フィリピン、台風その後-緊急支援活動報告-

フリー・ザ・チルドレンが実施しているフィリピン台風被害への緊急支援事業に関するレポートです。緊急支援事業のパートナーの一つ「プレダ基金」の代表シェイ・カレン神父からの支援事業のコラムやスタッフによるレポートからお届けします。

***


昨年11月にフィリピンを襲った超大型台風30号‘ヨランダ’の甚大な被害は3ヶ月経った今もまだ癒えておらず、数十万の人々が、家もない悲惨な状況下で毎日を過ごしています。

私たちは、被害の大きかったタクロバン市や周辺の町の状況を把握するため現地に入り、自治体の職員と情報交換をするなどして、支援活動に取り組んでいます。

すると、家を失ったたくさんの人々は市内に集まり、避難民用のテントに仮住まいしていますが、テントが不十分で行き渡らないため掘っ立て小屋を建て、仕事もなく、満足な支援も受けられないまま暮らしている人々が多くいることがわかりました。


Tacloban disaster area
タクロバン市のようす。台風により壊滅的な被害を受けた。

Tacloban disaster area2
大型船が陸に乗り上げがれきとともに横たわっています。

Tacloban tent
テントが立てられその中で避難している人々もいますが、ここに入れない人々は
各々、自分たちで廃材を拾ってきて簡素な小屋を建ててその中で暮らさざるを得ません。


最近は、この台風被害に対するニュースが徐々に減ってきてメディアの関心は弱まりつつありますが、被災地や避難先の地域では人身売買や児童買春、児童労働といった人権侵害問題や被災後の心のケアが心配されています。

事実、プレダ基金では今回の台風被害の影響で人身売買の被害にあった未成年者がいることがわかり、自治体や他のNGOと連携して子どもの保護にあたりました。


プレダ基金は、子どもが人身売買や児童労働にさらされる危険性が起きている状況を、緊急に対応すべき問題と捉えています。そこで現在、人権チームやセラピーグループを専門スタッフで結成し、被災地域の自治体や、学校、パートナー団体と連携して、被災者の人権意識の向上や心のケアに関する様々の啓発活動を継続して行い、地域の復興につながるよう支援しています。

Leyte seminar

被災地域の子どもや若者へのセミナーを実施するカレン神父


puppet workshop

被災した子ども対象のセミナー。人身売買や虐待、搾取から身を守るには
どうしたらよいか、人形劇を通じて説明しています。


workshop for kids PREDA

被災した子どもを対象にゲームを通じて子どもの権利や健康について伝えました。


これらの活動は、被災地の状況とニーズにあわせてプログラムし、各種セミナーだけでなく、子どもにも分かり易い人形劇というかたちで子ども自身に人権問題を意識させています。また、人身売買の被害者を保護するためにどのように連携すべきか、どう気を付けたらよいかといったことも伝えています。

 
PREDA provision in pasay
その他、被災地で家を失った人々が避難している地域で生活物資や食料品の
配給を行いました。

 

(翻訳チーム:山下正隆 文責:浅田紀子)

 

 


フィリピンの台風で被害にあった少女の話

 FTCJの支援先であるプレダ基金のシェイ神父のコラムの紹介です。

The original article)



レイテ島タクロバン。私がここに来たのは、人身売買に立ち向かうためのセミナーの準備と、台風ハイエン(ヨランダ)によって被害にあった人々、肉親をなくした人々が住みやすい避難キャンプにしていくためのグループ療法を開くためでした。子どもたちには人形劇をやり、虐待から守るための方法を教えました。しかし、まず、助け出された孤児たちのもとへ向かいました。その中の
1人の子の話です。

 

わたしたちがエリカと出会ったのは、住んでいた家から300メートル離れた白いキャンバス地のテントの中で、おじさんとおばさんと一緒でした。彼女は悲しい経験をしたにもかかわらず、進んで話をしてくれました。

 

海岸まで500メートルでした。117日の夜、彼女と両親、2人の兄弟と両親の部屋で一緒に寝ていました。雨が激しく打ち、風も強くなり、一時間ほどして、目が覚めました。

「強い嵐になりそうだから、みんな体をよせあおう」とお父さんが言いました

2時。風が唸って吹き荒れ、ココナッツの実が落ちて村中の金属シートの屋根にあたって砕ける音が響き渡りました。家族5人は抱き合いました。それが最後の抱擁になりました。

118日朝5時に、はるか230キロメートルから吹いてきた風によってできた69メートルの高さのものすごい波が、海から村に向かって押し寄せてきました。

突然大波がエリカたちを襲ってきました。窓を突き破り、ドアを壊し、家の中水いっぱいになりました。助けてと叫び、水の上へと泳ぎました。お父さんは屋根の上にあがれと叫びましたが、すでに遅く、水はすべてを飲み込み、逃げることはできませんでした。

そして、屋根がもぎ取られ、暗い空に飲み込まれて行きました。泳ごうと、浮かぼうとしました。そのとき、木が流れてきて残っていた壁に引っ掛かりました。

「枝につかまれ」嵐の轟音の中、父さんは叫びました。両親と兄弟は枝をつかみましたが、エリカは届きませんでした。屋根の裏板にしがみつきました。水は首まできていました。みんな離れ離れになるのがわかるとお母さんは叫びました「エリカ、愛している。あなたを思っているわ。生きて。生きるのよ」

押し寄せる波に流され、暗闇の中に消えて行きました。それがエリカが見た家族の最後の姿でした。エリカも流されココナッツの木にぶつかり、しっかりとしがみつきました。

何時間もたち、波が弱くなり、水が引いてきました。「神様助けて、家族を助けて、お願い。死にたくない」水が完全に引くまで木にしがみついていました。両親と2人の兄弟はいなくなりました。

2か月たってもエリカはまだ悪夢をみます。「よく眠れません。いやな夢を見るの。おぼれ死ぬ夢。家族にあいたい」涙が眼からこぼれ落ちて、口を閉ざしました。

 

そして、以前エリカたちが住んでいた小さな家のあった場所へ歩いて行きました。瓦礫の山で、ブロック塀が半分だけ残っていました。壊れた鏡、ヘアーブラシ、ぼろぼろになった写真がありました。お父さんが乗っていた小さな白いトラックは、正面のガラスと屋根が倒れた木で壊れていました。辺り一帯すべて壊滅していました。家一軒残っていません。

波が去った後、遺体は散らばり、瓦礫の下敷きになっているものもあり、見つけて、埋葬するのに1週間かかりました。200人以上が亡くなり、見つかっていない人がまだたくさんいます。遺体は見つからないでしょう。水が引くときに一緒にさらっていったのでしょう。荒れ果てたこの土地を見回すと、倒れた木があちらこちらにあり、残っているココナッツの木は、回りをすべてはぎ取られ、湿った灰色の空に、細々と立っていました。

今はエリカの住む家になっているテントに戻ると彼女は言いました、「生きていること、肉親がいることに感謝しています。」

「父さん、母さん、兄弟に会いたい。どこにいるかわからないけど、どこにいようとも、みんなのために祈ります。神様がすべてご存じでしょう」

将来の事を聞くと、「勉強して先生になりたいです。話を聞いてくれてありがとう」最初に会った時より、いくらか明るくなったように見えました。

(翻訳チーム:
天海一菜 文責:浅田紀子)

 


TOTO株式会社から緊急支援にご寄付を頂きました。

 TOTO株式会社から緊急支援にご寄付を頂きました。


2013年11月8日にフィリピンの中部に上陸した台風30号(フィリピン名:ヨランダ、アジア名:ハイエン)によって甚大な被害が引き起こされ、その被害状況は未だに全体がつかめておらず日に日に死傷者数、行方不明者数が増えています。

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、被災した人々への緊急支援を実施することにしました。また、被災地が広範囲に渡り、未曽有の被害を生み出していることから、短期的な支援だけでなく、復興を視野に入れて、長期的な自立支援に取組むことを計画しています。

そんな中、2013年度フィリピンの先住民族コミュニティへの水支援(井戸の設置や汲みあげ指揮水ポンプの設置など)事業に対して助成くださったTOTO株式会社から、今回の台風被災者への支援事業のために5,766,862円の募金を頂きました。

こちらの募金はTOTOグループの社員の皆様から283万円、さらに、マッチングギフトの取組みとして、社員の皆様からの募金額と同等額を会社から拠出いただき、上記金額を頂いたものです。

フィリピンの人々の支援のために、たくさんの募金を集めてくださり心より感謝申し上げます。

頂きました寄付金は、セブ島北部、レイテ島タクロバン、サマール島東サマール地域で被災した人々への食糧、生活用品、学用品の配給や、子どもの心のケア、小規模農家へのセミナーや支援、学校建設・修復事業に、使わせて頂きます。

 

 


<<back|<2345678>|next>>