フィリピン台風緊急・復興支援 事業地訪問報告

2013年11月にフィリピンを襲った大型台風(ヨランダ)によって被害を受けた地域への、緊急・復興支援の状況を把握するために、プロジェクト地域を5月18日から1週間訪問しましたので、ご報告します。
 
***

puppet show for kids
 
◆レイテ島タクロバンでの子どもケアプログラム◆
「子どもの権利を伝え、危険から子ども自身が身を守る術を学ぶ人形劇ワークショップ」について
 
フィリピン台風緊急復興支援の事業地訪問第3弾は、レイテ島のタクロバン市で行っている子ども(18歳未満)対象の人形劇ワークショッププログラムについて、ご報告します。
※フィリピン緊急支援の過去のレポートは下記のURLからご覧ください。
・フィリピン台風緊急復興支援 事業地訪問◆http://ftcj.jugem.jp/?eid=1032
・フィリピン台風緊急復興支援 事業地訪問 http://ftcj.jugem.jp/?eid=1031

 
セブ島から船で3時間、レイテ島のオルモックに到着し、そこからバスで島をタクロバンまで横断しプロジェクト地域に向いました。
 
レイテ島といえば、第二次世界大戦でフィリピンを巡り日本軍とアメリカ軍が激戦を繰り広げ、日本兵8万人以上もが戦闘や飢えで亡くなったといわれているほどの悲惨な歴史を持つ島、といったイメージがあり、暗い印象を持っていましたが、夜には蛍が現れ、空には満天の星が輝く自然が美しい島でした。何十年ぶりに、思いがけず蛍を間近で見られ、小さな感動をしたほどです。
 
geothermal power plant
遠くに地熱発電所から出た煙が雲をつくっているのがわかりました。
 
さて、その本来は自然豊かでのどかなレイテ島を横断中、のどかとは言い難い台風の爪痕を数々目撃しました。屋根を失い傾く家屋、鉄骨がむき出しになってしまったビル、「Help Us!」と書かれたポスターが掲げられた屋根のない校舎、UNDPの支援物資のビニールを屋根にかぶせてなんとかしのいで生活している家々、到底住居とは言えない壁のないシーツだけがかかっている状態の住まいなど。いかに今回の台風が大きく島全体を暴風雨が襲ったのかを痛感されられる光景が広がっていました。
destroyed building
鉄骨がむきだしになってしまったビル。

 
そのような復興にはまだほど遠い状況の地域を車で4時間走り、私たちが現地パートナー団体「PREDA基金」を通じて子どもへの支援を行っている、レイテ島タクロバン市に到着しました。
 
タクロバン市は海沿いで今回の台風の被害が非常に大きかった地域の1つです。その理由としては台風の中心が通過した地域だったことと、市が湾の内側に位置しているため、猛烈な風と海水が陸地に押し寄せ、高潮となってタクロバンを襲ったという地理的要因があげられます。
 
到着すぐにタクロバン市にあるいくつかの、家を失った人々のための避難テント(仮設住宅)がたくさん建てられている地域に足を運びました。これは、NGOや国際機関の支援によって設置されたものが殆どであることがわかりました。また、大きな船が高潮によって打ち上げられて陸地に横たわったままになっている場所に行ってみると、船の周りに被災した人々が自分たちで簡易的な住居スペースを建ててコミュニティを形成していることがわかりました。

evacuation houses

この場所を案内してくれたのはこの地域出身の62歳のトライシクル(サイドカーの付いたモーターバイク)ドライバーでした。このおじさんは、大学卒業後、エンジニアとして政府機関で働いていたようですが20年間に退職してから地元に戻りドライバーとして生計を立てているということでした。
driver
自分のことをブログで紹介してOKだよ!と笑顔で答えてくれたドライバーさん。
 
「子どもは3人いるが、教育は重要だから、大学には行かせたい。だからまだ稼がないといけないけど、去年の台風で家が倒壊し、しばらくは働けなかったし本当に困った。政府からの補助や支援は何もないから、自力でところどころ家を直したが、壁や屋根が不完全なので早くちゃんとした家にしたい。政府からの支援はないけれど、NGOなどの物資配給や、義捐金が少しもらえて本当に助かった。政府よりも素早い支援をしてくれてNGOの方が頼りになるよ。」 と話してくれました。

また、路上で出会ったタクロバン市の子どもたち(12歳〜15歳)に様子を聞くと、
「NGOなどが学校を建て直してくれたから、新学期から学校に通えるようになることはとても嬉しい。」
「今は夏休みだからお母さんの仕事を手伝ったり、働いたりして家族を助けています。」
と答えてくれました。


kids in tacloban
 
翌朝、私たちの現地パートナー団体「プレダ基金」がタクロバンでやっている子どもを対象にした、子ども支援プログラム「子どもの権利と危険から身を守るための人形劇ワークショップ」を見学しました。朝の10時から地域の自治体(バランガイ)と協力し、コミュニティセンターで行いました。この地域には約200世帯おり、900人近い人々が住んでいます。事前に自治体から子どもたちにワークショップをやるので集まってほしいということを伝えてもらい、50人以上もの子どもたちが集まってきました。
 
まず最初に、楽しそうな曲を流しながらスタッフが子どもたちを歓迎します。

seminar1

そして、スタッフの呼びかけで、子どもたちは楽しくゲームをしながらみんなで仲良くなります。「これから、プレダ基金による子どもの権利について学ぶ時間をもちます。子どもの権利って知ってるかな?」と絵のパネルを見せながら子どもたちに問いかけ、子どもには一人一人権利があることを伝えます。
 
「子どもは虐待や搾取、暴力、性的虐待、人身売買といったものから守られる権利があります。そういった危険な目にあわないように、これから危険から身を守るにはどうしたらよいか、そして、お友達や兄弟姉妹が危険な目に遭っていたらどうしたらよいかを学びましょう」とファシリテーターの呼びかけとともに、人形劇が始まります。

seminar3
子どもたちは様々な人形の登場に釘付けです。

seminar4
 
30度以上あるなか、ファシリテーターは人形劇を30分以上行います。人形に併せた絶妙な動きと声色で、子どもたちを惹きつけます。
最後は子どもたちに今日学んだことが何だったか質問などして問いかけます。

seminar2

そして、集まった子どもにジュースとスナックを配って終了です。約1時間半行いました。
 
スタッフは全員で6人。5人がこのレイテ島の出身で地元の若者で1人は、プレダ基金本部があるオロンガポの育成スタッフです。この被災地の子ども対象支援プログラムのために、今年になってスタッフとして雇われ、2月から人形劇やワークショップのファシリテーターになる研修を受け、4月から実際に子ども向けのセミナーを担当して、現在は毎日2回、様々な自治体と協力し、実施場所を変えて週に6回、合計週に12回セミナーを運営しているということです。

PREDA staff
ワークショップ担当スタッフの6人、被災地での子どものケアプログラムのため、日々活動しています。

子どもたちに分かりやすく子どもの権利や、危険な環境から子どもが身を守るための術を学べる内容になっており、保護者や警察、社会開発福祉省や自治体からも高く評価されています。
実際にこのワークショップに参加した子どもたちに感想を聞いてみると、学校では学べない大切なことを知れた。嫌な事や危険なめにあったらどうしたらよいか知れてよかった。という感想が聞けました。
 
人形劇ワークショップ・スタッフのみなさん、おつかれさまでした!
報告:なかじまさなえ

フィリピン台風緊急・復興支援 事業地訪問報告

2013年11月にフィリピンを襲った大型台風(ヨランダ)によって被害を受けた地域への、緊急・復興支援の状況を把握するために、プロジェクト地域を5月18日から1週間訪問しましたので、ご報告します。
***

学校修繕・修復事業に併せて、被災した家族の生計維持支援を行いましたので、その支援を受けた家族のいるコミュニティを訪問し、インタビューなども行いました。

 ◆被災家族への生計維持支援について
まずは、キナサヤン・コミュニティの被災家族10家族への生計維持支援活動を実施したので、その家族に会いました。
この地域に住む人々のほとんどが、収入のためにココナッツを育て業者に販売しています。ですが、今回の台風でココナッツが被害に遭い、収穫が困難となり収入が減ってしまうため、ココナッツと並行してその他の植物や動物を扱う農業に取組むことを奨励し、生計を維持できるよう支援しました。

生計維持支援の内容は、次の3つで、家族の状況やニーズに併せて必要なものを配給しました。

A.野菜栽培のための農具や種支給支援
→野菜の種、じょうろ、パイプ(灌漑水路用)、シャベル・スコップの支給
B.養豚支援
→ワクチンが終わった子豚と飼料の支給
C.養鶏支援
→ひよこ、ブロイラースクリーン、飼料の支給
など。

被災した家族からは、この支援を通じてココナッツによる収入が減っても家族が食べていける他の手段となるので、とても助かります、という声が聞かれました。


次に、沿岸部のイピル・コミュニティでの漁師12人への生計維持支援の状況を確認しに行きました。
この地域に住むほとんどの人は漁をして生活しており、多くが海に定置網を設置してそこにひっかかる魚やカニ、エビなどを捕獲してマーケットで販売しています。しかし、今回の大型台風によって漁に必要な網などが流されてしまったので、被害を受けた漁師へ定置網と網を固定する竿、金属紐などを支給しました。

すでに定置網を設置し直したということなので、岸から船に乗り、確認しました。
わたしたちの支援を受けた漁師さんが、船で連れて行ってくれることになり、沖に出ることに。

ボート


船に乗り、マングローブが広がる海へとすすみます。
マングローブ2


台風による倒木も見受けられました。
マングローブ

15分以上すすみ、視界が広がると、定置網が見受けられるようになりました。
美しい青空と海が広がります。
網漁4


台風後、定置網が再度設置されました。
網漁6


漁師さんの定置網に到着!しずかに船の先頭を網に近づけて、とまります。
網漁3


たくさんの魚やカニがひっかかっていることが分かりました。
網漁2


一緒に案内してくれた漁師の家族のお母さんが、一番大きな魚をつかみ、見せてくれました。
せっかくとれたので、一緒に行ったスタッフで魚を購入することにしました。
網漁1


被災地の人々は、徐々に収入を得られるようになりましたが、家がまだなかったり、家財道具がなかったり、十分な収入が得られるようになっておらず、まだまだ復興までの道のりは険しく長いことがわかりました。しかし、フィリピンの人々の持つ明るさと持ち前の力で少しずつ、通常の生活へと歩み始めていることも感じました。

フィリピンの台風被災者の方々のために、ご支援ご協力くださったみなさま、ありがとうございました。

報告:中島早苗

フィリピン台風緊急・復興支援 事業地訪問報告

2013年11月にフィリピンを襲った大型台風(ヨランダ)によって被害を受けた地域への、緊急・復興支援の状況を把握するために、プロジェクト地域を5月18日から1週間訪問しましたので、ご報告します!
***
 
フィリピン訪問初日は、マニラの気温は37度。とても暑い、とにかく暑い。
今は、フィリピンの学校は夏休み中で、1年の間でも最も暑い時期です。乾季なので、基本的には天候は晴れて安定していますが、突然雨が降り出す、という日もありました。
 
今回は、去年の大型台風の被災地域の訪問といことで、被害がひどかったビサヤ諸島の島々(パナイ島、セブ島、レイテ島)を訪問。まずは、マニラから飛行機で1時間10分の所に位置するパナイ島アクランに向いました。アクランから車で1時間以上いったところにあるカリボのコミュニティにて、小学校の校舎の修繕が完成した、ということで学校を訪れました。
 
◆パナイ島 小学校校舎 修繕・修復事業 
⇒3つの小学校にて、校舎が修繕され再建されました!!!
 
〇抉臉莖惺擦修裡院
まず、最初に訪れたのは「クバガオ小学校」
5月19~23日は、フィリピン全土で「Brigada Eskwela」週間で、これは夏休み中に生徒とその家族が学校の敷地内を清掃・草取りなどをするというボランティア社会奉仕活動をする週。支援先の訪問した小学校でも、たくさんの保護者と子どもたちが、校庭の草むしりをしたり、ゴミ拾いをしたりしていました。
Brigada Eskwela
学校の敷地内の草むしりやごみ拾いをする「Brigada Eskwela」に取組む地域の人々。

台風で屋根が飛んで壊れこのようになってしまった学校が・・・
Damaged Cbagao School

このように、修復され、きれいな校舎に生まれ変わりました↓↓↓
Cabugao Elementary school
小学校の校長先生(右)と現地NGO、学校の先生たちと。

教室内や屋根ははこのようにきれいに生まれ変わりました!
Cabugao school inside
この校舎は、家庭科やPTAの集まりに利用される予定です。

校舎と併せて、机も壊れたため、地域で採れるマホガニーの木で机も作り、設置しました。


△修裡押キナサヤン小学校
次に、車でさらに1時間ちかくいったところにあるキナサヤン小学校を訪問しました。
フリー・ザ・チルドレン・ジャパンはキナサヤン小学校の敷地にある幼児教育校舎(幼稚園)を修繕しました。
祝・完成!
キナサヤン小学校

教室の内装はまだ未完成でこれからですが、台風で吹き飛ばされた屋根や壁ができました。
Quinasayan kindergarten

学校の先生たち。6月2日の新学期の開校に修繕が間に合い、とても嬉しい、とのこと。
teachers in Quinasayan

学校の生徒と保護者のみなさんが歓迎してくれました。
キナサヤン小学校生徒


最後の小学校訪問!
「イピル小中学校」
ここは、幼稚園と7年生までが学べる学校となっています。
沿岸部にある学校のため、被害がとても大きく、学校の敷地内の校舎が殆ど壊れてしまいました。
そこで、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンは、3つの教室の修繕を行いました。

こちらは、ちょっと分かりにくいかもしれませんが、台風の影響で壁にひびが入り、屋根が飛んでしまい
使えなくなってしまった校舎です。このセメントに建設年が刻まれており、それによると、なんと
「1968年」となっていました。46年も前に建てられたということです。かなりの年代ものです。

Ipil destroyed school

上の校舎の取り壊しは今後行われる予定ですが、その脇にわたしたちの支援により、3つの校舎の修繕工事が行われていました。新学期の6月2日に向けて現在も工事中ですが、ほぼ出来上がっていたので新学期には間に合うようで、良かったです。
「歓迎!Welcome!」のサインと共に、ヘッドティーチャーが私たちの訪問を迎えてくれました。
ipil school 3classrooms


学校の校舎は新しくなったのですが、教室内の机やいすが酷い状況です。
しかし、先生に聞くと、学校に新たな机を購入するお金がないので新学期もこの机で生徒たちは学ぶと言います。
机の木が腐って大きな穴があいており、木がささくれだっていて、手に刺さりそうです。

desks in Ipil

そこで、フリー・ザ・チルドレンとしては追加で机やいす、棚の購入設置を支援する方向で、今、準備しています。

この学校でも、保護者や生徒が学校の清掃や草むしり奉仕活動「Brigada Eskwela」を行っていました。
Ipil school with mom

以上、フィリピン台風緊急・復興支援による、小学校修繕・修復事業のご報告でした。
多くの皆様のご協力、ご支援により、3つの学校の校舎を完成することができました、心より感謝申し上げます。
報告:中島早苗

<<back|<12345678>|next>>