クレイグのコラムから〜環境が子どもの運命を分ける:オマールと僕の場合〜

2010年10月17日配信 FTC創設者クレイグのコラムより

〜環境が子どもの運命を分ける:オマールと僕の場合〜

Gloval Voices

Kielburger: Omar Khadr, Jean Chretien and me

http://www.thestar.com/news/globalvoices 

オマール・カードルに出会った日は、ぼくの人生で一番おそろしい日

でした。

フリー・ザ・チルドレン・ジャパン-Omar Khadr

オマール・カドール(少年の頃と2009年の写真)

パキスタンの首都イスラマバードで、ある応接室に座っていたぼくは

ぶるぶる震えていました。オマールが一緒にいたことが、妙に緊張

をやわらげてくれました。

1996年1月、ぼくとオマールは五つ星ホテルで、当時カナダの首相だ

ったジャン・クレティエン氏を待っていました。ぼくは13歳になった

ばかりで、南アジアを旅しながら、児童労働のことを実地で学んでい

ました。このとき、クレティエン首相も同じ地域にいたのです。その

1週間前、ぼくは記者会見で、同首相には児童労働の問題に関して何

か行動する、道徳的責任があると発言していました。

それを耳にした首相は、イスラマバード滞在中にぼくに会うことにし

たのです。ぼくはビクビクしていました。振り返ってみれば、実際は

なんだかこっけいな話でした。カナダ人テロリストとしてもっとも有名な

一家と並んで座りながら、「シャウィニガンの絞殺者」とあだ名された

首相との面会に緊張していたのですから。

(訳注:かつて抗議者の首を捕まえ締めつけたことからこのあ

だ名がついた)

その朝、ホテルのロビーに入ったぼくは、いきなり記者たちにとり囲

まれました。そんな大騒ぎに直面したのは初めてで、緊張が全然おさ

まりませんでした。やがてカードル一家がやってくると、記者らが彼

らの名前を叫び、注目がそちらにそれたので、ぼくは、誰だか知らな

いけどありがとう、と思いました。

ぼくたちは待合室に移動しました。その場にいたのは、ぼくと、ぼく

の旅の同伴者でガイド役のアラム、カードル夫人、そして9歳のオマ

ールを含むカードル家の子どもたちでした。

カードル夫人は、夫のアハメド・サイード・カードルの無罪を主張し

ていました。彼は、17人が死亡したエジプト大使館での自動車爆弾テ

ロ事件に関与したとして、パキスタンで収監されていました。カード

ル夫人は、夫は濡れ衣を着せられたのであり、拷問を受けたのだと言

いました。ぼくは心配そうな子どもたちの顔をのぞきこみ、同情しま

した。

オマールとぼくは、お互いににっこりしました。自分とほぼ同じ年ご

ろの子どもと一緒に座っていると、心が落ち着いてきました。少し言

葉を交わしているうちに、トロントで住んでいた場所が近所どうしだ

とわかりました。ふるさとの思い出話をしていると、少し気が楽にな

りました。

ある補佐官がぼくの番だと言ってきたので、気休めのお菓子をもらっ

ていた子どもたちに、ぼくはさよならを言いました。

15分間の面談のあいだ、クレティエン首相は貿易法についていろいろ

話したあと、ため息をつき、パキスタンのベナジル・ブット首相との

会談で、児童労働の問題をとりあげることを約束してくれました。カ

ードル一家についてぼくが最後に考えたのは、彼らのほうは少しでも

道が開けるだろうか、ということでした。

数週間後に帰国すると、ぼくは嵐のようなマスコミ攻勢の的になって

しまいました。大勢の人が、その若さでどうしてそんなにすごいこと

ができたのか、と尋ねてきました。その数年後に、パキスタンで出会

ったあの少年が、アフガニスタンでの銃撃戦でアメリカ人兵士を殺し

たと伝えられていることを知り、彼に同じ質問をする人はいるだろう

か、と考えました。

ぼくはみんなが、13歳の子どもではできないようなことをぼくがなし

とげた、と感じていることに気づきました。いっぽう、オマールは、

10歳で兵器使用訓練を受けさせられたわけですが、もっと他の知識を

教えてもらっていたらと、残念に思われます。

しかし、実際のところ、ぼくとオマールはそれぞれの環境の産物なの

です。オマールは、その環境にいたことによって痛手を受けているの

です。

オマールとぼくは同じ町で生まれましたが、育った環境はまったく違

います。ぼくの両親は、自分たちを活動家だと考えたことはありませ

ん。けれども、母は若年路上生活者の支援センターで働き、父は精神

障害者を助けるボランティア活動をしていました。こうした経験に達

成感を感じていた両親は、兄とぼくもそれぞれの生きがいを見つけら

れるように応援してくれました。

そうした影響を受けて、最終的にぼくは1996年にパキスタンへ行くこ

とになったわけです。当時は気づきませんでしたが、ぼくは自分でそ

こへ行くことを決めたのに対し、オマールはそうではありませんでし

た。

トロントで育ったオマールは漫画が好きで、彼の兄弟は、オマールが

漫画の『タンタン』の登場人物、ハドック船長のものまねをしていた

様子を語っています。オマールの先生たちは、彼は頭がよく、勉強熱

心な子だったと話しました。もちろん、先生たちはオマールが父親か

らとてつもないプレッシャーを受けていたことは知りませんでした。

たいていの子どもは医者や弁護士になることを勧められますが、カー

ドル家の息子たちは、自爆テロリストを最高のあこがれとして育ちま

した。彼らの父親は、イスラム教に背こうものなら死罪だと脅しまし

た。父アハメドにもっとも似ていたといわれるオマールは、父親をが

っかりさせたくなかったのです。

だからこそ、パキスタンでオマールは見るからに心配そうな顔をして

いたのです。彼は以前にも、危機的な状況の父親に会ったことがあり

ました。その数年前、父アハメドはアフガニスタンで地雷を踏んで瀕

死の重傷を負ったのですが、彼が回復するまで、オマールは父のベッ

ドのそばを離れようとしませんでした。

彼の子ども時代は、恐怖心や家族への忠誠心、大きなプレッシャーに

よって形作られたものであり、そうした日々が彼をあのイスラマバー

ドのホテルへ導いたのです。子ども時代の影響で戦いの道へ踏みこん

だ彼にとって、イスラマバードでの出来事は何度も思い出す、忘れら

れないことだったでしょう。

カードル夫人と子どもたちはあの日、おおいに同情を集めました。な

ぜクレティエン首相はカナダ国民である彼女の夫を助けようとしない

のかと、多くの人々が疑問をもったのです。とはいえ、首相は、約束

は守りました。ぼくの問題もカードル家の問題も、ブット首相との会

談でとりあげてくれたのです。ブット首相が児童労働についてどう語

ったかはよくわかりませんが、彼女はクレティエン首相に、カードル

が公正な裁判を受けることを保証しました。

数週間後、アハメドは不起訴処分になりました。ぼく自身も含めて、

ほとんどのカナダ人はこの事件のことを忘れました。しかし、2001年

9月11日の同時多発テロ事件の発生後、カードルの名前がふたたび浮

上します―今度は、オサマ・ビン・ラディンとのつながりからでした。

結局、クレティエン首相と会ったことは、ぼくにもオマールにも大き

な影響を及ぼしました。ぼくにとっては、メディアからの注目が高ま

ったおかげで、「フリー・ザ・チルドレン」の地盤を固めることがで

き、ぼくたちの活動は急速に広まりました。いっぽう、記者らの騒ぎ

のなかを、母親に手を引かれて通り抜けていった少年は、刑務所から

釈放された父親に再会しました。そのわずか数か月後には、父親は彼

に爆弾の作り方や、兵器使用訓練での突撃銃の使い方を学ばせていた

のです。

あの運命的な瞬間が、ぼくたち二人の人生の流れを変えました。だか

らこそオマールは、半死半生でバグラム収容所に連れてこられた15歳

のころには、子ども時代を少年兵士としての訓練に費やしてしまって

いたのです。

オマールの父親の裏切りを受けて、カナダ政府は何年ものあいだ、オ

マールを帰国させる危険を冒そうとはしていません。彼の母親は、何

度もテレビに出て欧米の民主主義を非難しましたが、これによって反

感は高まるばかりでした。

 こんにちのニュースで見る24歳になったオマール・カードルには、

クレティエン首相の政治補佐官からお菓子をもらっていた、不安そう

な9歳の子どもの面影はほとんどありません。父親そっくりに成長し

た彼にとって、今なら司法取引という選択肢もあり得るでしょう。

 どの子どもにとっても、親に従って生きなければならないのはフェ

アなことではありません。カードル家の一員に生まれれば、なおさら

そうでしょう。

ぼくがパキスタンで出会った少年は、その家名を通じて処罰を受け

ています。悲しいことに、その名前は、グアンタナモ収容所で彼に言

い渡されたどんなことよりも、はるかに大きな重みをもっているので

す。

(翻訳:FTCJ翻訳チーム 久保恵美子さん)


クレイグ&マークコラム紹介:ファッションデザイナーがブルカの固定観念をこわす

フランスで、9月14日、イスラム教徒の女性が顔や体を覆い隠す「ブルカ」などの衣装を公共の場で着用することを禁止する法案が成立しました。

(しかし、個人の自由を尊重する立場から違憲の疑いが指摘されており、施行は2011年春と定められ、まだ正式には執行されていません。)

これに関連するコラムをFTC創設者のクレイグとマークが

7月19日に投稿しているので、紹介します。

http://www.thestar.com/news/globalvoices/article/835759--global-voices-fashion-designers-bust-burqa-stereotypes

ファッションデザイナーがブルカの固定観念をこわす 2010年7月19日発信

翻訳:FTCJ大学生メンバー 長浜侑希さん

フランスがブルカを禁止する意向を示すとともに、

今パリのデザイナーたちは体を覆わないファッションを中東で披露しています。

リヤド(サウジアラビアの首都)にあるサクス・フィフス・アヴェニューは

石油の豊富なガルフ州にある目をひくデパートです。そこではパリの

高級服飾店のラベルの付けられたアバーヤは売れていませんが、

床に着くほどの長さのあるバスローブのようなこの衣装を数百万の

女性イスラム教徒が着用しています。

この衣装は慎み深さを表しますが、

しかし豪華になり得ないというわけではありません。

ニナ・リッチやジャン・クロード・ジトロアと同様にディオールの

ジョン・ガリアーノによるフランスのレーベルが、スワロフスキーや

精巧な刺繍で飾られたアバーヤを手掛けています。

既製品の価格は2000ドルから2500ドルで、一方特別に仕立てられた

ベールのついたアバーヤは11500ドルで売られることもあります。

フランスのファッションがブルカの議論へと足を踏み入れていることは

驚くべきことではありません。イヴ・サン・ローランが女性用のスーツの

先駆けである一方、ココ・シャネルは女性の服装をコルセットを締める

ことから遠ざけるのに貢献しました。

今日、フランスのニコラ・サルコジ大統領がブルカとニカブにおける

闘争を行っているのと同時に、ジバンシィは政府の態度に対し抵抗

するため顔を覆ったモデルをランウェイ(ステージ)に送り出しています。

ファッション産業はしばしば政治的というよりも取るに足らないもの

としてみなされています。しかし、ファッション産業は重要な点を強調

させているのです。今や国境がドレスの縫い目ほどしっかりしていない

グローバル化した世界の中では、制度化された人種差別が寛容な

世界に向けて私たちが重ねてきた進歩を減退させてしまいます。

“ブルカの禁止”がヨーロッパ中で注目されている一方で、フランスは

衣服について非難することにおいておそらく最も声を発している国でしょう。

先週フランス議会は、顔を覆うベールを女性が通りや公共の公園、

バスや店の中で着用し捕まった場合に190米ドルを課す法案を

336対1で可決しました。また、妻や娘にブルカやニカブを着用する

よう強要した男性には38000米ドルの罰金と懲役1年の刑が課されます。

この法案は、乱用された人口の小区分の人たちをさらに孤立化させ、

女性のエンパワーメントに対して直観と反しています。さらに残念なことに、

このことが女性イスラム教徒は服従的であるという固定観念を不滅のものにし、

私たちの社会の中に存在する人種差別主義やイスラム教徒への

嫌悪を証明しているのです。

イランやサウジアラビアなどの国はベールで顔を覆うことを強制し

国民を統制するための道徳警察を設置していますが、このような実践は

イスラム教には当てはまりません。これは正しく非難されるべきなのです。

しかし、世界中の何百万というイスラム教徒が彼らの宗教と西洋文化とを

見事に融合させていることは認められなければなりません。

ヨーロッパや北アメリカの女性イスラム教徒のための何百という

オンラインストアのうちの一つを見ると、イスラム教と西洋文化が

どれほど密接に関わり合っているのかを垣間見ることができます。

『もしあなたがヒジャブ(顔を覆うスカーフ)によく合う長いトップスを

探しているのなら、GAPに行って男の子用のシャツを手に取ってください。』

とヒジャブ・トレンド(Hijab Trendz)という流行のファッションや美容、

エンターテイメントについての女性イスラム教徒のためのブログに

最近投稿されていました。ちなみにこのブログではこのようなシャツ

のことをヒジャビリシャス(hijabilicious)と呼んでいます。

また、『トップの長さや緩さの点でこのようなシャツは完璧なのです。』

とも述べています。多くの人は文化間の類似点を見つめるよりも

圧政的な政府によって永続させられている否定的な価値観に

注目しがちです。寛容な世界に向けて働きかけるのではなくただ

誤解を生みだすだけのものである“禁止”というものを通して、

このことは固定観念の慣例化を導いてしまうのです。

西洋諸国がブルカについて議論している一方で、中東における

私たちのイメージは決して好意的ではありません。フェミニストメディア

批評家であるフェイテム・ファクライアが指摘したように、イスラム

世界の西洋に対する認識を政府が変えるため動いているのにも

関わらず、私たちはイスラム世界に対する私たち自身の認識を

改善するためにほとんど何もしていません。

コレクションの中でイスラムの効果を利用するという大胆な

ステップを踏んだデザイナーたちパリのランウェイ(ステージ)にも

そのような状況は残念ながら垣間見られます。しかし、シャネルが

コルセットを時代遅れのものとすることができたのなら、おそらく

今日のデザイナーたちも寛容さを最新の流行として導入することができるでしょう。


PREDA基金代表 7月2日カレン神父コラムより

こんにちは、フリー・ザ・チルドレン・ジャパン事務局です。

FTCJのフィリピン支援事業の現地パートナー団体

PREDA基金の代表のシェイ・カレン神父のコラムから

情報をお届けします。

翻訳は、高校生メンバーの河合朝ちゃんが担当しました!

***

カレン神父マニラ新聞掲載コラム 2010年7月2日

A Nation Crying Out for Justice

〜正義のために、切に求められている国家とは

新たなフィリピンの大統領が、ここに誕生しました。

ノイノイ・アキノ氏は、「国民の希望」として困難な、しかしやりがいのある

任務にとりかかっており、また、汚職のないフィリピンを約束する内閣を

作り上げようとしています。その中で法務大臣に指名された、

レイラ・デ・リマさんの存在にはとくに、内閣をより一層素晴らしいものに

することに、大きな期待がかかっています。

リマ女史は、人権活動家、社会運動家のリーダーが犠牲になった、

数え切れないほどの世間を騒がす暗殺と殺人の裏にある首謀者を

暴くことに、勇敢にも力を注いだ、前人権問題委員会の長官でもあります。

リマ女史は、委員会の調査を頑なに拒む警察や軍隊に向かっていく、

大変勇敢な女性でした。しかし委員会に対し、裁判官がダバオ事件に

対する捜査令状を出さなかったことにより、委員会はその捜査を許されず、

より窮地へと立たされる結果となりました。

その事件について、ダバオでは、戦いの末に裸の女性や子どもの

体の部分が発見されたと報じられています。

アキノ大統領による明るい未来を目指す新しい行政への一歩として、

社会的弱者の保護を優先されることが期待されています。

殺人集団と暗殺者たち、そして、本来市民を守るべき立場にいるにも

関わらず加害者行為をしている人々が侵す、甚大な被害を

生み出ているる人権問題にも、まもなく終わりがくることでしょう。

前アロヨ政権の元ではびこっていた、殺人集団といったものに対する

無処罰を考え、新ノイノイ・アキノ大統領政権は、

米国海外軍事教育機関(IMET)のフィリピン軍隊や警察への教育方法と

訓練方法を見直す見通しとなっています。

数百人もの警官と軍人は年に一度、ここおよび海外で訓練されています。

しかしその訓練内容は、過激な武装、残虐性、そして社会活動に反する

にもかかわらず、「極端な先入観」と共に植えつけられた、好戦的な殺し方

というものを教えこんでいるように見られ、さらに神父や、その訓練内容に

対し反対運動を行う人々は、独断的にアメリカの敵としてみなされるという

事態にさえなっているのが現状です。警察や軍人の本来もつべき

役割である、善良な市民や哀れな被害者たちのために法をふるい、

全力で守り抜くというその姿勢は、知らぬ間に失われてしまったようです。

人権の尊重問題は、訓練議事にすらのぼらず、この分野こそが、

改革を求められているものの一つといえるでしょう。

エイラ・デ・リマ大臣は、最も骨の折れる職務を担っています。

リマ大臣は、有言実行ではっきりとした優先順位作り上げました。

まず、第一に公平で正直な、賢く、法を順守する、誠実な人間である

検察官を増やす事が期待されています。これらの検察官は、

虐待を受ける女性やこども、人権侵害、そして悪質な犯罪を受けた

犠牲者たちの保護に全力をつくす者であり、法に抵触する子どもたちに

慈悲を与えもする存在でなければありません。

法務大臣であるデ・リマさんは、腐敗し無能であった検察官を一掃する

ことを目指しています。ここでの検察官は、性的虐待を容認する、

どれだけ決定的な証拠があったとしても訴えに見向きもしない、

そんな人々として知られています。これは彼女が計画していた改革であり、

過去10年間にわたる皮肉を取り除き、法務省内の人々の信頼を取り

戻すことにもなります。法務省に所属する善良な人間は、利益追求

のために腐敗していった公務員によって個人の見解を押しつぶされることなく、

よりすぐれたことをするべく、素晴らしい機会を与えられるはずです。

私が一度一員であった、児童保護法における大統領委員会は、

無視されていた子どもの、搾取、虐待、人身売買、そして悪質な犯罪

などのケースを取り扱い、犯罪者を執念深く追跡していました。 

また彼らは、海外の性的虐待加害達を追いかけ、彼らを彼らの国々で

治外法権の下で有罪にもしました。

遠い昔、虐待に関する児童保護と正義が、司法省と市民社会の中で

優先事項として取り扱われていた輝かしい日々がありました。

しかし長く続くことはなく、買収による不正利益や政治家の汚職問題

といったものの保身が、それに代わり優先される時代となってしまいました。

フィリピンが世界の汚職国リストのトップにいるというのが、今の現状です。

今まで無罪放免とされた、莫大な数にもおよぶ人身売買、児童虐待と

児童拉致問題などのケースは、腐敗政治問題を映すなによりの証拠であり

しかしながらどうすることもできない問題であります。「オロンガポの恥」

である二人のアメリカ人が二人の10歳の子どもを4年間、性的奴隷として

扱っていた事例では、確かな証拠にも関わらず、容疑は否認されたままです。

彼らはそこから立ち去り、アメリカに戻ることが許されました。

申し立てによると、その二人のアメリカ人は、妊婦である15歳の娘を

彼らとともに連れて帰ったと言われています。被害者用に旅行書類の

推薦状にサインをした社会福祉開発省は、本来ならばそれについて

はっきりとした説明を行う義務がありました。

妊娠した子どもは、いったい今どこに居るのでしょう。

コラム(英語)URL:

http://www.preda.org/main/archives/2010/r10063001.html

翻訳:FTCJ翻訳チーム 高校生メンバー 河合朝


<<back|<323334353637