インド警察の児童労働への取り組み

インド警察の児童労働の取り組みに関する記事を二つ紹介いたします。

http://www.abc.net.au/news/2015-01-31/child-slaves-in-india-rescued-by-police/6059384


120人の児童奴隷、インド警察によって保護――インド、ハイデラバード州――


現在、インドでは、情報提供者や人権活動家からの情報支援を受け、児童労働を行っている作業場に強制捜査に乗り出しました。先週の捜査では、220人もの子どもを保護、他の作業場で120人が保護され、31人の売人と仲買人が児童労働の容疑で逮捕、告発されました。

子どもたちは窓もない不衛生な環境下で生活をしていたため、低体重でやせ細り、心的にも身体的にも傷を負った上、病気を患っている子が多く見受けられました。救出を行った人の話では、この子どもたちは$100〜$200足らずで貧困層の多いインド北東部の州から児童奴隷として売られてきたそうです。

強制捜査に密着取材した様子もテレビで放送され、その放送も相まって、今、インド国内では強制的に働かされている子どもたちを助けようとする動きが非常に強まっています。


インドで児童拉致相次ぐ


インドでは、1時間に11名の子供が行方不明になる計算だと言われています。その子どもの40%は行方不明のままです。その多くは暴力団による拉致が原因で、デリーやコルカタ、ムンバイなどの大都市では、暴力団にとっては絶好の拉致場所になっています。

農村部の貧しい両親を、割のいい仕事の話を持ちかけて誘い出し、その隙に子どもたちを買人に売り渡します。売り渡された子どもの多くは、食堂や工場などの手伝いとして働かされますが、強制的に売春行為をさせられたり、奴隷とされる場合もあります。400万人ほどの子どもがそのような状況下にいるとの政府は報告していますが、現実の数字はもっと多いと予測されています。

そんな子どもたちを救うべく、インド警察は、違法に子どもたちを働かせている作業場へ強制捜査に乗り出し始めました。児童労働撲滅への道は険しいけれど、この一歩は大いなる一歩であると評価できるでしょう。


(訳者:翻訳チーム 五十嵐かおり)



インドのお祭り「サラスワティ・プジャ」をお祝い

こんにちは!フリー・ザ・チルドレン・ジャパンです。
私たちが支援するインドの西ベンガル地方に住む貧困地域の子どもたちから、
インドのお祭りをお祝いしたよ!というお便りが届きました。

今回子どもたちがお祝いしたのは「サラスワティ・プジャ」というインドのお祭り。

サラスワティとは、学問や音楽、芸術などの知恵を与えるヒンズー教の女神で、ヒンズー教で宇宙を創造したとされるブラフマ神の配偶者だそうです。知識を豊かにしてくださる神様ということもあって、たくさんの人に愛されていて、特に学問に関係する人たち(学生、教育者、芸術家、科学者など)から親しまれ、信仰されています。
4本の腕を持ち、2本の腕には、数珠とヴェーダ、もう1組の腕にヴィーナと呼ばれる琵琶に似た弦楽器を持ち、
白鳥やクジャクの上、あるいは蓮華の上に座る姿として描かれます。
実は、日本でも七福神の一柱、弁才天(弁財天)として親しまれています。


SaraswatiPuja ←これが、サラスワティ神。

さて、インドの支援先の子どもたちは、このお祭りを1月24日に行い、サラスワティ神を称えて、学問や芸術などの知識や才能が豊かに育まれますように、と子どもたちが通う学校をあげて、お祝いをしました。

SaraswatiPuja4 SaraswatiPuja3 
学校の敷地内の地面に、きれいに飾りつけをして、お祝いしました。

SaraswatiPuja1 さらすぁちPuja2
模様がいかにもインドらしく芸術的ですね。

教育の神様ということもあって、学校の先生も子どもたちも、このサラスワティ神が大好きで、毎年この時期になるとサラスワティ・プジャのお祭りを楽しみにしているとのことです。

今年も、子どもたちや先生によってきれいに飾りつけされ、お祝いができ、みんな楽しみながら終えることができました。子どもたちが豊富な知識を付けて、成長することを私たちも日本から願っています。



 

木炭作業所で働く子どもたち「僕って、子どもなんだな」

 UNHCRの記事より。

リンク先の動画(記事の最後に要約有)もできればご覧ください。

http://tracks.unhcr.org/2014/06/the-charcoal-boys/

アナスは12歳。世界の別の場所では、アナスのような年齢の子どもが過ごす場所は学校です。しかし、シリア難民であるアナスは、家族6人を支えるため、燃料として売られる木炭の固まりを選別、袋詰めして一日を終えます。それが、異国の地で家族を支えるため、増え続けるこども難民の多くがしている仕事の一つなのです。

もちろん、両親はアナスが学校に行くことを望んでいます。しかし、両親に仕事はなく、ひと月200ドル以上の家賃と、病気の妹を抱え、一日5ドルのアナスの稼ぎが家族の命綱となっています。

何百万人ものシリア難民が内戦から逃れるために国境をわたるにつれ、児童労働が大きな問題になっています。UNHCRやその関連団体はこの問題に取り組むため、保護者や雇用者に対するカウンセリング、貧困家庭への金銭的援助、子どもの空いている時間を利用した学習支援プログラムを開発しています。

子ども達が過剰労働を強要されたり虐待の危険にある場合は、最優先事項として保護にあたってもいます。UNHCRのレバノン児童保護コーディネータであるエルサ・ローリンは、次のように述べています。「児童労働を止めることはできないかもしれないが、それによる影響を小さくすることはできるはず。」

アナスは誇りをもって家族のために働いていますが、他にも選択肢があればと強く願っています。

仕事でついた煤を洗い流しながらアナスは言います。
「学校に行きたいな。友達と遊びたいよ。追っかけっこや鬼ごっこ。空手もしたいな」

アナスは、まだ子どもです。大人になるには早すぎます。それは、他のシリア難民の子ども達も同じです。


(動画要約)
2013年、シリアの内戦が激化し、アナスと家族は命からがら北レバノンに逃れた。
難民キャンプに建てた小屋は雨風に耐えうる物ではなく、食べるものもない。
12歳のアナスは木炭販売所で働くことにした。
木炭を運び、ふるいにかけて選別し、袋詰めをして、購入者のところまで持って行く。
一日が終わる頃には、体中、真っ黒だ。
キャンプの近くに休園中の遊園地があり、仕事が終わったら、友達や兄弟とそこで遊ぶ。
楽しい時間を過ごしていると、ふと、思うことがある。「僕って、子どもなんだな」と。

レバノンの難民キャンプで暮らす子ども達は、50万人を超える。
就学年齢にある子どものうち、70%が学校に行っていない。
多くの子ども達が、アナスのように、家族を支えるために働いている。
UNHCRは、このような子ども達が学校に通えるよう支援を続けている。


(翻訳:翻訳チーム 山田さつき)


<<back|<12345678>|next>>