子どもの権利のために立ち上がったノーベル平和賞受賞者

CraigwhthMalala 
今月11月20日は世界こどもの日(Universal Children's Day)です。1954年の国連総会で制定された国際デーの一つです。1959年に「児童権利宣言」が、1989年には「子どもの権利条約」が国連で採択された日なのです。つまり、今月20日の世界子どもの日で、子どもの権利条約は採択25周年を迎えました。

そのような節目の年にノーベル平和賞として選ばれたのは、世界の子どもたちの権利のために活動を続けているお二人。女性が教育を受ける権利を世界中に訴え活動しているパキスタン出身のマララ・ユスフザイさん(17歳)と、児童労働から子どもを助ける活動をしてきたインド出身のカイラシュ・サティアルティ氏(60歳)の受賞が決まりました。

ノーベル平和賞を選考する機関であるノーベル委員会は、ふたりの選考理由として、「権利を奪われ抑圧されている子どもや若者のために尽力し、全ての子どもの教育を受ける権利が守られるよう貢献した」ことをあげ、二人の活動を称えています。

お二人の受賞の知らせを聞き、私たちフリー・ザ・チルドレンも本当に嬉しく思っています。改めて心よりお祝い申し上げます。というのも、このお二人はフリー・ザ・チルドレンと深い関わりがある方たちだからです。
CraigsithKailash
クレイグとカイラシュさん

フリー・ザ・チルドレンの創設者であるクレイグが12歳の時、南アジア5か国を周る旅に出ましたが、その時にクレイグはインドでカイラシュさんに出会い、児童労働について多くを学んだのです。カイラシュさんは、カーペット工場では多くの子どもが賃金を受け取ることなく奴隷のように働かされている実態があることをクレイグに話しました。工場で働かされている子どもの親たちの殆どが、自分の子どもは職業訓練学校に通っていると信じて騙されていました。カイラシュさんは、過酷な工場労働から子どもを救出し、家族のもとに返すため、非常に危険な目に合う可能性があったにも関わらず、救出作戦を実施し、21人もの子どもを助け出しました。救出後、子どもを家庭に戻すときにクレイグも同行し、家族が我が子との再会に涙を流して喜ぶ様子を目の当たりにしました。クレイグはまた、カイラシュさんとともに、児童労働反対を訴えるウォークにも参加して声をあげました。


CraigwithKailash2

しかし、その後カイラシュさんはインド政府によって債務労働に反対する活動を主導したとして逮捕され投獄されてしまいます。このことを知ったクレイグは、彼を助けるためにカナダに戻ってからフリー・ザ・チルドレンの設立初期のメンバーと共にカイラシュさんを解放を求め、署名活動を行い3000筆もの署名を集めました。これをクレイグたちは靴箱に入れてテープで留めて、インドの首相宛にエアメールで送り、カイラシュさんの解放を訴えました。1年後、自由になったカイラシュさんはカナダを訪問し、クレイグたち子どもによる署名活動は、カイラシュさんの人生の中で一番の感動的で力強い訴えの一つだったと喜びを語りました。こうして、クレイグはカイラシュさんとの間に築いた友情を通じて、児童労働から子どもを解放するためにできることについて学ぶことができたのです。

Malala
何年も経ち、クレイグは若き活動家であるマララさんに出会いました。マララさんは全ての子ども、特に女の子が教育を受けられるようにするためパキスタンで活動していました。

パキスタンでは、読み書きができる大人の割合は男性が70%ですが、女性は46%しかありません。女性には教育は必要ない、と考えるイスラム過激派が、女の子が教育を受けることを反対し、学校を襲撃したりしているのです。そこで、マララさんはそういった実態をインターネットを通じて世界に訴えるなどしていました。しかし、バスでの下校途中にイスラム過激派タリバンによって銃撃され頭を撃たれて大怪我を負いました。その後奇跡的に回復して、2013年には国連で女児の教育の権利を訴えるために力強くスピーチをしました。「私たちにとっての武器は本とペンです。」と話しました。マララさんの声はどんどん賛同を得て、大きくなっています。マララさんは貧困や児童労働から子どもを解放するための解決策は、教育だと語ります。彼女が声をあげることを快く思わないイスラム過激派のグループは未だにいて、また襲われる可能性もありますが、彼女は声をあげることをやめない、全ての子どもたちが教育を受けられる世界になるまで、と決意を新たに活動を続けています。

2014年の春に、マララさんはフリー・ザ・チルドレンの支援地域であるケニアを訪問し数日間滞在し、ケニアの女の子に教育への情熱と力について話しました。また、中等学校建設のためにシャベルを手にクレイグと一緒にボランティアワークにも励みました。

また、設立したマララ基金を通じてケニアに新しい女子のための学校建設資金提供をしたいと考えるようになりました。そうすれば、教育を受けた女児が知識と力を得て、貧困から抜け出すことができるからです。

また、フリー・ザ・チルドレンのイギリスでのWe Dayというイベントにも参加して、12000人もの参加した若者に向ってスピーチをして一緒に世界を変えましょう、と呼び掛けました。


児童労働から子どもを解放する活動を続けているカイラシュさんと、女児の教育のために活動するマララさんとの絆を通じて、私たちフリー・ザ・チルドレンは、情熱を持っている問題に対して声をあげることの重要性を更に感じています。

改めて、お二人がノーベル平和賞を受賞されたことを心より祝福します!子どもとおとながともに手を取りより良い世界のために歩んでいくことに喜びを感じています。

ノーベル平和賞受賞者、カイラシュさんのインタビュー記事

ノーベル平和賞を受賞された児童労働と戦い続けているカイラシュさんの

インタビュー記事がアルジャジージャでありましたので紹介しておきます。

http://www.aljazeera.com/news/asia/2014/10/nobel-peace-prize-satyarthi-kailash-child-rights-2014101310111390788.html


Q&A: ノーベル賞受賞者の闘い 〜子どもたちを救うために〜


ノーベル平和賞受賞者、児童人権活動家カイラシュさんが彼の人生と活動の取り組み、もう一人の受賞者マララさんについて語って頂きました。


先週、児童労働撤廃活動などを行ってきた人権活動家のカイラシュ・サティーアーティーさんが、インド人として初のノーベル平和賞を受賞した。同賞は、青少年たちの教育を受ける権利を守る活動を続けてきた、パキスタン出身のマララ・ユサフザイさんも受賞しており、今回は2人の選出となっている。


しかし、インドではカイラシュさんの知名度は決して高いものではなく、ほとんどのインド人は、今回の彼の受賞報道を驚きとともに受け取ったようである。


取材などから距離をおいていたので、60歳の彼の経歴はあまり知られていないが、1980年に自身で設立したBBAやSave the Child Movementという団体で児童労働問題などにただひたすらに取り組み、違法な人身売買や児童労働で苦しんでいた82,000人以上の子どもたちがBBAの創設以来、救われてきたのである。


カイラシュさんは、何度も非難を受け、ついには、救済活動の最中、志を共にしていた2人の仲間が暴力団の手によって命を落とすこととなった。


アルジャジーラ衛星チャンネルのプリヤンカ・ギュプタさんとの対談


アルジャジーラ:ノーベル平和賞の受賞は大きな功績ですが、カイラシュさんは、児童労働に対する活動はまだ完遂されていないとお考えですか?


カイラシュさん: ノーベル平和賞は、違法な労働に苦しむ全ての子どもたちの問題が世界的に認識され、そして、その認知度を高め、世界中の政治活動家へ訴えかける力を持ちました。しかし、それはこの長年問題とされてきた児童労働が無くなるということではないのです。ですから、私の戦いはまだ終わったわけではないのです。


マララさんとお話しました。我々は、動乱や戦争、恐怖や暴力が及ぶ環境にさらされている子どもたちが一人もいなくなるよう強く願っています。子どもたちの平和な世界のためには、共に活動をしなければならない、と。我々は、新しい活動のために世界中の子どもたちと接していく必要があるでしょう。 “子どもたちに平和を。平和のために子どもたちに教育を”。


アルジャジーラ: では、受賞の賞金はどのようにされるおつもりですか?


カイラシュさん: このお金は1ペニーの単位まで、子どもたちの平和のためのものです。児童労働や児童買春、児童奴隷問題との闘いのために使うつもりです。


アルジャジーラ:世界の子どもたちの健やかな未来のために、マララさんと共に闘われるおつもりなのでしょうか?


カイラシュさん: そうしていきたいですね。共に活動ができたら、とても光栄なことだと思います。インドとパキスタンの問題がつながれることになるのですから。彼女とお話させていただいた時に、少女の教育問題などは、児童労働の問題に非常に密接に関係していると思いましたから。私は、33年間、質の高い教育を受けられるよう、活動、支援を行ってきました。読み書きができないことと児童労働は、1枚のコインのようなものです。違ったもののようにみえて、表と裏、同じ問題を有しているのです。教育の問題は、子どもたちにとって平和で安全な環境なしには達成できないことでしょう。


アルジャジーラ:どういったことがきっかけでこの活動を始められたのでしょうか?

カイラシュさん: 6歳の時、学校の前で同じ年頃の少年を見たのです。彼は靴直し屋をしていました。私は、「どうして彼は学校に通わないの?」と先生や校長先生に尋ねたところ、先生方は、彼は働かなければいけないし、別にそれは珍しいことではないのですよ、と答えました。ですが、その答えは私にとって説得力のあるものではなかったのです。どうしてみんなが学校に通えないのだろうと疑問に思ったのです。それが始まりでした。


私は全く0の状態から始めなければなりませんでした。無知と無関心との戦いです。我々は公にせず、密やかに救済活動を始めました。もちろん、それはとても難しいことでしたけれど。とても好意的な反応を示す人もいれば、時には暴力をもって対応されることもありました。私は二人の仲間を活動中に失っています。一人は撲殺、もう一人の仲間は射殺されました。我々はもう何度もリンチにあっています。マフィアや資源マフィア、その他我々の活動に反対派の人達とも闘います。それは決して容易な戦いではありません。私は、皆さんが我々の取り組む問題が深刻な問題であると認識して頂いたことに、とても嬉しく思っています。


アルジャジーラ:マララさんと一緒に受賞されたことについては、どのようにお考えですか?


カイラシュさん: とても嬉しく思っています。素敵な方ですね。彼女の娘に似ています。とても勇敢な方だと思います。


アルジャジーラ:児童労働法やその施行がなされるとき、インドにとって最も大きなチャレンジはなんだと思われますか?


カイラシュさん: 最も大きな挑戦は、考え方を変えていくことです。子どもが生まれながらに基本的人権を持っていることを理解しなければなりません。憲法上、法律上の権利が守られることによって初めて、実現されるのです。子どもたちには重要性と可視性、表現する力が与えられるべきだと思います。


アルジャジーラ:カイラシュさんは、ガンジーの活動家と知られていますが、ガンジーのどういった面を取り入れていらっしゃいますか?どの思想の取り込みに力を注がれましたか?

カイラシュさん: 私はごく普通のインドの市民、平凡なソーシャルワーカーです。私は出来るだけ自分の周りの雑音を避けるようにしています。もちろん、本質から変えたいと思っているし、トップレベルのものに取り組み続けていきたいです。子どもたちの問題を前進させるためには、社会と関わっていこうと思っています


アルジャジーラ:ノーベル平和賞受賞は、あなたの生活にどのような変化を与えましたか?


カイラシュさん: 1つだけありましたね。インド国内のみならず海外からの多くのマスコミ関連からの電話や取材の要望で、ちゃんと睡眠が取れなくなったことですね。


私があなたとお話しているときでさえ、売買され、拘束されている子どもたちがいる。売春を強要され、被害にあっている少女たちがいます。それは常に私の頭にあるのです。1パイサを得たときでさえも、この子どもたちをどのように助けられるだろうかと考えています。
私の唯一の望みは、私の生涯において、誰も虐待されず、誰も売買されないことです。


(翻訳:翻訳チーム 五十嵐かおり)


2014/07/12 (土) 地球愛祭り 販売ボランティア募集!!!

 
今年も、地球愛祭りに参加することが決定しました!

昨年に引き続き、フェアトレード商品の販売などを行います。

一緒に商品販売をお手伝いしていただける、販売ボランティア大募集!
途中参加、途中帰宅可能です!短時間でもOK!
お友達を誘って、ぜひご参加ください♪

【詳細】
日時:2014/07/12 @ 10:30~18:00
場所:代々木公園野外ステージ&イベント広場
   
東京都渋谷区神南2丁目 代々木公園B地区 
   JR原宿駅・副都心線/千代田線 明治神宮前駅 歩5分   
お申込み:https://ws.formzu.net/mfgen/S11261645/
     タイトルを「7/12販売ボランティア」とし、
     参加可能な時間を備考欄にご記入ください。

みなさまのご参加お待ちしています♪



<<back|<123456789>|next>>