#5 常識をぶち壊せ! 五大陸で教育革命 税所篤快さん

 

 

バングラデシュの高校生がパソコンを前に勉強している――こんな光景が想像できるだろうか。50年後の夢ではない。今、東京から5000km離れた地での現実だ。
それを可能にしたのは税所篤快さん、早稲田大学4年の大学生だ。大学を休学し、この’革命’を広めようと世界を駆け巡る彼に、お話を聞きました。
*活動は2012年3月当時の情報です

バングラデシュへ飛び出して
きっかけは失恋だった。「一人前の男になる」そう決意し、ひたすら本を読み漁った。その中でピンと来たのが『グラミン銀行を知っていますか』という一冊。グラミン銀行とは、貧困者を対象に少額のお金を無担保で貸すバングラデシュの銀行。融資を受けた女性たちは小規模事業を立ち上げて、少しずつ貧困から抜け出している。ノーベル平和賞も受賞した。
すぐに著者の秋田大学坪井ひろみ教授に電話をし、その晩の秋田行の夜行バスに飛び乗った。翌日丸一日かけて話を聞いた後、バングラデシュへ飛び立つまで2ヶ月もかからなかった。グラミン銀行とバングラデシュの農村を見学し、数ヶ月後には日本人初のインターンとなった。
 
農村で映像授業!?
「この国では4万人の教師が足りていない」「テクノロジーこそ貧困層を救う」…現地で話を聞き、現状を自分の目で見る中、思い出したのは自分の高校時代。偏差値28から1年間の勉強で早稲田大学現役合格を可能にしてくれた、映像授業だった。
バングラデシュの首都ダッカの人気予備校講師の授業を撮影してDVDにし、農村の高校生に映像授業を提供する――そんなアイディアを思いついた。
グラミン銀行総裁、ムハマド・ユヌス氏の昼食時を狙ってプランをプレゼンした。’Do it! Do it! Go ahead!’ 彼は背中を押してくれた。しかし現実は甘くはなく、様々な紆余曲折があった。それでもプロジェクトを思い立ってからわずか9ヶ月後、プランが実現する日が来た。2010年6月8日、バングラデシュのハムチャー村、30人の高校生が見つめるパソコン画面にバングラデシュ随一と言われる英語教師ザハン先生が現れた。それから半年間の映像授業と現地大学生のサポートで、第一年目には約3分の2の生徒が大学への合格を決めた。


総会&活動報告会を実施しました!

 

2017年度フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの第13期通常総会が3月の12日(日曜日)に開催いたしました。

総勢約40名に参加いただきました。


総会では2016年度の事業報告、そして2017年度の事業計画をご説明させていただきました。


テイクアクション・カナダ&ジャパンやフィリピンスタディツアーでの体験を発表、個人で活動したメンバーの報告もありました。

その他にも、全国で活動しているグループのメンバーからの活動報告、遠方のメンバーはスカイプや動画で発表を行いました。

 

 

 子供代表委員の発表

 

   

*↑メンバーの活動報告*

 

総会終了後、参加者やメンバーで交流会を実施しました。

年間通しての活動を語り、新年度の抱負を確認し合った、親睦が深まる楽しい時間を設ける事が出来ました。

 

総会終了後の交流会

*↑総会終了後の交流会

 

年に一度行われる総会は昨年度の締めくくりだけではなく、新たなスタート時点となります。

 

FTCJ子どもメンバーの中学生たちは高校生となり、高校生だったメンバー達は大学や専門学校に進学し、社会人となる人もいます。

 

ごく普通の中高生ならだれでも抱えている受験や勉強、人間関係の悩みを抱きながらも、世界の子どもたちへと馳せる思いを形にして、行動を起こしFTCJの理念を実現させて来たメンバー達にまた、そのメンバー達を表影で支えている関係者の皆様に心から感謝申し上げます。

 

今年も目標を高め新たな感動と冒険を見つけ、前進していくことを皆さんを心待ちにしています。

 

児童労働反対レッドカードでポーズ

*↑参加者のみんなで児童労働反対のレッドカードでポーズ*

 

 

 


What is the international woman`s day? 国際女性デ―とは?

JUGEMテーマ:国際社会

            What is the international woman`s day?

                      国際女性デ―とは?

 

      190438日、ニューヨークで女性労働者が労働環境の改善や参政権を求めてデモを行い、1917年のこの日にはロシアでも女性労働者を中心としたデモが起こりました。これらを受けて1975年に定められたのが、この国際記念日です。このように、世界の女性たちは自分たちの権利を守るため、声を上げてきたという歴史があります。日本ではこの日は一般にあまり知られていないが、多くの国では祝っている歴史的な日となっています。

 

 

  私の母国モンゴルや隣国のロシアでは国際女性デーは政治的な行事が行われるというよりは、女性の祭日という意味を持つようになりました。この日、男性は女性に春の花束やプレゼントをあげるという習慣があるが、女性がお互いにプレゼントをあげることも多いです。日本の母の日の感覚に近いといった方が分かりやすいと思います。

 本来の意味が失われているこの日、当時は不可能であろうと言われていた社会的風習を突き破り、女性自身が立ち上がり、世界に向かって自分の権利を求め、訴えかけ、そして世界に認めてもらった勇気ある行動の日なんです。

   今の私たちには当たり前となったいわゆる社会参加を可能してくれました。その意義ある権利を大切にする日です。日本ではこれからの女性の社会参加が大いに期待されている今だからこそ改めて女性の権利とは何か、男女平等の社会とは何かを考え、学ぶ事が重要になって来ました。

  女性の権利と聞いて大人だけの問題と決めつけていませんか。未来のレディーとなる女子たち、いずれではなく今から自分自身の社会参加、権利について考えて見ましょう。

  人の能力や可能性を性別だけで決めつけてしまう事は今でも少なくありません。女性の権利はなぜ求められたのか、なぜ今でも大切なのかまた、そのためにあなたが何を出来る事はなんなのかを考えて見ましょう。

女性の権利を守るのは女性だけだと思っていませんか。男性が出来る事の方が多いかも知れません?女性の権利が奪われている出来事を世界規模で調べて見ましょう。一機に視野が広がるはずです。

 今日を新たの学びの日とし、今後の行動につながる動機を見つけ出しましょう。今日は何の日コーナーの教材を使ってシアしてみて下さい。

以下のリンクから無料の教材ゲットできますよ↓

 

http://www.ftcj.com/get-educated/files/0809_世界の先住民の国際デー_フリー・ザ・チルドレン・ジャパン.pdf

 


<<back|<123456789>|next>>