても、勉強が面倒くさいとか嫌だと思っていたことが恥ずかしいです。私たちの生活がどれだけ幸せなことがきちんと理解し、これからもきちんと勉強して生活したいと思います。」
 
おかげさまで、生徒の心に響く授業を実施することができました。これを踏まえ、生徒が自分の人生について深く考えてくれることと思います。どうもありがとうございました。

インドの水支援のために関西で募金活動しました!

2015年1月11日に、大阪のなんばの駅前で関西の高校生たちが、
インドの水支援のために街頭に立って募金活動をしました。
その活動報告が募金活動に企画、実施した大阪暁光高校FTC部から届きましたので紹介します。

なんば募金活動1

なんば募金活動2

◆日時:2015年1月11日日曜日 午後2時〜3時半
◆場所:大阪なんば駅前高島屋前、三菱住友銀行前の2か所に分かれて高校生11人で実施。
◆目的:インドのラジャスタン州の農村貧困地域の人々が衛生的な水を選ら得るようにするための水支援事業

募金活動をして感想
声かけをするのは、とても勇気がいりました。どれくらいの人が聞いてくれるのだろうと思いながら声かけをしている内に徐々に募金してくれる人が増えてきて小さい子ども達が募金してくれたり、「頑張れ」や「寒いのにお疲れ様」など声を掛けてくれたり、「少ししかないけど」といって募金してくれる人もいました。 また、パンフレットを見て汚い水の為に年間50万人も亡くなっている現状を真剣に聞いてくれる人もいて、寒さを忘れるくらい嬉しかったです! 今回、募金してくれた人達の気持ちがインドまで届くといいなと思うと共に、集まったお金で一人でも多くの子ども達が綺麗な井戸水を飲める事になることを願っています。 募金活動や様々な活動を通じて沢山の人に世界の現状を知ってもらう為にこれからも活動を積極的に頑張りたいと思います!

◆募金活動で集まった金額:
22,923円
募金にご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました!!

なんば募金活動3

なんば募金活動4


なんば募金活動5

報告ありがとうございました。
みなさん、おつかれさまでした!

【活動報告】立命館宇治高校メンバーから、紙芝居が届きました!

 
こんばんは!

立命館高校メンバーから、
FTCJの支援先のインドの子どもへの贈り物として紙芝居が届きました!



かわいらしい手書きのものや、切り絵でつくられていて、とってもかわいらしいです!
インドの子ども達にお届けいたします!きっとみんなとっても喜ぶと思います♪

それから、FTCJ事務局あてにもこんなかわいらしいメッセージをいただきました!

一人ひとりのみなさんの温かいメッセージ、ありがとうございました!!


インドのCCDに紙芝居が届けられました!こちらをご覧ください。

http://ftcj.jugem.jp/?eid=893


<<back|<12345>|next>>