公立学校先着30校限定!無料出張講演キャンペーン実施中!!


参加型のワークショップで、行動力に変化を起こす!
~社会問題解決のため、一歩を踏み出す力を育むワークショップ~

  《公立学校先着30校限定!》
    無料出張講演キャンペーン実施中!!


FTCJでは今年度(2012年度)に限り、公立学校限定で無料出張講演キャンペーンを行っています!
※原則、都内優先。都内以外の公立校には、交通費補助を頂ければ伺います。

出張講演では、貧困などが原因で権利を侵害されている世界中の子どもたちの現状をより身近に感じ、
生徒の皆さんが自分にできることを考え行動するきっかけの場を提供します。

児童労働や貧困問題に関する体験型のワークショップや、インスピレーションとモチベーションに溢れるスピーチを通して、
国際問題を身近に感じ、「自分は無力だ」という考えを捨て、
「子どもでもできる、子どもだからこそできる」という自分の可能性に気づくことのできるプログラムが揃っています。

講演はトレーニングを受けたスタッフや、ユースメンバーが、プレゼンテーションやワークショップを行います。

後援:世田谷区文化・国際課
助成:日本郵便平成24年度年賀寄附金助成事業


P1040885.JPG

《概要》
無料期間:2013年3月末まで
対象:原則、都内の公立小学校、中学校、高校(少人数から全学年と幅広く対応可能)
内容:具体的なご希望を出して頂いたうえで、調整させて頂きます
   例)「児童労働問題について」「国際理解」「世界の子どもたちの現状」 など
時間・人数:特に制限なし(但し、ワークショップによっては人数制限を設けさせて頂く場合があります)
講演費:無料

※私立学校の場合は有料で出張講演に伺うことが可能です。
※都内以外の公立校には、交通費補助を頂けましたら伺えます。

《FTCJ出張講演の特徴》
◆国際問題を身近に
 世界の問題と日本にいる私達との関係性を、実際に現地に行った講演者によるプレゼン
 テーションや体感型のワークショップで学び、国際問題を身近に感じられます

◆自分の可能性を知る
 子どもたちが世界を動かした事例や、講演者によるスピーチを通じて、子どもたちは
 「自分は無力だ」という考えを捨て、「子どもでもできる、子どもだからこそできる」と考え、自分の可能性に気づきます

◆アクションへつなぐ
 問題への様々なアプローチ方法を紹介し、今すぐできることを生徒さん自身が考えられる
 ように情報提供します

◆授業終了後も活動をサポート
 講演会終了後も子どもたちのアクションのサポートをします





《参加した生徒のみなさんからの感想》
子どもが働かされているなんてかわいそうでした。何か自分もできないかなと思った。
カードゲームでその国の子どもたちの体験を再現できた。(小6)

忙しくて、学校に行けない、子どもたち。
なぜ、好きなことができず、自由な子たちがいないのか不思議です。
FTCJの話を聞いて、一つの行動を頑張れば、変えられることが分かりました。 (中1)

改めて、自分が本当に恵まれた環境に置かれていると分かった。
同世代の私たちにしかできないこと、私だからできることを見つけて行動を起こせたらと思います。(高3)

参加した多くの生徒のみなさんからたくさんの好評を頂いています!


20120522_2653378.jpg


また当団体は、「UNICORN」「English Now!」などの高校の英語教科書や公民、家庭科などの教科書にも紹介されており、
これまでにも、英語や総合的な学習の時間などに活用いただいております。
詳細な情報は下記のURLにも記載されておりますので、ぜひご覧ください。
http://www.ftcj.com/youcan/know_speakers.html


《出張講演申し込み方法》
下記のURLにアクセスし、出張講演依頼フォームより申込おねがいします。
http://www.ftcj.com/youcan/know_speakers.html#moushikomi


《申し込み・お問い合わせ先》
特定非営利活動法人 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
http://www.ftcj.com/

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-6-5 3F
TEL&FAX 03-6321-8948
mail:jimukyoku@ftcj.com

ご不明な点や、わからないことがあれば上記の電話番号又はメールにてご連絡ください。

たくさんの学校からのご応募を、お待ちしております!


厚生労働省へ署名提出

こんにちは
9月22日(木)に厚生労働省の小宮山大臣に、児童労働反対世界キャンペーンの「世界から児童労働をなくそう!署名」の取り組みによって集まった署名204890筆の提出へ行いましたので、その報告をさせて頂きます。

今回子ども代表委員から6名が参加し、計13名での訪問となりました。
はじめに児童労働ネットワーク代表の堀内さんが署名の主旨の説明をされました。その後子ども代表委員からFTCJの説明と意見交換をしました。お忙しい中での訪問にも関わらず真意に意見を聞いてくださいました。
小宮山大臣は子どもの問題に熱心に取り組まれ、今回の訪問でも児童労働撤廃に関して積極的な姿勢が伺えて非常に心強く感じました。

小宮山大臣、CLネットの皆様、お忙しい中ありがとうございました!
また、皆様署名のご協力誠にありがとうございました!

出張講演を行いました!ー町田市真光寺中学校にて

 

こんにちわ


インターンのCHINATSUです。


先日7月2日に、町田市にある真光寺中学校に出張講演に行ってきました。


私たちは中学校3年生を対象にワークショップを行いました。


まずはFTCJ紹介から



 


そして児童労働ゲームを行いました。



           


何度も労働を繰り返して自立のゴールにたどり着く人もいれば、

たった3枚のカードで死というゴールにたどり着いてしまう人もいました。



終わった後にはフィードバック。




         


労働をしている人生の中でなにが嬉しかったか、辛かったか、もしその状況だったら何をしたいかなどみんなの意見を集め、一枚の紙にまとめました。

一人ひとり意見が違って、様々な視点から「児童労働」をとらえることができたと思います。


そのほかにも、3種類のゲームをしました。





それぞれゲームの後にはディスカッションをするのですが、みんな活発に自分の意見を言っていて有意義なディスカッションをすることができたと思います。


そして最後には

「自分の好きなことでどういった変化を起こせるか?」

ということを考えてもらいました。

みんな真剣です。

タイムリーなものだと、

「寝ること+電力問題=節電」


という意見も出ました。


どんなにことでも、きっと変化を起こす力はあるはず。

様々な視点を持てるか否かで変化を見逃してしまっているのかもしれないですね。




真光寺中学校のみなさん、ありがとうございました!










<<back|<56789101112>|next>>