ハイチでの支援活動紹介


カナダのフリー・ザ・チルドレンのブログ紹介です。 http://www.freethechildren.com/2014/06/helping-hospitals-across-haiti/


ここ数ヶ月の間に、フリー・ザ・チルドレンの「村の自立を応援しよう」プログラムの5つの柱の一つである保健支援が、ハイチにて目を見張る成果をあげています。かねがね切望されていた医療用品が町の病院や保健所に送られ、ハイチのコミュニティやポルトープリンス地区の病院で役立てられています。

例えば、ポルトープリンスの郊外に位置するLilavois病院。この地区では、飲料水を媒介とした病気が深刻で、マラリアや腸チフスが蔓延しています。医師3名と看護10名が一日に約50名の患者を診察していますが、過去には、財源不足のため、スタッフが医療機器のメンテナンスに追われ、最低限の治療しか施せないこともありました。

フリー・ザ・チルドレンからの医療物資の寄付により、Lilavois病院は、医療の質を上げ、より効果的に地域の健康管理ニーズに応えることができます。 その他、沿岸の町LeoganeにあるKlinik Lasanteには保育器等が送られ、未熟児の治療にも使われています。ポルトープリンスにある病院、Hospital of Peaceには、産科病棟にベッドと膣鏡が送られました。Hospital EleazarやHospital of the State Universityにも、新しいベッドを提供し、患者の移動に役立てられているそうです。

皆さんからの継続的な支援を受けて、フリー・ザ・チルドレンは、ハイチの医療を向上し、受診しやすい環境を作っています。これにより、子ども達は元気に学校に通い、明るい未来のためにコミュニティ全体の力になってくれることでしょう。

(翻訳:翻訳チーム山田さつき 文責:浅田紀子)


映画を見て、世界を変えよう!

カナダのブログからの翻訳です。

海外では色々な寄付の方法がありますが、その一例を紹介します。


http://www.freethechildren.com/2014/04/change-world-watching-great-movies/


世界に前向きな変化を作り出すことは必ずしも難しいことではありません。

家でくつろぎながらできる小さな行動がたくさんあります。

−たとえば、eflixirをチェックしてみてください!
eflixirは、元気が出るハリウッド映画を扱う最新のオンライン映画サイトです。

あなたが映画を観るたびに、わたしたちのコミュニティや海外でのプロジェクトをサポートする
フリー・ザ・チルドレンに寄付をすることができます。

また、これらの映画はいろいろな問題を扱っており、興味をもった問題に行動を起こしたり、知識を得ることができます。

eflixirは、愉快でひらめきのある映画を探したり、夢中になっていることについて議論するにも最適です。

eflixirのオンラインコミュニティでは、あなたが観た映画についてや、
あなたの考えについて他のユーザーと意見交わすことができます。

あなたと同じように世界の問題について関心をもっている人たちのオンラインコミュニティをぜひ探求してみてください。

変化を与える行動について話し合うことは、大きな効果があります。
わたしたちは、多くの小さな行動を合わせれば大きな変化を起こすことができると信じています。
あなたの友人を集め一緒に映画を観て変化を起こしましょう!



※このサイトwww.eflixir.comは日本語のサイトはありません。

(翻訳:高橋弥生 文責:浅田紀子)


ブルキナファソでの金鉱業

一年ほど前の記事になりますが、

ブルキナファソの金鉱業についての記事を紹介致します。

(The orignal article:http://pulitzercenter.org/projects/burkina-faso-gold-mines-child-labor-exploitation-poverty-migration-famine)


ブルキナファソは、北西にマリ、東にニジェール、ガーナ北部の国境に面した西アフリカの国です。金の地層が広範囲に渡って堆積されているこの地域では、昔から金鉱業がさかんに行われてきましたが、ブルキナファソがその恵まれた土壌を開発されたのは近年です。それ以来、何千人もの人々が金の採掘を行うために移住してきました。
 

しかし、アメリカの労働省で、ブルキナファソの18未満の子ども達の半数が働いているというデータを報告しました。家族は利益を最大限に得るため、子どもを働かせているのです。農薬や、未熟な機械操作による危険性にさらされながら、子ども達は農業や金の採掘を手伝います。現地のリーダーや企業家たちが、豊富な金を得るために、子ども達の労働を容認している現実があるのです。


(要約:翻訳チーム山田あさ子 文責:浅田紀子)




<<back|<31323334353637383940>|next>>