フィリピン:ミンダナオ島台風被害

 
 

昨年12月大型台風が東南アジアを襲いました。フィリピンでも被害は甚大で、フィリピン政府の発表によると、死者数1,046人、行方不明者841人以上、被災者数294,110人、国際機関のレポートによると総被災者数は620万人にも上るといわれています。

今回訪問したミンダナオ島のリグイニョンという地域は、
フィリピンのダバオという都市から、車やバイクを乗りついで、2-3時間の所にあります。
現地のNGOスタッフと車で訪問地域まで向かっていると、川の手前で車は突然止まり、ここからはバイクに乗ろう、と指示がでました。

このまま車で行けばいいのに、と思いましたが、川に歩いて行くと愕然としました。




川の上にかかっていた橋が洪水の影響で橋の中腹は川の中に落ち、橋は使えない状況になっていました。


地元の人々は、竹でイカダを作り、上部に縄をはり、縄を引くことでイカダを動かしていました。


沈まないのか、、と心配していると向こう岸からバイク2台と数名がのったイカダがこちらの岸に向かってきたと同時に、安心しました。



橋が壊れてしまっても、それに対処し生活している住民のたくましさを感じました。

 

台風の被害はそれだけにはとどまらず、デイケアセンターを建設した地域の水道が使えなくなってしまったそうです。
水道設備はあるけれども、利用できず、約30の家庭で一つのホースから出る水をシェアしているということでした。



 

家事や炊事で水をつかう時や、シャワーを浴びたい時は、さほど遠くない距離ではありますが、水が出ている所まで足をはこばなければなりません。子どもたちが大きなタンクを抱えて水を取りに向かう姿を何回か目にしました。

 

台風から8カ月たった今でも、フィリピン政府の修復しようと動きは見られない、ということでした。

こういった被害を目の当たりにして、私たちも緊急支援募金を開始し、支援物資の配布をその後行うなどしましたが、本来は自治体など政府が率先して動き被災した人々を支えなければいけないと、現地で活動するNGOスタッフは語っていました。政府が動くようNGOはもっと声をあげて行くべきだとも話してくれました。


 


フィリピン事業報告:デイケアセンターが完成しました。

 
FTCJでは、フィリピン・ミンダナオ島の先住民族コミュニティに、小学校入学前の子どもが幼児教育を受けられるようにしたり、青少年が先住民族としての文化を学んだり、お母さんたちが有機農法を学べるようにするセンターの建設を去年から計画し、工事を進めてまいりました。

途中、土地の登記の課程で問題が発生しましたが、自治体や教育省との話し合いを重ねた結果、無事着工ができ、2013年7月に完成いたしました。

 

7月末には、地域の人々、学校関係者、FTCJスタッフなどさまざまな人が参加し、開校式が行われました。今回はその様子をリポートいたします。

 

まずはできたばかりの建物を紹介します。

コンクリートで出来ていて、広さは4-5畳程度です。この日は開校式なので、小学校で使われている机が並べられていました。

 

まずはテープカットを行い、神父さんによるお祈りが行われました。

その後、センター建設支援者(FTCJ、現地NGO KPAC、RECAP)による挨拶、学校関係者からの挨拶がありました。

 

学校関係者の挨拶では、個の学校では、2012年12月の大型台風により大きな被害を受け、教育施設が完成し、とてもありがたいということ、また建物の完成がゴールではなく、これからこの建物をどう生かしていくかが重要である、とおっしゃっていました。

挨拶の後は、子どもたちや地域の人々から演技や歌の披露がありました。

 

子どもたちからは、農作業する様を描いた歌とダンス、地域の人々からは、歌を披露していただきました。どれも素敵で見入ってしまいました。

 

そしてみんなで記念撮影。

この地域には学校施設は小学校しかなく、幼稚園やコミュニティーセンターとして利用できる建物が完成したことはとても嬉しい、とたくさんの人からお声をかけていただきました。

 

多くのコミュニティの人々が、この教室を有意義に利用されることを、心から願っています。

↑学校に通っている子どもたち


助成:地球市民財団


助成金の目録贈呈式が行われました。



こんにちは!
気温もだんだんあがり、半そででも過ごせる陽気になりましたね!

さて、先日TOTO株式会社さまの助成金をいただけることになり、
FTCJ事務所で助成金の目録贈呈式が行われました。




FTCJの子どもメンバーも参加し、3月に行ったフィリピンスタツアの話をしたり、
TOTO株式会社さまの会社設立にいたるまでのお話等をお聞かせいただき、
またこれからの事業やFTCJとのかかわりについて、お話をさせて頂きました。

TOTO株式会社さまからいただく助成金で、
海外支援事業でフィリピンのザンバレス州に住む、アエタ族コミュニティの水支援を行います。事業報告もブログやホームページで行いますので、ぜひご覧いただければと思います。


TOTO株式会社のみなさま、お越しいただきありがとうございました。
これからどうぞよろしくお願いいたします。







<<back|<123456789>|next>>