アシュレー・マーフィーへのインタビュー

不定期に連載しているWe Dayのスピーカーへのインタ ビ

ュー。今回は、WEの常連のスピーカー、アシュレー・マーフィーです!

 

https://www.we.org/2016/08/15/youth-ashley-murphy/

 

生まれたその日から闘いい続けている少女がいます。少女の

名は、アシュレー・マーフィー、18歳。どんな困難にも強さと勇

気をもって前向きに立ち向かっています。

 

アシュレーはAIDSを発症しています。それでも、自分の意

見をしっかりと述べ、精一杯人生を歩んでいます。自分の

境遇について公の場で話すようになったのは彼女が10歳

の頃。それ以来HIVやAIDSに関連する偏見をなくそうと努

力してきました。

 

アシュレーが発する「私たちはどんな困難も乗り越えること

ができます。その力で人を助けましょう」というメッセージは、

多くの人々を元気づけています。

 アシュレーの16回目のWe Dayの本番の合間に、アシュレー

にインタビューする機会がありました。

 

国際問題のひとつとして、HIV/AIDSを語るだけでなく、若

者が集まるような小さな場所で、HIV/AIDSを取り巻く偏見

について話し合うことが大切だと言っていますね。それは

なぜですか?

 

『偏見というものは家庭から始まると私は思っているのです

が、そのような偏見なんかを恐れて、隠す必要がないことを、

誰にも言わずに心の奥にしまいこんで、苦しんでいる人がい

ると思うんですよね。特に、HIVやAIDSの場合、HIVポジティブ

だとわかると、「あなたとは話したくない」というような感じで、避

けようとする人も実際にいるんです。数年前ぐらい前までは、世

の中全体が、HIVポジティブの人に対してそんな感じの風潮だっ

たんです。今では、「そんな偏見があったのは昔のことじゃん」と

思っている人も多そうですけど。そのような偏見が生まれる原因

は、私たちが、偏見を持っている事柄に対して、きちんとした知識

を持っていないことが原因です。このような偏見をなくすために一

番大事なことは、私たちがそのような問題についての知識を得る機会を持つことなのです。』
 
同じような困難に立ち向かっている若者にアドバイスするこ

とはありますか?

 

『学校や企業を回っているときに、次の3つの事をよく言い

ます。「自分自身を知ろう。自分の心の声を聞こう。自分の

居場所を見つけよう」この三つの言葉は、私が自分は何者

なのかを知り、その自分を好きになろうと思って、一歩を踏

み出そうとした時に、私を助けてくれました。ありのままの自

分自身状況を受け止めて、自分にとって最高の居場所を見

つけることができれば、強くなれるし、前向きにもなって、声

を挙げることができるようになって、他の人を助けることがで

きるようにもなります。そうしていく中で、自分自身も助けられていくんです。』
 
WE Dayという大きな舞台に立っていますが、あなたのスピ

ーチを聞いた若者たちに考えて欲しいことはありますか?

 

『WE Dayであれ、企業や学校であれ、私が話すことはすべ

て偏見についてです。偏見は、HIVとAIDSとは切っても切れ

ない、一番大きなことだからです。しかし、どんなことを経験

しようとも、必ず乗り越えられます。私自身が良い例でしょう

小さい頃、私はHIVのために死にかけたことがあります。お医

者さんからも余命1ヶ月を宣告されました。しかし、みんなの予

想を通り越して、18歳になった今もこうやって生きています!す

ごく強くなりましたし、健康そのものです。だから私自身の挙げ

る声をたくさんの人に届けていくことで、その人たちが、HIVや

偏見について正しい知識を持つきっかけにして欲しいんです。

私のメッセージを聞いてくれた人は、私と同じ事をしたくなるは

ずです。なぜなら、その人たちにも私と同じことができる力があ

るということを、私は知っていますから!』

 

(翻訳:翻訳チーム 山田さつき:文責 清田健介)

 

 

アシュレー・マーフィー

 

 

 


15歳の環境活動家 、Xiuhtezcatl Tonatiuhへのインタビュー

定期に連載しているWe Dayのスピーカーへのインタ

ビュー。今回は、15歳の環境活動家 、Xiuhtezcatl Ton

atiuhへのインタビューです!

 

https://www.we.org/2016/08/15/off-stage-xiuhtezcatl-tonatiuh/

 

15歳のXiuhtezcatlは、文字通り世界に変革の波を起

こしています!環境活動家であり、スピーカーでもあ

るXiuhtezcatlは、「アース・ガーディアン」という、若者

主導で気候変動に関する市民運動を起こし、世界に

変革をもたらすことを目指している団体で、ユースデ

ィレクターを努めています。Xiuhtezcatlは、年齢は単

に活動を始める際の数字に過ぎないと信じています。

実際に彼は、政府に政策の変更を働きかけたり、オ

バマ政権下で、24人で構成されていた若者諮問会議

のメンバーの一員として活躍するなど、様々な活動に

よって、「年齢はただの数字でしかない」ということを、

証明しています。わたしたちは、Xiuhtezcatl が、なぜ

We Dayにワクワクしているのかや、どうすれば彼の

ような若者達が、ムーブメントを起こすことができるの

かということなどについて、話を聞きました。
 

WE Dayにわくわくしている理由を話してくれませんか?
 

『僕は、WE Dayは、人が集うことで、大きなエネル

ギーを創り出しているムーブメントだと思います。W

e Dayでは、大きな影響力を持つ人たちが、若者に

語りかけ、その言葉によってその場にいる若者が勇

気付けられているからです。そのメッセージは、前向

きさが溢れ出ています。「解決策を探ろう」「みんなと

一緒に生きていこう」僕は、このメッセージが好きです。

それは、僕が、これまでの人生を賭けて取り組んできた

すべてのことと完全に一致しています。16,000人もの子

ども達が耳を傾けてスピーチを聞いてくれているという

空間には、前向きな心を持った人々の想いが溢れてい

るのです。子どもたちを力強く励ましている空間だと思

います。また、「参加するためには、一定の時間、社会

や地域に貢献するためのプロジェクトに参加しなけれ

ばいけない」という仕組みも好きですね。ワクワクさせ

られますよ!』

 

あなたは積極的に環境問題について話をしていて、6

歳の時から声を挙げています。どのように環境活動家

になったのですか?
 

『 そうですね。それは、まさに旅でした。僕は、自

然を、そして外で過ごすことを愛していました。僕

は、コロラド州のボールダ-の生まれです。そこに

は、美しい山々、川や湖があります。いつもそんな

環境の中にいて、世界というこの大きな空間に恋

に落ちたのです。僕の愛しているこの惑星が、今

や壊れつつあるという危機について、ドキュメンタ

リー映像を見たり、いろいろ勉強したりして自分で

学んでいます。僕が見てきた全ての問題が、自分

の世代、さらに未来の世代に残されます。そのこと

が、悲しい思いとともに、自分を奮い立たせ、何か

をしようという気持ちにしています。また、僕の挙げ

た声や情熱を通じて、他の人達の暮らしを変えたり、

教育、エンパワーメントや激励を試みたりしています。

それが、僕のこれまでの10年間の道のりでした。』

 

あなたはアメリカ政府を相手に裁判を起こすなど、最

近かなり大胆なアクションを起こしていますね。
 

『若者にとって、司法制度を通じて訴えを起こす

というのは、場合によっては強力な行動を起こす

ことができる手段になる可能性があります。僕た

ちは投票をすることができませんからね。次の選

挙(2016年のアメリカ大統領選のこと。インタビュ

ーが行われたのは投票日より前)は、この国だけ

でなく、世界に、また、若者が気候変動のような

大きな問題に、私たちがどのように向き合ってい

くのかを決める分岐点となるでしょう。僕たちは、

投票権を持っていません。僕たちの世代は、国や

州のリーダーの決断に大きな影響を受けます。そ

んな中で、僕たちができるのは、そのリーダーたち

に対して声を挙げるということ以外はないのです。』

 

アース・ガーディアンがどのように誕生したか、あな

たはそれにどのように関わったかを話してくれませんか?
 

『アース・ガーディアンは、ハワイ州マウイ島で、認

可ハイスクールとして1992年にスタートしました。島

内で10000本のビャクダンの植樹やマウイ島に鯨が

再び戻ってこられるような環境作りを支援したり、そ

の他にも様々な活動に取り組んでいた学校でした。

実は、僕の母が始めた学校だったんです!生徒達

は、アメリカ周遊旅行をやり、その途上でたくさんの

若者と交流しました。』
 

『僕は、9歳からアース・ガーディアンに関わりまし

た。町で、僕と友人10人は、公園で散布されてい

た殺虫剤のことに関心を持ったのです。僕は、そ

れより前に何度か活動家としてアクションを起こし

ていたので、自分の町に、同じように殺虫剤につ

いて関心を持つ子ども達がいるのを知っていまし

た。僕たちは、市議会に出向き、総合的病害虫管

理方式を全面改訂するために、10,000ドル以上

の予算を付けてもらいました。僕たちには、健康的

な生活環境が必要です。コロラド州のボールダ−市

では、もう公園にどんな殺虫剤も配布していません。』

 

WE Dayに参加する若者に望む一番大事なメッセージは

何ですか?
 

『若い人たちに持ち帰って欲しいと思う一番大切なメ

ッセージは、身近な地域であろうと世界であろうと、そ

こでリーダーの役割を担うことが、本当に重要で、それ

が強力な力になるということです。僕たちの生き方のす

べてが、周囲の人たちの生き方に大きな影響を及ぼし

ていくでしょう。確かに、今、僕はリーダーを自認してい

ますが、僕がやってきたことを、この地球という星に住

む他の15歳の人がやろうとしても、何にも問題はあり

ません。世界中のすべての若者が、この世界をリーダ

ーとして導くことができる可能性を持っているのですか

ら!』

 

(翻訳:翻訳チーム 山下正隆 文責:清田健介)

 

Xiuhtezcatl Tonatiuh
 

 


若年性脳卒中サバイバーでバーダンサーのグレイシー・ドーランへのインタビュー

不定期に連載しているWe Dayのスピーカーへのインタビュ

ー。今回は若年性脳卒中サバイバーダンサーの 、グレイシ

ー・ドーランへのインタビューです。
 

https://www.we.org/2016/08/12/youth-gracie-doran/

 

まだ10歳という幼い時に、グレイシー・ドーランは若年性脳

卒中に襲われました。体の一部に麻痺が残りましたが、そ

んなことくらいでドーランが愛しているダンスをやめることはありませんでした。

 

ダンスへの強い思いが、病院での入院生活、そして退院後

の驚異的な回復後押をしました。いまグレイシーは、10代の

ダンスグループに所属しながら踊り続けています。障害のあ

る子どもたちを対象にしたダンス教室でダンス指導もしています。

 

グレイシーは、自身の体験を伝えていくことで、脳卒中への

意識喚起を行い、「脳卒中は、若くても起こりうる病気だ」と

いうことを伝えたいという想いがあります。その使命感も、ダ

ンスを続ける原動力になっているのです。そして、「人それぞ

れ違いがあっても、その違いを認め合いながら生きていこう」

というメッセージを伝えたいと思っています。スピーチの合間、

私たちはグレイシーへのー素晴らしいインタビューをバックステ

ージで行うことができました。グレイシーのダンスへの愛、また、

様々なチャレンジに立ち向かっている子どもたちへのアイドバイ

スなどを聞きました。

 

あなたがWE  Dayにワクワクしている理由は何ですか?

 

『お話を頂いた時から、ずっと本番のこの瞬間を夢見ていま

した。WE Dayで会う人達のことや、スピーチで話すことをず

っとと心に描いてきました。WE Dayの最大の特徴、それは

メッセージです。大きなイベントは、たくさんあって、どれも

重要なメッセージを伝えているのですが、「Me to We」とい

うメッセージはとても重要だと思います。つまり、「自分のこ

とだけを考えていないで、他の人たちのことも考えよう。必

要な時は、その人たちのためにアクションを起こそう」これ

が重要なメッセージなのです。ここには刺激を与えてくれる

人がたくさんいます。私が想像した以上の刺激を受けてい

ます。。素晴らしい経験ですね。まさに夢が叶ったような感じです。』

 

快復のためのリハビリでなどをしていく中で、ダンスの再開

を決心したのですね。色々な難題に直面することもあったと

思いますが、どうやってモチベーションを持続させたのですか?

 

『家族や友人、特にコーチがいつもそばにいてくれて、「これ

からも挑戦しつづけよう」と励ましてくれました。私はじっとお

となしくしているようなタイプの娘ではありませんでした―い

つもせかせか何かやっていたかった。人から「やれないんじ

ゃない?」と言われても、何としてでもそれをやりとげようとす

るんですよ。私にもできるんだっていうことを、、証明して見せ

たかったから。たぶん、「もうダンスは無理ね」と言われた時に

は、踊れるところを見せたかったのです。それこそ私が愛し、

情熱を注ぐものだからです。』

 

なぜ、あなたの体験をWe Dayで伝えようと思ったのです

か?また、いろいろな人が、We Dayのような場で個人的

な体験を伝えていくということの意義は、何だと思います

か?

 

『脳卒中のサバイバーと聞けば、普通はもっと高齢の人を

想像するかと思います。私は、そういう意味では若者の脳

卒中サバイバーを代表しているという部分もあると思いま

す。「この病気は若年層にも起こることがある」ということを

伝えたいのです。前兆や症状に気付かなければなりません。

人の体験を直接聞くというということは、とても影響力が強く、

人を奮い立たせます。個人的な経験談で誰かが感動してくれれば、その

とき世界を変える手助けができる。それができた時、私は自分のためだ

けではなく、他の人や世界のために大きなことを成し遂げることができる

のです。』

 

あなたのパフォーマンスから、WE Dayに参加する子どもたち

に何を汲み取ってほしいと思いますか?

 

『人はそれぞれ違ったところを持っているということです。本

の表紙を見ただけで、その本の良し悪しを決めてはいけま

せん。見た目には同じじゃないかも知れないけれど、どんな

違いがあっても、みんな同じ希望や夢や目標を持っています。

誰もがみんな成功したいし、愛する人が欲しい。結局、違いが

人を素敵にしてくれる―「違い」は人を縛り付けるものではあり

ません。違いは、一人一人をかけがいのない存在にしてくれる

のです。』

 

(翻訳:翻訳チーム  松田 富久子 文責: 清田健介)

 

グレイシー・ドーラン
 

<<back|<123456789>|next>>