スタッフブログ:さすがフィリピンと思わされたエピソード

こんにちは。

フィリピン障害者支援事業 プロジェクトマネージャーの石田です。

 

3月24日から4月5日までフィリピンへ出張していました。

そこでの外出中に体験した「さすがフィリピン」と思うエピソードをご紹介します。

 

 滞在先からフィリピン国立盲学校まで距離としては18キロしかないのですが、交通アクセスがよくないのでスムーズに行っても片道1時間半はかかります。まずは滞在先から気温35度の中を10分歩いて、そこから駅に向かうジープニーと呼ばれる乗り合いジープに乗るのですが、なんと途中でジープニーが壊れて動かなくなったのです!!

 

↑ジプニー

 

 まあね、これくらいじゃまだ驚きません、こんなのときどき起きるんです。道路の真ん中で降ろされて、近くにいたジープニーに乗客は皆乗り換えます。もう1度運賃を払わなければいけないのかなと思ったのですが、駅まであともうちょっとだったのと運転手さん同士で状況を話してくれたのか乗り換えた先のジープニーの運転手さんは運賃をとりませんでした、優しいです!

 

 

 最寄駅み到着。ここから電車に乗るのですが、普段なら4分間隔くらいで来る電車が10分くらい待っても来なくて、基本的に各駅しかないのに、ようやく来た電車は私たちが待ってる駅を通過!

「え、なんでだろ?」と言う私に、隣のガイドが、「たぶんこの先どこかの駅がものすごく混んでるんじゃないかな」と。

 

まあフィリピンにて駅員さんと運転手さんがそこまで緊密にコミュニケーション取ってるとは思えないのでたぶん何かのミスなのですが、電車が停止線を数メートル行き過ぎただけでニュースになってしまう日本とは違ってフィリピンは寛大です。

 

 さて待つこと15分、次の電車は無事止まってくれました。車内はかなり混んでたのですが、わたしが座席前のつり革を持ってたら、誰かが無言で立ち上がって、わたしの腕を持って自身が座ってた隙間に引っ引っ張り込んでくれました、ありがとう。

 

ちなみにフィリピンの乗り物は座席に一人分のスペースが決まってるわけではなく、その隙間に入るだけ何人でも座ります!

 

 電車の冷房で快適なのもつかの間、2駅行ったところで今度は電車が動かなくなる!!駅に停車したまま10分以上動かなくて、

車内放送による説明なんてしばらく行われないのが普通です!わたしはといえば、これ面白いから日本のみなさんに報告しなければいけないと思って、思わずフィリピン人たちが何分説明なしに寛大に待つか測りましたよ!

 

 25分待ったところで電車が壊れたから運転を見合わせるとの放送。南へ向かう路線はこれしかないので諦めてバスを使うことになります。払い戻しを希望する人で精算機はごったがい!するとなんと!今度は精算機が壊れたのです!

 

 いやぁ私たちはコントの中にいるのでしょうか?けっきょく払い戻ししてもらえず外へ。

 

 バスに乗るときわたしの白杖を見て、運転手さんが中からたくましい手で引っ張り上げてくれました。この人たちお客さん乗せる時ちゃんと停車しないので、バスは観覧車のように若干動き続けているのです。

それにしても今わたし、バスの階段3段文くらい宙に浮きましたよ!手荒いよぉお兄さん!とりあえず、引っ張り上げてくれてありがと!!

 

 さてバスはとにかく壊れませんでした、電車で行くはずだった終着駅で降りて、最後の盲学校の前を通るジープニーに乗り換えます。これまた私たちが乗るときもあまり長くは停車しててくれないのですが、わたしを見た路上で物売ってるおばちゃんが運転手さんに、「ハンサムなお兄さん、目の見えない子どもが乗るからちょっと待っててあげてよぉ」って声かけてくれました。今子どもって言ったな?とにかく、ありがとう!

 

 

 タガログ語ちょっとでもわかるようになると、こういう周囲の優しさに気づけるようになります。いろんな意味でさすが途上国と実感する一方で、それを笑い飛ばす彼らの器の大きさと優しさ、そして思わず時計を見る自分の小ささを知ります。

 

 


大阪コミュニティ財団 目録贈呈式に出席しました。

JUGEMテーマ:ボランティア

 

フリー・ザ・チルドレンのインドでの支援事業が、2017年度の大阪コミュニティ財団助成事業に選ばれ、4月17日に大阪商工会議所にて、目録贈呈式が開催されました。

大阪コミュニティ財団

社会貢献への志をもった人から寄付を集め、公益に寄与する非営利事業へ助成を行っている財団です。地域社会の多様なニーズに対応した助成を通じた社会貢献活動を行っています。

 

具体的には、医学・医療研究推進や難病対策・医療患者支援、青少年の健全育成、社会教育・学校教育支援、芸術文化の発展や向上、多文化との共生、開発途上国支援、環境の保護や保全、地域社会の活性化、健康増進、動物保護、災害復興活動支援、社会福祉の増進、奨学金支給など多岐の分野への助成を行っています。2017年度は230事業に対して9330万円が助成されました。

大阪コミュニティ財団URL
http://www.osaka-community.or.jp/


私たちフリー・ザ・チルドレン・ジャパンは、インドの西ベンガル州での貧困地域の若者への職業訓練と、子どもの権利普及・擁護活動に対して助成をいただくことになり、今月から事業をスタートすることができます、ご支援ありがとうございます!

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパン目録

 

インドの貧しい地域で暮らす子どもの権利が守られ、若者たちが自立できるよう活動して参ります。現地からの報告などをウェブやニュースレターなどでご紹介していきます。


 

 

 


大学生キャンプファシリテーター募集!子ども達の世界を変える第一歩をサポートしませんか?

テイク・アクション・キャンプ・ジャパンで

小中高校生の子ども達の世界を変える第一歩をサポートしませんか?

\テイク・アクション・キャンプ・ジャパン/

大学生ファシリテーター募集!

こんな人におすすめです!

☑開発教育に興味がある ☑ 将来教育関係の仕事につきたい ☑ 子どもが好き
☑ ファシリテーションを身に付けたい ☑ ファシリテーションを勉強したが、実践の場がない
☑ 解決したい社会問題がある

 

▶テイク・アクション・キャンプ・ジャパンとは?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、
毎年春夏に小学5年生〜高校3年生を対象としたキャンプを開催しています。
子ども達が、未来のリーダーという存在だけでなく、今日のリーダーとして、
今アクションを起こす事をサーポートするのが、このキャンプです。自分自身を見つめ直し、
国内外で起きている社会問題をワークショップを通じて考え、
実際にボランティアをして、自身がその後起こすアクションプランを考えます。

 

▶フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのファシリテーターとは?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ファシリテーターは、子ども達の考えを引き出す役割です。ワークショップを通じて感じた事を、
その場だけの考えで終わらぬよう、質問を通じて深めていきます。キャンプでは、
子ども達は6.7人程度のスモールグループに分かれてキャンプを通じてディスカッションを行います。
ファシリテーターにはそのグループに担当としてついてもらい、ワークショップを実施して頂きます。

 

 

▶ファシリテーターの声

ーーーーーーーーーーーー

私は、過去3回高校生グループの担当でした。ファシリテーターとして、ワークの時は少し背伸びをする部分はあるが、自分らしく接することで参加者もありのままの考えを話す事が出来ると思うし、近い年齢ということもあり、一緒に学んでいく感じがしました。毎回違う視点で発見があり、最初は”上手く回さなくては”と緊張していましたが、参加者が自然に話せる環境やキッカケを作るのがファシリテーターの役割で、自分が上手く回すことは考えなくて良いことに気付き、それぞれの参加者の個性を引き出すことを一番に考えるようになりました。自分にファシリテーターなんて出来るのかと不安に思う人も居ると思いますが、ファシリテーター講座を受け、事前にワークを体験しながら実践することで不安もなくなりました。 

              足立壮太郎(当時 大学2,3年生) ファシリテーター経験回数:3回 2015年春、2016年春・夏

 

 

 

2017年キャンプスケジュール

8月14日-8月18日 4泊5日 (御殿場)

※ファシリテーター登録後、東京オフィスでトレーニングを受けて頂きます。

※現地での前泊トレーニングがあります

 

応募方法

以下のサイトからフォームをご入力下さい!

https://ws.formzu.net/fgen/S72806294/

 

 

ご不明な点ございましたらinfo@ftcj.comまでご連絡ください。

 

 


<<back|<12345678>|next>>