刑務所の中でゆれるゆりかご:塀の中で暮らす母親たち

クレイグとマークのコラムの紹介です。

 

https://www.we.org/we-schools/columns/global-voices/cradles-prison-cells-mothers-behind-bars/

 

ラジオの雑音や、受刑者たちの話し声が響く刑務所内。そ

んな刑務所の大広間から、びっくりするような「音」が聞こえ

てきました。

 

大広間から聞こえてきたのは、赤ちゃんの泣き声、赤ちゃん

をあやす母親たちの声、硬い椅子がキーキーと鳴り響いて

いる音、クレヨンで何かを描いている音、絵本の読み聞かせ

をしている声でした。

 

ここは、バンクーバーにある「Alouette Correctional 女性

刑務所」です。この刑務所には、保育園が併設されてい

ます。この刑務所は、刑務所で服役中の母親たちが、乳

幼児の子どもたちと一緒に暮らすことができる、カナダ

でも数少ないタイプの刑務所です。

 

「数少ない」という表現を使いましたが、厳密に言うと、州が

運営する刑務所で、子どもと母親が暮らせる刑務所は、こ

のLouette Correctional 女性刑務所だけです。州によって運

営されている女性刑務所はカナダに18カ所あり、6千人の女

性受刑者が現在服役しています。そのような現状の中、子ど

もと暮らせる刑務所は一か所なのです。(カナダには、他に連

邦政府が運営する刑務所があり、その中には、子どもと母親

が暮らせる刑務所もありますが、大半の受刑者は、州が運営

する刑務所に服役しています。) 専門家の試算によれば、 母

親が刑務所に収監されるため、母親と離れ離れにならなけれ

ばならないカナダの子どもたちは、毎年2万人ほどいるとされ

ています。

 

「私たちは、このような状況下の女性に対し、一方的な判断

や決めつけをしてしまいがちです。『受刑者なのだから悪い

人間に違いない。母親としても悪い親だっただろうし、受刑

者の子どもたちも、同じように罰せられるべきだ』というよう

に..」 こう語るのは、元刑務所勤務医で、現在はブリティッ

シュコロンビア大学を拠点に、受刑者の健康や教育の改善

に取り組んでいる、ルース・エルウッド・マーティン博士です。

 

「受刑者の子どもが刑務所で生活するなんて話聞いたこと

ないよ。そんな話は、噂で使われるようなガセネタだったり

とか、B級のコメディー映画に出てくるような作り話でしょ?

」読者のみなさんの中には、そんな風に思われている方も

いるかと思います。しかし、カナダや、イギリス、ドイツなど

を含む世界90カ国では、刑務所内で子どもを育てることが、

法律で認められているのです。(具体的な制度や規定などは、

各国でそれぞれ異なっていますが) 受刑者が刑務所内で育児

ができるようになるためには、厳しい審査をその過程で行い、そ

の受刑者による子育てで、子どもが危険にさらされる可能性は

ないこと、子育てをすることが受刑者の更生にも寄与するもの

であるということを証明することが求められます。そのような審

査を経て、刑務所内での子育てが認められるのです。

 

Louette刑務所では、母親の受刑者たちは、刑務官らによ

る見守りや指導の下で、子育てを行っています。受刑者た

ちは、子育ての講習や、万が一に備えて応急処置の方法

を学ぶ講習、赤ちゃんへの対応の仕方などを学ぶ講習を

受けます。子どもたちが幼稚園などに通い出す四歳の年

齢になると、刑務所で暮らす母親たちの元を離れて、子ど

もたちは刑務所外で生活することになっています。刑務所

には母親と面会するために定期的に訪問する程度です。

 

医学的な研究では、服役中の母親の下で暮らすことが、乳

児の健康のためにも良いことであるということが明らかにな

っています。母親と共に過ごすことで、感受性や社会性が育

ち、不安障害やうつ病などに苦しむリスクが減少し、乳児の

良好な発育につながります。

 

子どもたちと暮らすことは、母親たちに生きがいを与え、リ

ハビリにもなります。子どもたちと過ごすことが、更生を促

し、再犯率の減少にもつながることが分かっています。

 

マーティン博士は、親子で時間を過ごすことは、受刑者が

社会に対して持っているトラウマや、家族との関係で負っ

た傷などを癒す効果もあると指摘します。しかし、大半の

刑務所では、母親である受刑者が子どもと暮らせる体制

が整っておらず、受刑者と子どもたちが親子として時間を

過ごす機会が奪われています。

 

現在のカナダの刑務所のシステムに批判的な立場の人た

ちからは、「カナダの刑務所は、かつて行われていた先住

民の隔離政策を、再び行っている場になっている」という指

摘が出ています。先住民の多くの女性たちが、刑務所に収

監されて家族と引き裂かれているという批判です。この批判

の背景には、2001年時と比べて、刑務所に収監される女性

の数が、倍以上に増えているという実態があります。
 

受刑者となる先住民の女性たちの家族は、かつて行われ

ていた同化政策によるトラウマや傷を抱えている場合も多く、

そのような家庭の状況が、受刑者の生い立ちに影響を与えて

いることも少なくありません。このような事情もあり、先住民の

受刑者の家族全体に対して支援を行っている刑務所もあります。

 

「ここまで先住民の女性受刑者が多いのは、この国にと

っての悲劇と言っても過言ではないでしょう。この受刑者

たちの多くは、トラウマや薬物依存症に苦しんできた被害

者でもあるのです。今こそ、この負の連鎖を断ち切るため

に動くべきなのです(マーティン博士)」

 

マーティン博士は、塀の中にいる母親と、その子どもたちの

ための権利擁護の活動を、20年行っています。全てのカナ

ダの刑務所で、母親である受刑者と子どもたちが暮らせる

ようになるための体制を整備することを求める運動を続けています。
 

母の日を控えた今、私たちも、マーティン博士の訴えに賛

同の意を示したいと思います。刑務所は、受刑者たちの更

生を支援する施設です。受刑者たちを罰する場ではありま

せん。ましてや、刑務所という場が、カナダで最も弱い立場

の人たちやその家族を罰する場になるということは、あって

はならないことです。

 

マーティン博士は、引き裂かれた親子の負う傷は、決して

癒えることはないと指摘します。「一度母親と引き裂かれ

た赤ちゃんが、それ以前の状態に戻るということは、不可

能なのです」

 

参考リンク

 

 

Louette Correctional 女性刑務所を紹介する記事(英語)

 

http://www.metronews.ca/news/vancouver/2016/01/31/baby-unit-at-bc-jail-in-use-for-the-first-time-in-8-years.html

 

刑務所内での子育てが、母親の受刑者の更生につながっ

ていると報じるアメリカのテレビ番組(英語)

 

http://abcnews.go.com/US/babies-born-raised-bars-mothers-returning-prison/story?id=22413184

 

専門家が解説する日本の受刑者となっている母親とその

子どもをめぐる現状。今回のコラムでは、カナダにおける

刑務所内での子育てに対する支援がなかなか普及して

いないという問題が指摘されていたが、日本においては、

法令では刑務所内での子育ては認められているものの、

実質的にはその法令を具体化した支援がまだ整備されて

いないのが現状のようである。

http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/700/248082.html

 

専門家が指摘する、受刑者となっている母親が子どもと共

に親子として過ごすことで、親子に出てくる前向きな影響

 

http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/700/247827.html

 

「カナダの刑務所は、かつて行われていた先住民の隔離政

策を、再び行っている場になっている」という指摘(英語)

 

http://www.macleans.ca/news/canada/canadas-prisons-are-the-new-residential-schools/

 

※今回のコラムでは、カナダの刑務所の制度が、現在の先

住民の隔離政策になっているという議論を紹介しているが、

カナダの隣国であるアメリカにおいても、「刑務所は、かつて

アメリカで行われていた人種隔離を、現在でも行う場になっ

ているのではないか」という議論を行っている専門家もいる。

アメリカとカナダは状況が異なる部分もあるが、アメリカの刑

務所の制度の問題を、人種差別という観点から指摘している

専門家へのインタビュー動画が日本語でも訳されているので

紹介したい。国は違えど、今回コラムで指摘されていることと

重なる部分もあるので、今回の内容や議論について関心を持った

方、日本語でもっと知りたいという方は、ぜひこちらも参考資料の

一つにして頂ければ!(清田)

 

http://democracynow.jp/video/20150304-2

 

 

 

 

 

 

 


ケニアに誕生した新しい男子校。その学校誕生のきっかけを作ったのは、12歳の少年だった!

今年、カナダのWEの支援事業によって、ケニアに新たに開

校した、「ネグロット男子学校」。この学校が誕生したきっか

けをつくったのは、12歳の少年が抱いた素朴な疑問でした。(清田)

 

https://www.we.org/stories/teen-builds-first-boys-school-in-kenya/


カナダに住んでいるミッチ・クリウォヴィチは、12歳の時、ケ

ニアの農村部の女子中等高等学校の開校に立ち会いまし

た。この時、彼は、「ここには男の子のための学校はないの

?」という素朴な疑問を口にしたのです。

 

返ってきた答えは、「ありません」というものでした。その日

から6年間、彼は、その状況を変えようとカナダ、アメリカで

活動してきました。ついに、今年初めに、彼は、ちょうど6年

前と同じ場所に立って、自分の夢が実現する瞬間に立ち会

ったのです。

 

この12歳の少年は、以前には何もなかったところに男子校

を建設するのに必要な100万ドルを超える寄付を、一体ど

うやって募ることができたのでしょう?これは、執念、寛容な

心、そして希望を持って変化を起こした少年の物語です。そ

の物語は、ミッチが変化を起こすためにもがいていく中で、

贈り物のヤギと、33人の男子校の新入生と友人になるとい

う結末を迎えます。

 

ミッチとその家族は、これまで何回かスタディーツアーに参

加しています。二回目の時に、ミッチたちは、“WE”がケニア

で初めて手がけた女子中等高等学校、キサルニ女子学校

の開校式の場に立ち会ったのです。このキサルニ女子学校

は、ケニアで私たちが行った重要なプロジェクトの一つです。

 

ミッチの問いで明らかになったように、高校の高額な学費を

負担する余裕のないケニア農村部の少年たちには、中高等

教育を受ける機会はありませんでした。

 

「地域の女の子たちは力強く歩み始めた一方で、男の子た

ちは取り残されていました。私たちは、男の子たちの将来を

危惧していました」とキサルニ女子学校があるEnelerai集落

のコミュニティーリーダーを務めるEilly Cheres氏は語ります。

 

 

当時、中学生だったミッチは、12歳という自分の年齢で働か

されている姿を思い描きました。彼は身震いして帰国し、そし

て 、「ケニアでできた新しい友達が学校に行けるようにするた

めに、アクションを起こそう」と決意したのです。

ミッチは、自分が始めたばかりのキャンペーンをプロジェク

ト・ジェンガ、と呼ぶことにしました。これは、スワヒリ語で「

建設」という意味です。彼は、クラスメイトたちにステッカー

を売って資金調達を始めました。
 

この名前のとおり、ミッチの発案は、ステッカーの販売から

年数回のお祭りでのオークション活動にまで発展しました。

まだ子どものミッチは、有名人や活動家たちが、自分の夢の

実現のために結集してくるのを、信じられないという想いでみ

ていました。

 

カナダやアメリカ各地の団体がプロジェクトに関わり、連帯

の波ができていきました。最終的に、学校建設と第一期生

の奨学金にあてる100万ドル以上の資金が集まりました。

 

今年の1月にケニアに舞い戻った18歳のミッチは、少年た

ちが、ぱりっとした白シャツと青のネクタイ姿で登校し、はに

かみながらも誇りを持って校庭を埋めているのを目にしたの

です。

 

徐々に集落のお年寄りたち、親たち、幼い子供たちで校庭

が埋め尽くされました。彼らは、心から生徒たちを祝福し、

また、今回の機会を手がけた北米からの訪問者たちと挨

拶を交わす頃には、この日雨を降らせた黒い雲は、谷を

舞い上がって霧消しました。.

 

その日、Cheresは、集まった人たちに向かって、熱心な教

育支持者としてだけでなく、誇りある父親として、次のよう

に語りかけました。「自分の息子は、この『ネグロット男子

学校』の先駆者、つまり、2020年に卒業する第一期生の

一人です。息子は、もう家業の牧畜や農業に縛られるこ

とはありません。」

 

きちんと手入れされた校庭に目をやりながら、Cheres氏

は、こう続けました。「誰も、この地に何かが起こるとは考

えていませんでした。しかし、私たちは、今や、幸福の中

にいます。私たちは、娘、息子の両方を教育してもらえま

す。私の息子は、大学へ向けていろんなことを私に頼ん

でくるでしょう、息子はエンジニアになりたいのです!」

 

 

キサルニ女子学校の姉妹校となるネグロット男子学校では、

初年度は、この地域で最も学業面などが優秀な、男子生徒3

3人を受け入れます。

 

「ここに入学予定の生徒たちに会うのは、とてもすばらしこと

でした。彼らは、ここで受けることのできる教育のおかげで、

きっと将来のリーダーになれるでしょう。その教育がようやく

実現する。素晴らしいです!」と、ミッチは話します。

ミッチの両腕に抱かれたヤギは、村がミッチに授けた最高

の名誉でした。斜面を横切って流れる雨は、ひどい干ばつ

が終わったことを祝福するようでした。

ミッチが、一番心を動かされたと話すのは、ぴかぴかの制

服に身を包んだ少年達が、その両親や年若い兄弟姉妹を、

この学校に連れて来ているという光景でした。

 

ネグロット男子学校は、次年度は500人以上の入学志願

者を予想しており、奨学金用の資金調達の達進捗状況を

見ながら、入学者数を増やしていきたいと考えています。

「入学者数は、今よりもずっと多くなります。この効果は、世

代を超えて波及するでしょう。」とミッチは話しています。
 
ミッチと、プロジェクト・ジェンガの支援者たちにとって、この

事業は、まだ始まったばかりです。

参考リンク

 

キサルニ女子学校についての過去の記事

 

http://ftcj.jugem.jp/?eid=1246

プロジェクト・ジェンガの公式サイト(英語)

 

http://projectjenga.ca/index.html

ミッチからの、プロジェクト・ジェンガの支援者へのお礼のメッセージ動画 (英語)

 

https://www.facebook.com/ProjectJenga/videos/vb.163761410370025/1242818499130972/?type=2&theater

 

(原文記事執筆:Deepa Shankaran 翻訳:翻訳チーム 山下正隆 文責:清田健介)

 

 

 

 


家族を支えるため、WEの自立支援事業で、大きな一歩を踏み出した女性の物語

フリー・ザ・チルドレン/ WE は、エクアドルでも支援事業を

行っています。今回ご紹介するのは、WEの自立支援事業

の受益者となった女性と、その家族の物語です。(清田)

https://www.we.org/stories/ecuadorian-mom-supports-family-as-we-artisan/

 

オルガ・シグゥアンゴの8歳になる娘が、街角のお店でお菓

子をせがみます。「私のツケにしておいて」オルガは言います。

 

なんてことない出来事に思えるでしょう。ですが、この出来

事はナポ川沿いの小さな地域での生活がいかに大きく変

わったかをよく表しています。

 

「以前はこんなことできませんでした」29歳のオルガは言い

ます。地元のベジャビスタ・バハの、WE artisan group(WEの

自立を支援するグループ)に入るまでは、毎日の食事すら事

欠く状態でした。お菓子なんてもってのほかでした。

 

オルガが暮らすのはエクアドルの中でもアマゾンの熱帯雨

林地域です。カヌーかジャングルを通り抜ける泥のでこぼこ

道でしかそこへは行けません。職業も限られています。オル

ガの収入源といえば、農業だけでした。しかしそれすら安定

していませんでした。さらには、大工として働いていた夫のサ

ウルが失業したのです。

 

「お金がありませんでした。」オルガは言います。ユカと呼ば

れる根菜を塩で調理するだけの食事が当たり前になり、卵

はぜいたく品となりました。トウモロコシから作られるチチャ

という飲み物しかない時すらありました。オルガ自身は高校

を卒業していましたが、二児の母である彼女は子どもを小学

校に通わせることに四苦八苦していました。

 

以前WEはその地域で学校の再建に携わっていました。そ

の縁もあって、2014年3月にWEは地域での機会拡大に関

して話し合うために、地域でのミーティングの開催を要請し

ました。ミーティングの条件は一つ、女性のみが参加する

女性のためのミーティングにすることでした。

 

その地域は昔からものづくりがさかんでした。そこに発想を

得て、WEは女性たちに、WE artisan group(WEの自立を支援

するグループ)を通じて、伝統工芸をりをするグループを作ら

ないかともちかけました。オルガは、姉、義理の姉、めいたち

と共に最初のグループを作りました。みなで協力し、地域に特

有の繊維や種子を使って美しいアクセサリーを作る方法を学

びました。

 

「最初は、私にできるかどうか分かりませんでした」とオルガは

正直に言います。アマゾンのこの地域は、伝統工芸が有名で

したが、オルガは何も作ったことがありませんでした。だからと

いって諦めるつもりはありませんでした。「夫が言ってくれたの

です。『君にならできると思う。一生懸命にやって、できるという

ことをほかの人に見せるんだ』」

 

オルガたちは2週間に一度集まり、WEからのトレーニング

を受けました。手作りの技術を学ぶだけではなく、財務、

中小企業の経営、スピーチを人の前で行うノウハウも身

につけました。最初に受けた100本のブレスレットのオー

ダーを仕上げること、グループの財務担当になること、そ

ういった一つひとつのステップを踏みながら、オルガは自

信をつけていきました。

 

稼いだお金は当初、毎日の食事や衣服、娘の学用品、薬

などをまかなうのに使われました。生活必需品がそろった

後、オルガは初めての大きな買い物をしました。冷蔵庫で

す。いまは、オルガの稼ぐお金は子どもたちのための教育

資金となっています。

オルガの娘は、勉強がないときは、母親の手伝いをするこ

とが大きな楽しみとなっています。そんなとき、オルガは家

庭を支え、働く母親としての誇りに満ち溢れています。

 

(原文記事執筆:ワンダ・オブライエン  翻訳:翻訳チーム  北澤麻紀 文責:清田健介)


<<back|<123456789>|next>>