次世代の活動家を育てる鍵は、「多様なおもちゃ」にあり?

クレイグとマークのコラムの紹介です。

 

https://www.we.org/we-at-school/we-schools/columns/global-voices/diverse-toys-mean-better-leaders/

 

子どもたちが、普段よく遊んでいる「おもちゃ」。今、そのおも

ちゃが大きな転換期を迎えているということを、みなさんはご

存知でしょうか?

 

2016年のアメリカの年末商戦のおもちゃの売上総額は、

260億ドルという記録的なものになりました。(その売上を

支えた主力商品は、ローグ・ワン/スター・ウォーズ・スト

ーリーのアクションフィギュアでした。)その一方、おもち

ゃメーカーが、保護者などからの「おもちゃへの多様性

を求める声」に応えた、新たな商品の発表が目立った

年でもありました。マテルの主力商品である「バービー

人形」が、多様な肌の色をした、七種類の新たな人形

や、現実的な体系により近い人形を、新商品として発

表しました。また、レゴは「車椅子に乗ったミニフィギュ

ア」を新しく出しました。今取り上げたバービー人形の

新商品も、レゴの新商品も、2016年に新発売されたモ

ノです。

 

「どのようなおもちゃで遊ぶか?」「どのようなメディアに触れ

るか?」という選択は、子どもたちの自己肯定感の形成にも

大きく影響するということが、研究でも明らかになっています。

「非現実的な完璧なキャラクター」に触れるよりも、「自分たち

により近いキャラクター」に触れる方が、子どもたちは自信を

育みやすくなるということが明らかになっているのです。

「自信」というのは、人としてリーダーシップを発揮できる

ようにする上でも、基盤となっていくモノです。と、長々と

書きましたが、今申し上げたことは、正直そこまで意外性

のないことかもしれませんね。でも、研究によって明らか

になっていることがもう一つあります。「自分とは異なるバ

ックグラウンドをもつおもちゃ(人種など)で遊ぶと、思いや

りの心が育まれるということです。
おもちゃ遊びが、自己肯定感やリーダーシップ、思いやりの

心の形成に影響を与えているのだとすると、「次世代の活動

家を育てる鍵は、多様なおもちゃにある」という言い方もでき

るのではないでしょうか?

 

「どうして黒人のお人形を持っているの?」というタイトル

のドキュメンタリー映画も撮っているKnowles映画監督は

、「多様なバックグラウンド持つおもちゃで遊ぶことで、子

どもたちは、世界や自分自身に対する理解を、良い意味

で深めることができます」と語ります。

 

多様性の高いおもちゃや環境で遊ぶことは、これまで述べ

てきたようにいろいろメリットがあります。これに対して、多

様性とは真逆の、同一性の高い環境で遊んだりする子ど

もたちはどうなっていくのでしょうか?

 

アメリカの研究では、テレビを見ると、白人の男の子の自己

肯定感は高まるということが明らかになっています。アメリカ

のテレビには多くの白人男性の主人公が登場するからです。

これに対して、女の子や有色人種の子どもたちは、テレビを見

ると自己肯定感が低下するということが明らかになっています。

女性や有色人種は、脇役になっていたり、肯定的に描かれてい

ないことが多いからです。子どもたちは、主役や脇役を問わず、

テレビに映っているキャラクターを、自分たちに重ね合わせてい

るのです。

 

テレビを見ている時の子どもたちは受動的ですが、おもちゃ

遊びをしている時は、子どもたちは自ら役割を決めていきま

す。おもちゃ遊びをしている時の子どもたちは、おもちゃを通

じて、自分が主人公の物語を創っていきます。実はそのよう

なおもちゃ遊びの中で、子どもたちはある問いを投げかけら

れます。その問いは、一見おもちゃと無関係に見える活動家

にも重要な問いなのです。おもちゃ遊びをしている子どもたち

と活動家に投げかけられる共通の問い、それは「私には今、

何ができるのだろう?」という、他者/世界を意識した問いなのです。

 

七歳の子どもがアクションフィギュアで遊んでいる時、その

七歳の子は、アクションフィギュアを通じて自己肯定感を高

め、世界とつながろうとしているのです。

 

「自分の境遇や外見に似ているおもちゃで遊ぶ時、子ども

たちは『自分の外見のような人間は、価値のある存在と世

の中で思われているんだ』という無言のメッセージを受け取

っているのです。『価値のある存在と思われているからこそ、

大人が自分の外見に似たおもちゃを作ったのだから』とね。」

(Knowles映画監督)

 

「自分に似ているおもちゃ」に加えて、社会の中で必ずしも

公平に扱われているとはいえない人たちをモデルにした

他の人に見えるおもちゃ」もぜひ子どもたちに与えてみて下さい。

 

多様なバックグラウンドを持つ人形で遊ぶ子どもたちは、強い共感

性を育み、人種問題や、差別や偏見に晒されている人たちが直面

する問題などについて、抵抗感をそれほど持たずに議論できるよう

になるということが、研究で分かっています。北米社会の中にある

別の問題などについて子どもたちに話そうとする時は、「多様な

バックグラウンドを持つ人形」が便利なこともあるかもしれません。

 

「子どもたちには、『人種問題とは何か』を語るよりも、おも

ちゃで遊ぶことを通じて学ばせた方が、より力強いメッセー

ジを送ることができると思います。」と、Knowles監督はいい

ます。

 

子どもたちにとって、おもちゃ箱は、新たな物語を創作する

ための道具箱です。ですから、おもちゃ箱の中身というのは、

とても重要なんです。私たちは、全ての子どもたちが、バービ

ー人形のおもちゃセットで、将来国連で発表する演説の練習

ができるようになって欲しいと思っていますし、将来のノーベ

ル賞科学部門での受賞式のスピーチの練習もできるように

なって欲しいと思っています。(自分自身の性別の人形で)

 

そして、おもちゃを通じて、子どもたちは、自分とは異なるバ

ックグラウンドを持つ人の物語を知ることだってできるのです

さらに、自分たちとは異なる部分がある人たちも、ヒーローにな

ることができるのだということを、知ることができるのです。

 

ちなみに、私たちがここで言っているヒーローというのは、い

わいる命知らずなアクションヒーローだけのことを言っている

のではありません。思いやりを持ち、他の人のために立ち上

がることができる人も、立派なヒーローですよ!

 

参考リンク
 

多様化するバービー人形
http://www.asahi.com/articles/ASJ1Z2D36J1ZUHBI00F.html

 

車椅子に乗ったレゴのミニフィギュア
http://irorio.jp/umishimaakira/20160129/297952/

 

映画「どうして黒人のお人形を持っているの?」公式サイト(英語)
http://whydoyouhaveblackdolls.com/

 

アメリカの子どもたちのテレビの視聴時間と自己肯定感に関する研究(英語)
http://edition.cnn.com/2012/06/01/showbiz/tv/tv-kids-self-esteem/index.html

 

多様なバックグラウンドを持つおもちゃが、子どもたちに与える影響に関する研究(英語)
https://www.naeyc.org/files/yc/file/200811/BTJRaceClassConversations.pdf

 

※今月から「クレイグ&カナダニュース」は、「世界のWEニュース」

にプチリニューアルしました!これまで同様、クレイグやマークの

コラムや、去年新しく生まれ変わったWE(旧フリー・ザ・チルドレン

・カナダ)から発信される世界の情報を紹介していきます!これか

らも、新しく生まれ変わった「世界のWEニュースをよろしくお願いし

ます!

人種や体形が多様化しているバービー人形


ローワン・ブランチャードへのインタビュー

こんにちは、翻訳チームです!昨年の12月から先日から、

We Dayに出演したスピーカーのみなさんのインタビューを

ご紹介しています。

 

今日は、今月末、アメリカで最終回が放送されるドラマ「ガ

ール・ミーツ・ワールド」に主演している、ローワン・ブラ

ンチャードへのインタビューです(FTCJのブログには二度目

の登場!)

 

https://www.we.org/2016/08/19/off-stage-rowan-blanchard/

 

ローワンは、知的で、様々な問題に積極的に発言している

素晴らしい活動家です。(もちろん、ガール・ミーツ・ワールド

でもお馴染みですよね!)
 

ローワンがスピーカーとしてWe Dayに戻ってきてくれて、私

たちは本当に嬉しいです。今回も、フェミニズムやインター

ネットの問題、MeではなくWeとして生きることについてなど

、スピーチ前に話を聞くことができました!

 

ローワンと同じように問題意識を持っていて、その問題を解

決したいという想いを持っている女性はたくさんいると思いま

す。フェミニズムについてのあなたの問題提起に、私たちも感

銘を受けました。多くの女性があなたに賛同していることをど

う思いますか?

 

『素晴らしいことだと思います!女性の場合「権利の充実

を団結して主張なんかしてないで、おとなしく慎ましく暮ら

していなさい」なんて言われていた時期も、歴史としてあり

ました。そのような時期もあった中で、団結して、協力しあ

いながら、社会を変えるためにアクションを起こせる時代

になったというのは、素敵なことです!』

 

最近、あなたはネット上でとても話題になっていますね。ネッ

ト上のコメントには、好意的なモノもあれば、批判的、悪意の

あるようなモノもあると思います。あなたの言動が、様々なイ

ンパクトをもたらしているということについて、どう思っていますか?
 

『とても嬉しいです。ネット上では、私が尊敬している人たち

の素晴らしい考えを知ることができます。その中には、感動

的なモノもあります。もしも、私もネット上でそんなつながりを

持てているとしたら、とても嬉しいです。私にも、私に生きてい

く上でのヒントをくれた大勢のアイドルがいます。私も、他の人

たちにそのような影響を与えることができているとしたら、嬉し

いですし、身に余る光栄でもありますね。ネット上で様々な情

報が見られるのは、とても良いことだと思っています。その情

報を多くの人に届けることがネットならできますから。ネット上

の空間というのは、現代の女性にとって、安心して、自分の考

えや意見を表明できる場となっているのではないでしょうか?』

 

素晴らしい考えですね!ネット上の空間は、よりよい場所に

なっていると思いますか?
 

『実は、そう言い切れる訳でもないなと思っています。炎上と

か、批判がくるとかの問題もありますし。ネット上は、女性に

とって安全な場所であると同時に、搾取の対象になっている

場でもあると思います。自由に意見を言い合ってる中で、聞

くに耐えないような酷いことも書かれていたり..ネット上には、

意見を制限するシステムがありませんからね。自由に意見を

言えるというのは、ネットの素晴らしい所でもありますが、その

システム故に、女の子たちを傷つけてしまうということもありま

す。私は、ネットを、女性を、傷つけるモノではなく、女性が安

全に使えるモノにしていきたいと思っています。』

 

ネット上で意見を言いたいけど、炎上するのが怖くて意見

を言えないという女の子たちに、どんなアドバイスがありま

すか?想いや意見を届ける、良い方法は何でしょうか?

 

『それは私も知りたいぐらいですよ!こういう問題

について、明確な答えがあるのかどうかは分かり

ません。というのも、いろいろなパターンがあるよ

うに思うんです。例えば、あなたの写真をSNSに

アップして、15人がコメントしたとします。その内、

1人が、「うわー、気持ち悪い」とコメントしています

。他の14人はあなたを褒めていても、ずーと、気に

なっちゃうのはそのたった1人のコメントですよね。。

 

無視するのも、対処方としては良いかもしれないと最近思う

ようになりました。そもそも、誰か特定の人に好き勝手に意

見を言って、誰かを服従させることができるような立場にあ

る人なんて、誰もいないんです。失礼な質問に答えたり、そ

ういうコメントに対応しなきゃいけない義務を負っている人も

、誰もいないと思います。自分の投稿に落ち度がないと思う

のであれば、中傷は無視して、成り行きに任せてみるのもあ

りだと思いますね』

 

とても、力強い発言だと思いました。最後に、ローワンにと

っての「Me to We」教えて下さい。

 

『We、つまり「私たち」という意識を持ってみんなで共に生き

ていこうという意識を持つことだと思います。そして、他の人

たちにある違いを受け入れて、その違いも認め合って生きて

いくということだと思います。逆に、その違いによって縛られた

り、バラバラになってしまうようなことがないように、知恵を絞っ

ていくということでもあると思います。』

 

おまけ
 

ローワンへの一年前のインタビュー
 

http://ftcj.jugem.jp/?eid=1395

 

※フリー・ザ・チルドレンでは、We Day のようなイベントでチ

ェンジメーカーの若者たちを育成したり、世界各国で実際に

支援事業を行っています。現在、フリー・ザ・チルドレン・ジャ

パンでも、フィリピンの盲学校の屋根修理とスクールバスバ

ス購入プロジェクトのクラウドファンディングを行っています。

より良い変化を起こすために、是非ご支援やご協力をお願い

します!
 

https://readyfor.jp/projects/ftcj_phspd

 

ローワン・ブランチャード
 


クレイグとマークがふりかえる2016年:2017年を、みんなで素晴らしい年にするためにできること

クレイグとマークの、今年最後のコラムの紹介です。

 

https://www.we.org/we-at-school/we-schools/columns/global-voices/world-can-better-2017/

 

「2016年君、どうして君はそんな酷いことばかりするんだ

い?」こんなセリフが書かれた画像が、いまFacebookで拡散しています。
 

年末になり、SNSには、「すくなくとも、2016年が、人類史上

最高の年になることはあり得ない」ということを示唆した投

稿が、面白半分で行われています。ネット上には、「2016年

君」に優しい人は誰もいないようです。シリアでの紛争は相

変わらず続き、イエメンでも、悲惨な紛争が起こっています

イギリスとアメリカの政治は、新たな分断の時代に突入し、ヘ

イトクライムも頻繁に起こっています。ただでさえ地震からの

復興に頭を抱えているハイチは、今年はハリケーンという新

たな自然災害に見舞われました。また、世界は多くの素晴ら

しい人を今年失いました。レナード・コーエン、デヴィッド・ボウイ、モハメド・アリなど…

 

数年前になりますが、私たちが、平和運動家デズモンド・ム

ピロ・ツツに相談にのってもらった時、デズモンドから「暗い

メディアの報道に惑わされて、希望を失ってはいけない。嘆

く代わりに、世界を変えるためにやるべきことを考えろ」と言

われたことがあります。デズモンドのアドバイスに従い、201

6年がいかに酷かったのを嘆く代わりに、どのような前向き

な変化があったのかを、今回のコラムではふり返っていき

たいと思います。

 

シリアでの紛争がきっかけで、難民問題が世界的な危機と

なっていく中で、、カナダは難民を受け入れる決断をしまし

た。現時点で、3万人の難民を受け入れています。難民の

人たちの存在は地域を豊かにし、経済の活性化にもつな

がっています。また、山火事で被災した地域でのボランテ

ィア活動など、支援を必要としている人たちを助ける活動

を、難民の人たちも積極的に行っています。

 

アメリカ大統領選の結果に、世界は大きな衝撃を受けまし

た(もちろん悪い意味で)。しかし、今回起こった大きな前進

は、あまり注目されませんでした。ヒラリー・クリントンが、主

要政党で初の大統領選の女性候補者になったのに加えて、
同時に行われた議会選挙では、上院選で当選した女性候補

の数が、史上最多となりました。アメリカの議会の議員の男女比率

が著しく偏っていることに変わりはありませんが、それでも、前進が

起こっているというのは、紛れもない事実です。そのような中で、ク

リントンが敗北宣言という、自らは絶対したくなかったはずの演説の

中で、少女や若い女性に対して、エールを送っていたのには、感銘

を受けました。「それから、今この演説を聞いている女の子たちへ。

あなた方には価値があり、強さも備え、この世界であらゆる可能性

を持ち、さまざまな機会に挑むにふさわしいということを、決して疑

わないでください。」というクリントンのエールは、必ずや未来につ

ながっていくことでしょう。(訳注:クリントンの演説は、日経ウーマ

ンオンラインの記事を引用。参考リンクに全文へのリンクあり)

 

最悪な年であっても、素晴らしいことは起こっています。

2016年は、アルツハイマー病の治療研究が前進した年

でした。このような研究は、アルツハイマー病を抱えてい

る人々の生活の改善、やがてはアルツハイマー病の治

療法の確立へとつながっていくことでしょう。オゾン層が

回復していることも今年は確認されました。気候変動の

進行によって将来起こるであろう食料不足に打ち勝つた

めに、農業の生産性をあげるためのテクノロジーの導入

も進んでいます。

 

年末だからといって、憂鬱になるようなネットニュースばかり

見ていないで、来年やるべきことを考えてみてはいかがでし

ょうか?2017年を良い年にできるかどうかは、私たちの行動

次第なんですからね!
 

参考リンク
コラムの中で触れられていた画像
https://memegenerator.net/instance/69609598

シリア難民の受け入れから一年が経過したカナダ
http://wanotewosekaini.com/newssum27/

史上最多の数の女性候補が当選した米上院選
http://www.asahi.com/international/reuters/RTR201211080051.html

クリントンの敗北宣言
http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/110200009/112100016/?rt=nocnt (本文にて引用)

アルツハイマー病の治療研究の前進
http://www.asahi.com/articles/ASJ80659KJ80ULBJ00T.html
オゾン層の回復の確認
http://wired.jp/2016/07/05/ozone-layer-healing/

食料不足への、テクノロジーの活用
http://jp.techcrunch.com/2016/12/26/20161225will-technology-prevent-the-next-food-shortage-crisis/

よいお年を!

<<back|<123456789>|next>>