映像クリエイターABTVnetwork様が児童労働に関する動画を配信されました!


こんにちは!
フリー・ザ・チルドレン・ジャパン事務局です。

昨日、6月12日は、児童労働反対世界デーでした!
世界デー当日は人気映像クリエイター ABTVnetwork様が、児童労働について、フリー・ザ・チルドレンについての動画を配信。

まだ見てない人は、このまま再生しちゃいましょう!
↓↓



■ABTVnetwork様
https://www.youtube.com/user/ABTVnetwork
アニメーション、トーク、チュートリアル等幅広い映像作品を制作するビデオグラファー。
YouTubeに動画をあげていた大学の友人の一言がきっかけでYouTubeでの動画公開をスタート。
独学で学んだIllustratorやAfterEffectsを駆使し、クスッと笑えて、ついもう1本見たくなるような
アニメ漫談専門動画をアップしている。

キャンペーンにご賛同頂き、今回の動画を制作頂きました。
ABTVnetwork様、本当にありがとうございました。


そして、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの児童労働反対世界デーキャンペーンウィークも終了しました!
7日間毎日配信のショートムービーは見て頂けましたでしょうか?
こちら、子どもメンバー・ユースメンバーが、構成・動画作成・ナレーションなど全て行っていました。

キャンペーンウィークは終了しましたが、
FTCJには、興味を持った社会問題に対して元気に活動している仲間が沢山!
皆さんの参加をお待ちしています!

全7回 【Youtubeで知ろう!今わたしたちにできること】
再生リスト
https://www.youtube.com/playlist?list=PLCPvwVZQ-4mP-ooVam9-sgAgFZtxEHtED

1.水と衛生
2.  児童労働
3.教育
4.フェアトレード
5.性的搾取の問題
6.チーム活動
7.チーム活動に参加しよう!



 

THE BIG ISSUE JAPANでフリー・ザ・チルドレン・ジャパンが取り上げられました!


THE BIG ISSUE JAPAN(ビッグイシュー日本版)の2016年5月15日発行号Vol.287の
Panasonic NPOサポートファンドさまの特集ページにて、当団体をご紹介いただきました!


表紙はなんと、ドラマSex and the Cityや映画食べて祈って恋をしてなどで有名な女優 ジュリアロバーツさんです。



フリー・ザ・チルドレン・ジャパンは、
2011年から3年間にわたってPanasonic NPOサポートファンドさまに組織基盤強化のための助成をいただきました。
助成プログラムで行った、資金調達を支える事務局体制の課題や改善に至るまでを代表の中島がお話しさせていただきました。



ぜひチェックお願いします♪


■雑誌販売場所
http://www.bigissue.jp/sell/index.html

**WEBでも掲載いただきました!(※5/23追記)
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/report/free-the-children.html

--------------------------------------------
THE BIG ISSUE JAPAN(ビッグイシュー日本版)とは
ビッグイシューは1991年にロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊しました。ホームレスの人の救済(チャリティ)ではなく、仕事を提供し自立を応援する事業です。(THE BIG ISSUE JAPAN(ビッグイシュー日本版)WEBサイトより)

THE BIG ISSUE JAPAN(ビッグイシュー日本版)WEBサイト
http://www.bigissue.jp/index.html

チョコプロの活動がYOMIURI ONLINEに掲載されました!


2月2日のYOMIURI ONLINEにて、チョコプロの活動が取り上げられました!


http://www.yomiuri.co.jp/komachi/project/cafe/20160201-OYT8T50090.html


先日のプランタン銀座でのお披露目会の様子と
商品の紹介を掲載していただいています。

また、今週末2月7日11時よりプランタン銀座本館 5階催物会場にて
中高生メンバーが店頭で販売します!18時ごろまで販売予定ですので、
ぜひお立ち寄りくださいませ!




インターネットでも数量限定で販売しております!
遠方の方はぜひご利用くださいませ♪

http://ftcj.ocnk.net/product/194




 

<<back|<123456789>|next>>