フィリピン台風緊急・復興支援 事業地訪問報告

2013年11月にフィリピンを襲った大型台風(ヨランダ)によって被害を受けた地域への、緊急・復興支援の状況を把握するために、プロジェクト地域を5月18日から1週間訪問しましたので、ご報告します。
***

学校修繕・修復事業に併せて、被災した家族の生計維持支援を行いましたので、その支援を受けた家族のいるコミュニティを訪問し、インタビューなども行いました。

 ◆被災家族への生計維持支援について
まずは、キナサヤン・コミュニティの被災家族10家族への生計維持支援活動を実施したので、その家族に会いました。
この地域に住む人々のほとんどが、収入のためにココナッツを育て業者に販売しています。ですが、今回の台風でココナッツが被害に遭い、収穫が困難となり収入が減ってしまうため、ココナッツと並行してその他の植物や動物を扱う農業に取組むことを奨励し、生計を維持できるよう支援しました。

生計維持支援の内容は、次の3つで、家族の状況やニーズに併せて必要なものを配給しました。

A.野菜栽培のための農具や種支給支援
→野菜の種、じょうろ、パイプ(灌漑水路用)、シャベル・スコップの支給
B.養豚支援
→ワクチンが終わった子豚と飼料の支給
C.養鶏支援
→ひよこ、ブロイラースクリーン、飼料の支給
など。

被災した家族からは、この支援を通じてココナッツによる収入が減っても家族が食べていける他の手段となるので、とても助かります、という声が聞かれました。


次に、沿岸部のイピル・コミュニティでの漁師12人への生計維持支援の状況を確認しに行きました。
この地域に住むほとんどの人は漁をして生活しており、多くが海に定置網を設置してそこにひっかかる魚やカニ、エビなどを捕獲してマーケットで販売しています。しかし、今回の大型台風によって漁に必要な網などが流されてしまったので、被害を受けた漁師へ定置網と網を固定する竿、金属紐などを支給しました。

すでに定置網を設置し直したということなので、岸から船に乗り、確認しました。
わたしたちの支援を受けた漁師さんが、船で連れて行ってくれることになり、沖に出ることに。

ボート


船に乗り、マングローブが広がる海へとすすみます。
マングローブ2


台風による倒木も見受けられました。
マングローブ

15分以上すすみ、視界が広がると、定置網が見受けられるようになりました。
美しい青空と海が広がります。
網漁4


台風後、定置網が再度設置されました。
網漁6


漁師さんの定置網に到着!しずかに船の先頭を網に近づけて、とまります。
網漁3


たくさんの魚やカニがひっかかっていることが分かりました。
網漁2


一緒に案内してくれた漁師の家族のお母さんが、一番大きな魚をつかみ、見せてくれました。
せっかくとれたので、一緒に行ったスタッフで魚を購入することにしました。
網漁1


被災地の人々は、徐々に収入を得られるようになりましたが、家がまだなかったり、家財道具がなかったり、十分な収入が得られるようになっておらず、まだまだ復興までの道のりは険しく長いことがわかりました。しかし、フィリピンの人々の持つ明るさと持ち前の力で少しずつ、通常の生活へと歩み始めていることも感じました。

フィリピンの台風被災者の方々のために、ご支援ご協力くださったみなさま、ありがとうございました。

報告:中島早苗

フィリピン台風緊急・復興支援 事業地訪問報告

2013年11月にフィリピンを襲った大型台風(ヨランダ)によって被害を受けた地域への、緊急・復興支援の状況を把握するために、プロジェクト地域を5月18日から1週間訪問しましたので、ご報告します!
***
 
フィリピン訪問初日は、マニラの気温は37度。とても暑い、とにかく暑い。
今は、フィリピンの学校は夏休み中で、1年の間でも最も暑い時期です。乾季なので、基本的には天候は晴れて安定していますが、突然雨が降り出す、という日もありました。
 
今回は、去年の大型台風の被災地域の訪問といことで、被害がひどかったビサヤ諸島の島々(パナイ島、セブ島、レイテ島)を訪問。まずは、マニラから飛行機で1時間10分の所に位置するパナイ島アクランに向いました。アクランから車で1時間以上いったところにあるカリボのコミュニティにて、小学校の校舎の修繕が完成した、ということで学校を訪れました。
 
◆パナイ島 小学校校舎 修繕・修復事業 
⇒3つの小学校にて、校舎が修繕され再建されました!!!
 
〇抉臉莖惺擦修裡院
まず、最初に訪れたのは「クバガオ小学校」
5月19~23日は、フィリピン全土で「Brigada Eskwela」週間で、これは夏休み中に生徒とその家族が学校の敷地内を清掃・草取りなどをするというボランティア社会奉仕活動をする週。支援先の訪問した小学校でも、たくさんの保護者と子どもたちが、校庭の草むしりをしたり、ゴミ拾いをしたりしていました。
Brigada Eskwela
学校の敷地内の草むしりやごみ拾いをする「Brigada Eskwela」に取組む地域の人々。

台風で屋根が飛んで壊れこのようになってしまった学校が・・・
Damaged Cbagao School

このように、修復され、きれいな校舎に生まれ変わりました↓↓↓
Cabugao Elementary school
小学校の校長先生(右)と現地NGO、学校の先生たちと。

教室内や屋根ははこのようにきれいに生まれ変わりました!
Cabugao school inside
この校舎は、家庭科やPTAの集まりに利用される予定です。

校舎と併せて、机も壊れたため、地域で採れるマホガニーの木で机も作り、設置しました。


△修裡押キナサヤン小学校
次に、車でさらに1時間ちかくいったところにあるキナサヤン小学校を訪問しました。
フリー・ザ・チルドレン・ジャパンはキナサヤン小学校の敷地にある幼児教育校舎(幼稚園)を修繕しました。
祝・完成!
キナサヤン小学校

教室の内装はまだ未完成でこれからですが、台風で吹き飛ばされた屋根や壁ができました。
Quinasayan kindergarten

学校の先生たち。6月2日の新学期の開校に修繕が間に合い、とても嬉しい、とのこと。
teachers in Quinasayan

学校の生徒と保護者のみなさんが歓迎してくれました。
キナサヤン小学校生徒


最後の小学校訪問!
「イピル小中学校」
ここは、幼稚園と7年生までが学べる学校となっています。
沿岸部にある学校のため、被害がとても大きく、学校の敷地内の校舎が殆ど壊れてしまいました。
そこで、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンは、3つの教室の修繕を行いました。

こちらは、ちょっと分かりにくいかもしれませんが、台風の影響で壁にひびが入り、屋根が飛んでしまい
使えなくなってしまった校舎です。このセメントに建設年が刻まれており、それによると、なんと
「1968年」となっていました。46年も前に建てられたということです。かなりの年代ものです。

Ipil destroyed school

上の校舎の取り壊しは今後行われる予定ですが、その脇にわたしたちの支援により、3つの校舎の修繕工事が行われていました。新学期の6月2日に向けて現在も工事中ですが、ほぼ出来上がっていたので新学期には間に合うようで、良かったです。
「歓迎!Welcome!」のサインと共に、ヘッドティーチャーが私たちの訪問を迎えてくれました。
ipil school 3classrooms


学校の校舎は新しくなったのですが、教室内の机やいすが酷い状況です。
しかし、先生に聞くと、学校に新たな机を購入するお金がないので新学期もこの机で生徒たちは学ぶと言います。
机の木が腐って大きな穴があいており、木がささくれだっていて、手に刺さりそうです。

desks in Ipil

そこで、フリー・ザ・チルドレンとしては追加で机やいす、棚の購入設置を支援する方向で、今、準備しています。

この学校でも、保護者や生徒が学校の清掃や草むしり奉仕活動「Brigada Eskwela」を行っていました。
Ipil school with mom

以上、フィリピン台風緊急・復興支援による、小学校修繕・修復事業のご報告でした。
多くの皆様のご協力、ご支援により、3つの学校の校舎を完成することができました、心より感謝申し上げます。
報告:中島早苗

現地から支援活動が届きました

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのフィリピン緊急支援でパートナーのひとつとなっている現地NGO「プレダ基金」からこれまでの支援活動レポートが届きましたのでご報告します!


昨年の11月に支援活動を開始してから、2014年4月12日現在までで7,810人の人々に対して接的な支援を提供することができました。


具体的に、以下の地域で下記の被災者に対して、

食料(水、米等)・医薬品・生活用品・学用品を配布しました。

マニラ避難所:452人

サマール島:1,250人

セブ島:450人

タクロバン避難所:1,608人

パロ避難所:364人

レイテ島:204人

タクロバン市:511人




 また、物資支援だけでなく、子どもの心のケアや、おとなへの心に傷をおった子どもへの接し方セミナーとワークショップ等も実施し、多くの人が参加しました。

タクロバン(3月):1,165人

タクロバン(4月):1,806人




これらの緊急支援事業は、皆さまからたくさんのご協力を頂いたおかげです。

本当にありがとうございます!

これからも報告を受け取り次第、随時お知らせしていきます。



<<back|<1234567>|next>>