インドの貧困の影で、利用される子どもたち

 インドは、近年著しい経済成長がみられるにも関わらず、深刻な人口過剰、
環境悪化、貧困、民族・宗教間の紛争など様々な問題を抱えています。

インドをひとことで言うと「世界で最も貧富差のある経済大国」。

全人口12億人のうち約4億人が1日2ドル以下の生活水準と言われています。
しかし、世界長者番付トップ10に常時2名以上おり、英語が話せる人口が世界
で最も多く、平均年齢26才という若い労働力を用いて、世界的なIT技術者を
多数輩出しています。その一方で、3人に2人が農業に関わっています。
インドの人口は世界で中国についで2番目に多く、
世界でもっとも大きい民主主義国家です。

フリー・ザ・チルドレン(FTC)は1998 年からインドで活動を開始し、なかでも、
長年インド政府から忘れ去られていた北インドの農村部に焦点をあて、
支援をしています。今回は、その農村支援開発に30年以上携わっている
現地NGOでFTCJのパートナー団体から貧困層をターゲットにした人身売買や、
物乞いをするために行われている子どもの貸し借りについての情報が届きましたので、
ご紹介します。

***
(翻訳協力:翻訳チーム 金田豊正)

◆事例1)
その家族はインドの田舎の小さなあばら屋に住んでいました。
お父さんは日雇い労働者で、さらにお母さんも身を粉にして働いていましたが、
暮らしはとても貧乏で、5人の家族を養うのにぎりぎりの生活でした。

ある日、四歳の娘のマリーナ・ハトゥンは家で遊んでいる時に、お母さんが
煮詰めていたサトウキビの絞り汁の入った釜戸につまづいて倒れ込んで
しまいました。お母さんは泣き叫んで周囲に助けを呼び、娘を救い上げると
マリーナは既に気絶していました。近所の人たちが駆けつけ、マリーナは
近くの診療所に運ばれました。彼女の上半身は大やけどを負い、また、
顔の一部もやけどを負っていました。しかし、貧しい家庭のマリーナは満足
な治療を受けることはできませんでした。やけどのせいで彼女の両腕は体
にくっついてしまい、顔にはひどい痕が残ってしまいました。

そんな不運な彼女のことを、人を喰いものにする詐欺師たちが目を付けました。
詐欺師たちは宗教の名を借りて、聖なるハッジの巡礼(イスラム教のメッカ
への巡礼)の時の聖なる水はマリーナに神の治癒を授けるであろうと説明し、
無学な母親を信じ込ませました。お母さんは娘がサウジアラビアに無事着く
ように娘の頭に愛情をこめてキスをしました。

しかし、マリーナは物乞いの器を持たされて路上で座らされ、体の不自由な
子どもを見た巡礼者たちから同情を買い寛大な施しを受けるための道具に
させられていたのです。聖なるハッジの巡礼の時期が終わっても、マリーナは
家に戻りませんでした。母親は娘が治癒するためにはもう少し時間がかかると
詐欺師たちから言われ、信じるしかありませんでした。詐欺師らにとって施しで
得られるお金は大変魅惑的なものだったので、少しでも長くマリーナを置いて
おきたかったのです。

メッカでは聖なるハッジの巡礼の期間には、たくさんの男の子や女の子が
マリーナのように物乞い用の器を持って道端に座っています。FTCJのパートナー
団体である現地NGOは、今までこのハッジの巡礼期間の物乞いのために
人身売買の被害にあったインドの子どもたち400人以上をサウジアラビア
から救出してきました。

***

◆事例2)
36歳のサマナ・スルタナはコルカタのパークサーカスの路上生活者です。
彼女の生まれ故郷はコルカタから約70キロメートル離れたハスナバードです。
故郷の村では仕事に就けないため、サマナと6人の同年齢の女性たちは都会の
コルカタに職を探しに来ました。

しかし、彼女らは仕事を見つけることができなかったので、路上での物乞いを
始めたものの、体に支障の無い健康な彼女らが物乞いをやっても、満足な施しを
得ることができませんでした。

そこで、彼女らは子どもたちを雇い、路上での物乞いをかれらにさせ始めました。

***


より多くの施しを受けるために、物乞いをするお母さん同士で、赤ちゃんを貸し借り
しているケースもよく見られます。子どもを抱いて物乞いをしたほうが、より、多くの
同情を受け、多くのお金をもらうことができるからです。

生きていくための知恵とも言えますが、そのために、子どもが犠牲になったり
利用されたりする場合も多いのが現状です。


Indian streetchildren
インドの路上で物乞いをするストリートチルドレンの少女たち


新しい健康センター

 


カナダのブログの紹介記事です^^

The original article)

インドのフリー・ザ・チルドレンの地域社会では、「学ぶ」ということは、子どもたちが小学校に入る前からすでに始まっています。それは地元のアンガンワディと呼ばれる健康センターにおける幼児教育、健康増進、保育、などを通して行われます。

 

ベルナに新しく建設されたアンガンワディのオープニングの式典には、多くの子どもたちや親、先生、そして地域の高齢者の方々が訪れました。テープカットの後、地域のリーダーである年長者が、これまで見てきたなかでもっとも素敵なアンガンワディだとおっしゃっていました。ベルナでは、インドのウダイプル地区の他の地域と同様に、アンガンワディの建物は老化したまま放置されていたため、地域の人々による使用頻度はあまり高くありませんでした。

 

フリー・ザ・チルドレンは、アンガンワディをつい最近建て替えをし終えたところですが、今もなお、必需品の提供、1ヶ月に一度健康相談をするための看護師と専任保育士の雇用などにより本プロジェクトを推進するよう、政府に求めています。予防接種、妊娠中や出産直後の母親たちのためのカウンセリング、6歳までの子どもたちの保育・給食などのサービスを受けられるアンガンワディの利用者は、日に日に増えています。

 

新設のアンガンワディは、ベルナにおける日常生活に大きな影響を当てることになるでしょう。健康や生活水準の向上はもちろんのこと、仕事で忙しい親が子どもたちを安心して預けられる場所となるため、家庭の経済状況までもを改善することになりうるからです。幼い子どもたちの面倒を見てもらえることで、兄や姉は、弟や妹の世話をする責任から解放され、学校に通うことができるようにもなります。

 

フリー・ザ・チルドレンはまた、適切な教育プログラムを作成するため、地元の看護師を雇い、地域の家々に訪問させてそれぞれの健康状況、既存の医療知識、一般的に起こりやすい病気などを調査してもらっています。この家庭訪問は同時に、女性をアンガンワディへ誘ったり、育児教育・健康・衛星管理などへの意識を高めたりするためのキャンペーンともなっています。

 

今後行われる予定のプロジェクトはいくつもあります。その一例として子どもたちの給食の食料源となるキッチンガーデンのプロジェクトがあります。今までは、保育士が自宅で給食を準備し、アンガンワディにそれを運送していました。しかし雨季になると、道路が浸水し、ただでさえ複雑な運送がより困難になり、問題点もあったのです。今回企画されたキッチンガーデンと、アンガンワディ内に新設されている台所は、現場で穀物を栽培・収穫し、さらに調理することを実現します。

 

フリー・ザ・チルドレンは、これらの発展をとても嬉しく思っており、地域社会が自力でアンガンワディを運営できる日を楽しみにしています。私たちは、ベルナが近いうちに、貧困・病気・飢餓から抜け出すために必要な知識と道具と資源を手に入れることを願っています。


(翻訳チーム:沼田侑己)


支援するインドの村を訪問! 

こんにちは、FTCJの中島早苗です。

先月(2012年2月11日〜18日)、フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ)が
支援する​インドのラジャスタン州のウダイプール周辺のコミュニティの
調査訪問に行ってきました。
 
FTCは、現在9つのコミュニティ(村)を支援しています。
特にFTCJが支援をしてきたのはUdawadコミュニティです​が、
こちらはたくさんのご支援を受けて昨年の2011年4月に学校が完成し、
新しい学校がオープンしましたが、​その後は順調に生徒数を増やし、
私が先月訪問した時もたくさんの​子どもが楽しそうに勉強していました。
 
この村は人口およそ1000人弱で、初等教育(小学校)に通うべ​き
子どもの数は130人ほどいるのですが、FTCが支援する前は​小学校が
あったことにはあったのですが、学校の施設が非常に古く​、汚く、
暗かったうえに、机などの備品もそろっていませんでした​。
なので、20〜30人ぐらいのこどもがちょろちょろ学校に来ている感じで​、
しっかりとした授業も行われていなかったのです。

でも、FTC​がコミュニティと協力して学校建設を行い、トイレや手洗い場の
設置も行い、​教材の支援なども行うなどし、今は登録者数が90人前後
になり、​実際に70人以上が毎日学校で勉強を学ぶようになりました。
特に​、成果としてあげられるのが、女の子の出席率が高い!といことで​す。

FTCが支援するラジャスタン州は、総じて女性の権利が守ら​れて
いない傾向にあり、女の子は学校に通わなくてよい、と考えら​えているのです。
そういったなかで、女子の出席率が男子と比べて​同じかそれ以上、
という状態なのは、驚くべき成功事例といえます​。
 
学校にたくさんの子どもの姿がみれて、じんわり感動したのでした​。

学校の様子

井戸の水くみ楽しそう
学校わきにある井戸で嬉しそうに手洗い!

女の子は元気!
ベルナ村に、新しいメディカルセンターができました!


そういった教育面での改善がみられる一方で、課題があるのも現状です。
FTCではインドのラジャスタン州のウダイプール周辺に位​置する9つの
コミュニティ(村)の地域の共通した​課題は、なんといっても水不足です。
 
雨水を利用したり貯水することなく、ひたすら地下水をくみ上げて​生活水などに
使い続けているため、徐々に地下水が枯渇し、井戸の​水も少なくなってき
てしまっています。特に、夏の3月〜5月は日​中は45度以上にもなるのに、
雨がほとんど降らないため、水が冷​えあがり、埃っぽく砂漠のように
乾燥してきます。私自身も、事実​、干からびそうでした・・・。
 そうなると、草木も育たず、家畜もやせ衰え、人々も病にかかりや​すくなります。
 
こうして、このUdawad村周辺は乳幼児死亡率が12%と高く​なっています。
 また、水不足は、衛生的な環境を作ることも難しいため、下痢を引​き起こし、
下痢で命を落としてしまう子どももいるので、こうした​衛生面に対しても
FTCは支援活動を行っていますが、まだまだ追​いついていません。
 
しかし、3年前から、水源確保と管理事業を行おう!といことで、
​新しい事業がスタートしました。この水へのアクセスを助ける事業​に、
今後、日本もかかわっていこうと、FTCインドと計画しています。

 
さて、Udawad以外のコミュニティを訪問したのですが、ほか​の地域も
やはり女性の地位が低く、学校に一度も行ったことがない​女の子がたくさんいました。
 
朝から水汲み、まき運びなどの家事をして、その後、
お母さんとと​もに家計のため市場でマンゴーを売る仕事をしている、と、
14歳​のお姉さんのことを話してくれた少女たち。

家事をする少女たち
 
「学校には、一度も行ったことがない」 とのこと。
 
私は、インドなど途上国で、学校に行っていないため「自分の名前​を書けない」という
子どもたちによく出会いますが、その衝撃が以​前に比べてどんどん薄れ、
会うたびに「またここにも」という気持​ちになって、その状況に慣れて麻痺している
自分がいます。慣れは怖い。

自分の名前が書けなかったり、文字が読めないってどういう状況だろうか・・・
と思いを巡らしながら、終わりにします。


<<back|<45678910>|next>>