[みんなが挙げる声は、最も強力な武器となる」 マララさんのスピーチ全訳

今回の「世界のWEニュース」では、活動家

のマララ・ユスフザイさんの、2014年のW

e Day UKでのスピーチの内容をご紹介します。(清田)

 

https://www.we.org/stories/malala-yousafzai-speak-at-we-day-uk-about-girls-rights/

 

みなさんは私のことを、タリバンの襲撃

を受けて頭に重傷を負った少女として、

知っているかもしれませんね。でも、

私の話 ― 私が誰で、どこの出身な

のか、あの事件の前はどんな生活を

していたのかを知ってもらえたらと思います。

 

経済的には、私は貧しい家庭に生まれま

した、が、私の家族は、倫理観には富んで

いる人たちばかりです。

 

父親は立派な人でした ― 今もそうです

けれど。私とのやり取りの中にも対等な

権利を認めてくれました。私と(2人の)

弟たちを平等に扱ってくれました。

 

私は勉強をすごく頑張り、クラスではトップ

の成績でしたから、周囲からは、いい子だ

と思われていました

 

しかし、生活の中ではしくじることもあり

ました。少しお転婆で ― 今でもそうです

が ―時々弟とやり合っていましたが、そ

れは今も続いています。もう1つ間違った

ことをしました。嘘をついたことがあります。

本当のことが言えなかったのです。友達

の装身具を盗ったこともあります。ごく幼

い時のことですが。

 

しかし、一度このような失敗をしたから

には、そこから学んだことも事実です。

この過ちは決して二度と繰り返しませんでした。

 

そこで少しお話したいのですが、人には

弱いところがありますね。みんな完璧に

はできていません。私のことを、「背が高

ければ素敵なのになあ」と思う人もいるか

もしれませんが、現実の私はそうではあり

ません。誰にも弱点はある、でもそうだか

らと言って特別な存在に値いしないと言う

ことではありません。

 

私たちはみんな特別な存在なのです。何

か才能を持ち備えています。

 

私の立場から、みなさんに何かアドバイ

スできることがあるとすれば、。決して希

望を失わないでください。それと、そうで

すね…

 

私たちみんなに、勇気があります。また恐

怖心があります。

 

私も時々怖くなることがあります…幽霊

とか、ドラゴンとか、外骨とか…でも、勇

気は恐怖に当然勝るということも事実で

す。

スワート地区(ヴァレイ)で、私たちはテロ

リズムに立ち向かっています。その時、

私は教育がとても重要なものだと実感し

ました。400以上の学校が..そう、400

校以上が当時、爆破されました。女性

は市場に行くことも許されませんでした。

女の子の教育は禁止されていました。

 

CDショップの店は爆破されました。学校は

爆破されました。

 

当時、私たちは、テロリズムの中で生活し

ていたのです。そんな時、2つの選択肢が

ありました。1つは、何も語ることなく死ぬ。

2番目は、語ってから死ぬ。私は2番目を選

択しました。

 

その時です。私たちは言葉を口にして、

声を挙げました。私は日記を書いて、BB

C放送に、ブログ記事として連載しました。

ニューヨークタイムズのドキュメンタリーにも

登場しました。さらに記事を何本か書いて

報道機関に訴えました。

 

私はスワート地区の外の世界が、世界中の

人が私たちの訴えに耳を傾けてくださってい

るとは知りませんでした。

 

そして間もなく、強力な手段、強力な

武器と言うのはみんなの声だというこ

とが分かりました。

 

同時にまた、私の人生を左右するような

事件にも直面しました。10月9日、私はタ

リバンの襲撃を受けました。

 

しかしその日、私に宿っていた小さな

恐怖心は死にました。そして勇気と精

神力とパワーが生まれました。

 

勇気は2つの理由から得ました:

 

まず、死の危機さえも、、私の教育への思

いを後押しいてくれたのではないかと実感

したことです。

 

さらに大きな勇気を実感した2番目の理

由は、みなさんの愛、みなさんの祈り、そ

してみなさんからの応援だったのです。

 

私には確信していることがあります。そ

れは、私たちは1つの家族として生きる

ものだということです。

 

ここ地球はとても小さい世界ですね。― 

本当に小さい世界です。私たちは1つの

家族として生きなければなりません。

 

お互いを思いやらなければなりません。

アフガニスタンや、パキスタンや、シリア

でテロに苦しんでいる子どもたちを見て

見ぬ振りをしてはいけません。この子ど

もたちをないがしろにしてはいけないの

です。

 

私たちが、輝かしい未来を望むのであれ

ば、このような子どもたちに心を寄せなけ

ればなりません。

 

そしてまた、ほんの小さなことをやるこ

とが必要なのです。私がこのように言

っても、それはごく普通の誰もが口に

する言葉ですね:私たちはお互いに親

切でなければならない。お互いに友好

の心を持っていなければならない。お

互いに愛さなくてはならない。

 

私の意見では、人生は非常に短い、本当

に短い人生です。ほとんど80歳、90歳まで

生きられない。この短い人生の中で、なぜ

人は憎しみ合うのでしょうか?

 

お互いに愛し合っていきましょうよ。そし

てこの人生を楽しみましょうよ。

 

楽しく生きましょう。そして人生で一番

の楽しみ方は、集団の中で生きること、

つまり、他の人がいる世界で、つながり

合いながら生きることです。誰もひとりで

は生きていけなのですから。

 

私はまた、みんながそれぞれ多様性を持

ってこの地球に送られて来ているのだと信

じています。これは心にしっかり留めて置

かなければならないことです ― 肌の色

や性別、宗教によって、社会の中で偏見

や差別をしたり、受けてはなりません。お

互いに愛し合わなければなりません。お

互いの考え方を受け容れ、尊重しなけれ

ばなりません。

 

私の夢ですが。私の夢は、教育のために

力を尽くすこと、子どもがみんな学校に行

って質の高い教育を受けるのを見届ける

ことです。

 

そして私は、明るい未来を、より良い世界を

夢見ています。

 

ご静聴ありがとうございました。

 

(翻訳:翻訳チーム 松田富久子 文責:清田健介)

 

 

スピーチの公式動画(英語)

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=GUpHn8JEk_0

 

 


青に、ピンクに、藍色に..:鮮やかに染まるインドの伝統工芸に魅せられて..

WEが行っているインドへのスタディーツアーでは、インドの

伝統工業を体験することができるそうです。今回はそのスタ

ディーツアーの様子を少しご紹介します。(清田)

 

https://www.we.org/stories/arts-and-crafts-in-india-with-me-to-we-trip/

 

 インドのラジャスタン州に少女ザキラの家では、700年に

および親から子どもたちへ、その子どもたちからそのまた子

どもたちへと代々伝統工芸が受け継がれています。

 

それは、絞り染めやブロックプリントのインドの伝統的な染

織技術で、今では旅行者たちを通じて、国境を越えて広が

っています。

 

インドのラジャスタン州のアラバリ山脈の麓にあるWEのア

ラバリ山荘キャンプ地で、朝目覚めたばかりのスタディー

ツアーの参加者のもとをザキラたちが訪れました。


WEのスタディーツアー参加者が草の上にマットを敷いて楽

しみにしてザキラたちを待っています。

 

ザキラは、父ユヌスや兄弟や従妹たちと、自宅のあるウダ

イプルから、2時間かけてこちらのキャンプにやってきました。

 

ザキラたちは、スタディルアーの参加者に、白い布をどのよ

うにして綺麗な色の布に染め上げるのかを教えるためにや

ってきたのです。

 

このスタディーツアーは、若者や家族、また企業の従業員

などが、現地の文化を体験できるWEの国際プロジェクトの

ひとつです。

 

 「8月の雨季の時でした。」とユヌスは言いました。「空にか

かる虹を見た女王が、虹のような色の服を着たいと言った

ことが始まりで、この染織技術が生まれました。この繊維技

術で、色鮮やかな装いを楽しむことができるのです。」

 

 

 

ザキラの説明のもと、参加者はそれぞれお気に入りの布を

用意します。染める前の白い布をきつく正確な結び目で縛り

ます。
 

 準備が出来たら、染色液の入った容器の前にいるユヌス

に手渡します。
 

ユヌスは手早くそれらを参加者の好きな色に浸します。ユヌ

スの衣服は真っ白ですが、一滴の染料もこぼすことはありません。

 

染料は全て天然のものです。黄色はターメリック、ピンクは

ビーツの粉末、藍色は木の葉から作られます。ユヌスが好

きな色は一番明るいピンクです。
 

 「インドを訪れる人々にもっと私たちの伝統工芸を知っても

らいたいです。」とザキラは言います。

 

となりでは、美術を学ぶ学生たちがブロックプリントの染織

をしています。象や花やラクダなど様々な形の木版を染色

液に浸してから布にスタンプします。

 

ユヌスは言います。「昔は木の代わりに金属の型が使われ

ていました。様々な柄を生み出すブロックプリントや絞り染

めの工程は複雑で、それぞれ全てが手作業で行われます。

「私たちはもっと多くの人々にこの技術を教えたいです。何百

年も引き継いできたインドの伝統工芸を知ってほしいのです。」

 

 

カメラマンとしてこのツアーに同行したレベッカさんは言いま

す。「このツアーでインドの伝統工芸への認識を深めました

。」「帰国後の私の芸術活動に何かしら変化を与えてくれる

と思います。」

 

まもなく、屋外教室は降り注ぐ日光のもとカラフルなスカー

フでいっぱいになります。その横にはブロックプリントの作

品が並びます。

 

ここでの体験はレベッカさんら参加者にとって何物にも変え

られない貴重なものになるでしょう。

 

この伝統工芸は、ザキラやユヌスらが代々子どもたちに引

き継ぎ、そしてこのように国境を越えて人々に伝えることで

続いていくのです。

 

 (原文記事執筆 :メーガン・ハリス 翻訳:翻訳チーム 文責:清田健介)

 

※今回は、WEのインドのスタディーツアーの模様をご紹介

しましたが、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでも、インドでの

スタディーツアーを今年の夏に行います!ご興味がおありで

したら、下記の詳細をぜひご参照ください!

 

インドスタディーツアー2017夏

 

〜インドの村で子どもに出会う、ボランティアの旅〜

 

2017年8月7日月〜13日成田発着

 

 

スタディツアーでは、観光ツアーでは知ることの出来ないよ

うな現地の方々の生活を体験し、日本の生活が当たり前で

はないという世界の現実を体感することができます。 そして

皆でのボランティアワークや、ディスカッションなどを通じて、

本音を語ることができる仲間になっていきます。仲間達と将

来について話をする機会もあり、帰国後もずっとずっと関わ

っていける出会いがあります。きっと、あなたにとって忘れら

れない時となるでしょう。

 

 

詳しくはこちらをご覧ください!

 

http://www.ftcj.com/get-involved/study-tour/india2017summer.html#schedule

 

 


「水が出た!」ケニアの村に起こった、小さな「奇跡」

フリー・ザ・チルドレン/WEは、世界各地で、清潔な水と衛

生的な環境設備を提供しています。今回は、ケニアの村

に住む女性に、WEの事業が起こした変化をご紹介します。

(清田)

 

https://www.we.org/stories/human-interest-stories-celebrating-clean-water-on-world-water-day/

 


キプソンゴルの村に奇跡が起こったとき、マーシー・ロップは娘

を連れてその場所に急いで向かいました。
 

マーシーはドリルが地面に勢いよく入って行くのが見えるよ

う娘を抱え上げました。ドリルが引き上げた土の層はピンク

、白、黒などの色合いで、彼女たちの靴に付いているケニア

の赤土とは全く違う色をしていました。
 

エンジニアチームが地中に長いパイプを掘り下げていくにつ

れ、マーシーは近隣の村から作業を見ようと集まったたくさん

の人たちをかきわけて前に進みました。娘のトルフェナにその

瞬間を見てほしかったのです。

 

マーシーは農業を営み、3人の子どもの母親です。「作

業現場では何が行われていたのか誰も見当がつきま

せんでした。私たちにとって水と言えば川を流れている

水でした。だから、地面の中からどんなものが出てくる

のだろうと興味津々でした。」

 

これまでマーシーにとって水といえば川から汲んで来るもの

でした。子どものころから水汲みは彼女の仕事でした。水汲

みの際は川の土手を降りていき、ロバの群れや何人もの洗

濯中の女性たちの間を抜けて、家族のために20リットルの燃

料用容器を川の水でいっぱいにしました。1日5往復の水汲み

のうち最初の1回目は夜明けに出発したものでした。

 

マーシーは10代の頃、教師になるのが夢でした。村の子ど

もたちの教育水準を上げ、親の代では想像もされなかった

ような形で子どもたちの成長に貢献したいと思っていました。

しかし、延々と続けなければならない水汲みのため、勉強に

取り組むのも大変で、学校のある日には教室に着くころには

疲れ果ててしまっていました。
 

「本を読む時間なんてありませんでした。家族には水が必

要ですし。女の子にとっては、すべてが水汲み中心の生活

でした。」とマーシーは振り返ります。

 

最終試験に不合格になったとき、マーシーは自分の夢をあ

きらめました。彼女はその後すぐに結婚し、今度は自分の

家庭のために川に水を汲みに毎日通い続けました。汲ん

でくる水は相変わらず濁っており、育ち盛りの子どもたち

は腸チフスや下痢などでたびたび病院に行のかなけれ

ばなりませんでした。彼女は一人娘のトルフェナが水汲

みを任せられる年齢になるまでその仕事をがんばろうと

思っていました。
 

2015年の夏、マーシーは村の話し合いに参加しました。そ

こで、キプソンゴルの村でWEの支援によるウォータープロジェ

クトが行われることが発表されました。話を聞きに集まった

人たちは歓喜に沸きました。
 

「奇跡のようでした。家に近いところで清潔な水が手に入る

ことが子どものころからの夢でした。」

 

井戸掘りの作業が始まった日、マーシーは作業がよく見え

るよう、集まっている人たちをかきわけて前に進みました。

5日間毎日、娘のトルフェナを連れてだんだんと地中深く入

って行くパイプを見守りました。地面から水が勢いよく飛び

出してきたとき、二人は一緒に歓声をあげました。
 

「きれいな水でした!川の水みたいにしょっぱくなかったんで

す。しょっぱくない水を飲んだのはこれまでの人生で初めてでした。」
 

娘のトルフェナは外国の機械を見てびっくりしたかもしれま

せんが、マーシーはこのプロジェクトの重要性をひしと感じ

ていました。
 

「これでやっと私たちは水汲みの仕事から解放されたのです。」

 

マーシーは、これまでとは違う娘の将来を思い描きながら帰

路につきました。娘に高等教育を受けさせ、良い仕事を見つ

けて、村のために貢献していく―それはマーシー自身が叶え

たかったことです。

 

その日からマーシーは、これまで考えもしなかった可能性を

見出してきました。彼女の自宅から歩いてすぐの距離にある

清潔な水源のおかげで、時間を取り戻し、より生産性のある

活動に磨きをかけ、家族のためにより多くの収入を得るよう

になりました。彼女の畑は実りもよく、家畜の牛はたくましく

育ち、子どもたちは健康で身だしなみもよく、一番上の息子

は学校に通っています。

 

人生で初めて、マーシーはこれらすべてをまかなうことがで

きるようになりました。そして、彼女の夢は尽きることはあり

ません。いつか自分で小さなお店を開きたい、そうずっと心

に決めていました。この決心は実現されるその瞬間を静か

に待っています。

 

(原文記事執筆: Deepa Shankaran  翻訳:翻訳チーム 山本晶子  文責:清田健介)

 

 


<<back|<123456789>|next>>